ハザードランプは「お礼・お詫び」に使うのは間違い?:サムネイル

車を運転する方ならハザードランプを使ったことが無いという方はいないはずです。

停車するときや、後退するときに使うという方もいらっしゃいますよね?

でも本当の使い方について知っている方は少ないのではないでしょうか。

こちらでは、ハザードランプの使い方について、正式な使い方から慣習となっているものまでみていきたいと思います。

ハザードランプの役割は危険告知

ハザードランプはその名前の通りで危険を知らせるためのツールとなっています。

ハザードとは

ハザードとは、単純に「危険」を指すことから、潜在的な危険、可能性的な危険までを含む、広義な意味がある。日本でハザードと別の言葉を複合的に利用され、「ハザードランプ」、「ハザードマップ」など、便利な和製英語として使われている節がある。

ハザードランプの危険告知で分かり易いのは高速道路の渋滞時ではないでしょうか?

高速道路は等速で車間距離をとって走ることが多いので、急な減速を余儀なくされる渋滞は出来るだけ早く後続車両に知らせる必要があります。

近年の車はABSというブレーキがロックしないようなシステムが搭載されているので、一気に踏み込むことでブレーキが性能を発揮できることからも、ブレーキ踏み分けなどをすることはほとんどなくなりました。

そのため、後方への危険を警告するときにハザードランプを利用するのも悪く無いと考えています。

なお、この高速道路の渋滞における後続車両に危険を警告するためにハザードランプを利用することについて、良しとしない意見もありますが私としては安全面に寄与する使い方ならかまわないのではないかと思っています。

ハザードランプの使う場面

ハザードランプを使う場面の一例としては、次のようなものがあります。

ハザードランプの使う場面
  • 高速道路で停車や急減速をするとき
  • 駐車時に停車するとき
  • 停車中全般

見てわかるように、ハザードランプは主に停車する場面で使うことが多く、この中に道を譲られたときのお礼や、またはお詫びに使うことは本来の用途ではありません。

とはいえ、日本で車の運転をしていたらハザードランプをお礼やお詫びに使うことは多く、そのような用途で使ったことがある方は少なくないでしょう。

お礼のハザードランプは間違った使い方なのか

ここまでお話したきたように、ハザードランプというのは危険を知らせるためのツールです。

そのため、道を譲ってもらったときのコミュニケーションツールをして使っている、いわゆるサンキューハザードは使い方として間違った利用方法になります。

間違った利用方法が許せないという方々も多いのですが、アイコンタクトが苦手な日本人の国民性から考えると危険なシーンでないなら別によいのではないかと考えてしまいます。

感謝の意を伝える方法はクラクションを鳴らすことが国際社会的には一般的のようで、トラックなどはそうしていますよね?

あなたも町を歩いているときに道を譲られたら「どうも」というのとクラクションを鳴らすのは同じですが、日本人はどうもクラクションを鳴らすという行為が相手へ攻撃的意思を想定することから、よりスマートなサンキューハザードを利用しているのではないかと考えています。

もう一度いいますが、私は危険が誘発されないのであれば別によいのではないかと思っています。そして私は基本的にサンキューハザードは使用しません。だって面倒ですから^^;

サンキューハザードの受け取り方

人間とは理性があったとしても、やはり本能としては生物であるようで、そのことが運転中では分かりやすく出てしまうと考えています。

たとえば道を譲られた場合には、トラックに譲られた場合は必要以上に感謝を伝える反面、軽自動車に譲られた場合には感謝を伝えないなんてことも少なくありません。

私は昔トラックの運転手をしていましたが、通勤には原付バイクで出勤していました。

勤務中にトラックで道を譲った場合に敬意を払う車オーナーが多かった反面、通勤中では道を譲ってもまったく敬意を払われることはありませんでした(笑

このことはサンキューハザードについても言えることかもしれませんが、交通弱者である場合にはこれをしないことで相手が不快に思うこともあるということを言っておきます。

ちなみに、私の立場としてサンキューハザードを推奨しているわけではなく、人間の習性として強いものに従い弱者を従わせるという心があるということを言いたいだけであるということには留意してくださいね^^;

最近はあおり運転などの被害もあり、「郷に入ったら郷に従え」という言葉もあるととおり、面倒にならないために危険にならないようにハザードランプを使うことが重要なのでしょう。

面倒に巻き込まれないように危険を最小にハザードランプを使うというのは変な感じですがね^^;

プロドライバーのハザードランプ使い方

私はトラック運転手をしていたこともあるので、職業ドライバーとしての意見を述べさせていただくと、ハザードランプ利用の範囲について、ここまでお話したように危険を誘発しないのならいいのではないかと考えています。

というのも、言葉でもよく指摘されることがありますが、コミュニケーションは常に進化していて、特定の場所で認識されるのならそれはもう使えるレベルのものではなりませんか?

確かに間違った利用が招く危険というものもありますが、左ウインカーを立てて右に曲がるようなことをするわけではありません。

そのため、ハザードランプを使ったコミュニケーションもいくばかりかは容認されても良いのではないかと思います。

なぜこのように言っているのか、気になる方は「ハザードランプ 間違った使い方」で検索すれば利用について批判的な意見を確認できます。

なお、年間2000時間以上乗車する職業ドライバーは、出来る限り誤認されるようなサインを出さないことが交通事故リスクを減らすものであると分かっているので無駄にハザードランプを使わない人が多いですね。

ハザードの正しい使い方:まとめ

私はハザードランプ利用について本来の使い方以外のことをするのは絶対悪いとは思わないので、それにこだわりすぎるのはどうかと考えています。

日本では、ハザードランプを利用する機会というのは、

  • 停車前の減速中
  • 停車中
  • 駐車時と後退準備中
  • コミュニケーション(サンキューハザード)
  • 高速道路の渋滞に出会ったとき

良く見かけるのはこの5つでしょうか。

サンキューハザードを除けば、確かに危険を知らせるという面で機能しているでしょうから、これらのケースで利用について「ハザードランプの使い方が間違っている!」という批判派の方も矛を降ろしてもよいのではないかと思います。

サンキューハザードについてはまあ賛否両論あるでしょうし、実際に利用方法としては間違えているので良い悪いの議論が好きな方は好きにやってもらって、利用者につきましては間違えているけれども安全面に配慮してコミュニケーションに利用するという姿勢ではどうでしょうか。

ただ、海外で運転する機会がある方は、国内のこういったハザードランプ利用認識が通じないことを覚えておいてください。

お役立ていただけたら幸いです。