中古車を購入して発見した傷やへこみ:サムネイル

中古車ですから、ほどほどのものとは思ってもやはり綺麗なものがあれば欲しいもの。

当然多くの選択肢から選ぶわけですから、ボディーに傷が少ない車や傷はあっても安い車を選んで買うと思います。

このようなときに、綺麗な車を買ったあとに納車されてから大きな傷やへこみに気が付いてしまったときに、車を返品したりなにかしらの損害賠償を求めることは出来るのでしょうか?

傷を隠した隠さない、または気が付かなかったかどうかという点が重要で、後になって傷がついていたことで損害賠償できるのかという点を見ていきます。

中古車購入後に見つけた傷の損害賠償請求

残念ですが、後から傷やへこみを発見した場合において損害賠償の請求は難しいものとなります。

実は損害賠償の請求をするときには、明確に証明するか大きな瑕疵がないといけません。

先に大きな瑕疵について説明するとしたら、その損害によって車としての価値が著しく損なわれるものということで、例えば走行できないようなものであったり、数千万円するような車で傷が付くことで相当に価値が減額することです。

特に後者については、どこで損傷したのかというところも証明する必要があるかもしれません。

また、そうでなくても納車するときに傷が付いたということならこれを証明しなければいけないため、損害賠償の請求が非常に難しいということが分かっていただけるでしょうか。

損害賠償が出来る場合

基本的に絶対出来ないわけではありませんが、ここまで損害賠償は難しいということを説明してきました。

ただし、業者がその欠陥を無かったものとして販売している場合には、損害賠償の請求をすることが出来るでしょう。

例えば、傷は全く無いということで売ったときに傷があればこれは損害賠償の対象となるでしょう。

基本的には先ほど申し上げたように、瑕疵の程度と証明ということがネックになってきます。

つまり、業者に過失があることを証明できなければ損害賠償が難しいということになりますが、それがクリアできるならば当然に損害賠償はできる可能性が高くなります。

車を購入するときには当然の注意義務として契約書と車体の状態は確認しなければならず、それを欠くことは損害賠償できる可能性を小さくしてしまいますので、車を購入する場合にはこれらを注意深く確認してくださいね。

中古車は妥協せざるを得ない

ここまで説明してきたように、価値が著しく落ちるような傷やへこみは例外としても、軽微の傷などについては残念ながら損害賠償を請求しても通らないケースが多いです。

ならば、契約に軽微な傷も許さないようなものを盛り込めばよいかといえば、基本的に中古車販売店はその契約では売ってくれないでしょう。

基本的に契約書は用意したほうに有利に書いてある場合が多く、こちらが用意しても受け付けないというのは世の中の流れですね。

そのため、中古車を買うというのは傷やへこみなどの小さな欠陥などについては多少妥協せざるを得ません。

もちろん、中古のフェラーリなどはこの限りではないのかもしれませんが、一般の中古車においては多少のことは気にしないというぐらいの気持ちで買ったほうが良いでしょう。

完璧を求めるなら新古車を購入すべき

少しの傷も気になってしょうがないという方はかなり高く付きますが、新車で買うことをオススメします。

なお、ほとんど新車なのに新車という扱いが出来ない「新古車」という車があります。

これは多くの場合、販売店が販売台数を水増ししたいという意図で買った車で結局新車で売れなかったので車検付きで販売するものです。

少しばかり走行距離は走っている場合もありますが、ほとんど新車の車を新車よりも安い値段で買うことが出来ますから、もし興味がある方は続きを確認してください。

⇒新古車の検索サービスはこちら