オートマの停車時【dレンジかnレンジ】:サムネイル

「停車時にdレンジのままか、それともnレンジにするか」、オートマの車を運転している方で、どちらが正しいか確実に言える方は少ないはずです。

その理由は教習所で利用する車がマニュアルトランスミッションの車であることや、近年のCVTを含めたオートマチックトランスミッションの進化と、アイドリングストップ技術の導入により、どの考え方を優先するべきか分かりづらくなっているからです。

こちらでは、あまり詳しく説明せずにどちらが良いのかを簡単に説明します。

結論:dレンジのままでOK

実はオートマチックトランスミッションの構造は複雑であるために、過去においてはnレンジとdレンジの切り替えは推奨されていない状況で、このことが「dレンジのままが機械的な消耗の点で良い」という判断がありました。

しかし、技術の革新によってオートマチックトランスミッションでも、nレンジに入れたりdレンジに入れたり、切り替えたとしても過去ほど問題になることはなく、近年の車ならばどちらでも良いという状況になってきました。

つまり、とても古い車でない限りは停車時にnレンジに入れて燃費を節約するということは、それほど悪い選択でもなくなったのです。

そのため、nレンジに入れようが運転手の好きにすればよいというのが、最近のオートマ車を運転するときの状況です。

それではなぜdレンジのままでOK、ということなのでしょうか。

アイドリングストップがあればなおさらdレンジ

最近は燃費向上のためにアイドリングストップ技術が搭載された車が増えましたが、これはブレーキの踏み方でエンジンが停止して、さらにブレーキを離すとエンジンが始動するというものです。

これに乗ったことがある方ならわかると思いますが、燃費節約のためにnレンジにする必要がなくなり、むしろ発進するときにはdレンジにするのが手間という状況すら出てくるようになっているのです。

つまり、燃費節約のためにnレンジに入れる必要がなくなり、どうしてもドライバーがそうしたいという状況以外では停車時にnレンジを使うケースがなくなってしまったということになります。

当然、dレンジからnレンジへ、またnレンジからdレンジへの、ギア替えは多少なりともトランスミッションに負担がかかりますので、燃費節約の目的がアイドリングストップで達成できている状況で、ギア替えをする必要もありません。

そのため、現在ではアイドリングストップ技術の台頭により、dレンジのままで良いということになったのです。

昔の車でオートマがへたってくるサイン

不用意なシフトチェンジは車の駆動系に負荷が掛かるので望ましくありません。

もしこれを繰り返すとオートマのトルコン(トルクコンバーター)がへたってくると、変則時の振動が大きくなります。

古い車に乗っている方で、オートマの変則がガタツク方はトルコンがへたっている可能性がありますので、より一層大事に車に乗る必要がありますね。

そんな場合は特にnレンジに入れたりdレンジに入れたり、不用意なシフトチェンジをしないように心がけてください。

オートマの停車時はdレンジで問題なし

ここまで見てきたように、オートマチックトランスミッション搭載車での停車時はdレンジのままでよいということになります。

もちろん、どうしてもnレンジを使いたいという方も、現在の車信頼性ではいきなり壊れたり、nレンジの切り替えを頻繁に行うからといって、何か問題が出てくることは稀です。

つまり、どちらでも良いというのが正解になるわけですが、燃費節約という点でアイドリングストップ技術が役立っている以上は、nレンジを利用する必要もなくなりました。

そのため、アイドリングストップが搭載されている車を乗っている方は、無意識のうちにnレンジ切り替えを使わなくなったと思いますが、あなたはいかがですか?

そのうちに停車時においてnレンジにするのか、dレンジにするのか、という疑問すら持たなくなるぐらいに、アイドリングストップ技術が向上していく、また普及していくものと考えています。

以上より、「オートマ車の停車時は、技術的にはどちらのレンジに入れようと問題はないが、アイドリングストップ技術の搭載により、燃費節約目的でnレンジに入れる必要がなくなったことで、dレンジのままで問題なくなったので、dレンジのままが正解」、という結論でしめさせていただきます。

もし詳しく知りたい方は、ベストカーWebのページがおすすめですので、あわせて確認してください。

これで決着!_ AT車の信号待ちは「Dのまま」が正解!_ それとも「Nに」が正解!_ I 自動車情報誌「ベストカー」
出典:これで決着!_ AT車の信号待ちは「Dのまま」が正解!_ それとも「Nに」が正解!_ I 自動車情報誌「ベストカー」 https://bestcarweb.jp/news/40156