ガソリンスタンドで廃車買取:サムネイル

ガソリンスタンドで「廃車無料」というのぼりを見かけたことはありますか?

でも「廃車の費用が掛かるところ無料とはありがたい!」なんて飛びついたらもったいないですよ!

というのも廃車買取については得られるべき還付金も、資源価値もあるため、場合によってはお金が得られることもあるからです。

また、廃車ではなく買取として車を処分できれば事前に払っているリサイクル料金はあなたのもとに返ってきます。(リサイクル料金を前払いしていることを覚えてましたか?)

こちらでは、ガソリンスタンドに廃車買取を依頼する前に知るべきお金の知識を解説します。

ガソリンスタンドで廃車に注意:3行まとめ
  • ガソリンスタンドで廃車をすると本来帰ってくる前払い税金が還付されないことがある
  • 車を買取業者に売るとリサイクル料金が帰ってくるため1.5万円ほど得が出来る
  • 自宅まで引き取り依頼も出来るのでネットから廃車業者を探すのが手間無く便利

⇒今すぐネットから有利な廃車依頼をしたい場合はこちら

ガソリンスタンドで廃車買取に注意!

ガソリンスタンドでの廃車買取ではリサイクル料金が帰ってきません。

そのため、もし普通に売却できる車であればその分だけマイナスといえるでしょう。

事故車・経年車もOK!不要な廃車を高価買取り│コスモ京阪神カンパニー
http://cos-keihan.com/kaitori/

有名ガソリンスタンドチェーンの「コスモ石油」では、最低保証1万円(軽自動車は5千円)として買取として表示していますが、ここで気を付けたいのは「廃車」なのか「買取」なのかということです。

廃車であれば1万円の最低保証額は妥当といえますが、買取であればリサイクル料金だけで1万円以上あるため、次に話す資源価値を考慮に入れると売却がもったいなく感じてしまいます。

とはいえ、ガソリンスタンドでの買取でコスモ石油は良心的であり、最低保証ですからもっと査定額が出る可能性のほうが高いです。

ここで言いたいのは無料で廃車や有料で引き取りを行わないように注意してほしいということです。

車の最低価値はいくら?

ガソリンスタンドでの廃車については、金銭的な取り扱いは常に注意しなければいけません。

実のところ、車検が有効なほとんどの車には最低の価値があり、概ね普通車で3万円、軽自動車で2万円というところが相場です。

車の最低価値内訳
  • 鉄材・パーツなど資源価値:1万円から数万円
  • 車検残と自賠責保険残:0円から数万円
  • 自動車税還付:現在から3月までの未経過分月割(軽自動車税は還付無し)
  • リサイクル料前払い:1万円から1.5万円ほど(廃車の場合は還付無し)

車の価値は鉄材としての資源的価値を始めとして、実は税金の前払い分である還付金も含まれています。

また車か機械部品の集合体であり、分解整備して「リビルド品」として再流通させることも出来ます。

リサイクル部品|自動車リサイクルとは|公益財団法人 自動車リサイクル促進センター
リサイクル部品|自動車リサイクルとは|公益財団法人 自動車リサイクル促進センター 出典:https://www.jarc.or.jp/automobile/parts/

さらに車を廃棄するためのリサイクル料金はすでに支払われていますので、陸送費と手続き代行手間賃を除けば、車の廃棄処分に必要な費用はありません。

自動車ユーザーの方 I 自動車リサイクルシステム
リサイクル料金はすでに払われている 出典:http://www.jars.gr.jp/gus/exju0010.html#section02

これらを合算することでかなり少なく見積もって3万円前後が最低価値であるということを知ったうえで、「廃車無料」の損得を改めて考えてほしいと思います。

ガソリンスタンドでの廃車買取:メリット

ガソリンスタンドでの廃車は還付金の受け取りがなかったとしても、書類などの手続きをすべて代行してくれるならば、手間が掛からないといったメリットがあります。

廃棄処分を伴う廃車「永久抹消」の場合には、車をスクラップにすることのみならず、その報告をしなければいけないといった具合に、廃車手続きは割と手間が掛かります。

こういった手間をすべて代行依頼したうえで無料というのは、わざわざ数万円ほどの支出を損としない人にとってはガソリンスタンドでの廃車についてのメリットになります。

また持ち込みによる廃車を行う場合には、近所にあるガソリンスタンドは車を置いてきたあとにそのまま歩いて帰れるというメリットもあります。

無論、多少離れている場合には業者が送ってくれてもよいものですが、最近はガソリンスタンドの経営も厳しい状況にあるので、なかなか難しい現状がありますね。

ガソリンスタンドでの廃車買取:デメリット

ガソリンスタンドでの廃車については、費用が無料であるということと同時に、得られるお金もないということが多くあります。

もちろん前払いした税金を還付などしてくれる業者もいるわけですが、手続きの代行費用と陸送費を考えると、還付分も収益に充てたいところです。

そのため、ガソリンスタンドでの廃車についてデメリットは、数万円分もらえるお金が減るということになります。

また次に話すリサイクル料金の回収ができないことも一つのデメリットになります。

以上のように、ガソリンスタンドで廃車無料または少しの金額で買取をするとして、その内訳がどのようになっているのか、少し金額的にシビアになったほうが良いでしょう。

買取と廃車の違いはリサイクル料の還付

買取と廃車では、ただ単に車を買取というだけでなく、リサイクル料金の取り扱いが変わってきます。

リサイクル料金は車購入時に前払いする廃棄処分に掛かる費用ですが、リサイクル料金は廃棄処分する場合のみ掛かる金額です。

つまり、廃棄処分をしない場合には当然に還付を受ける権利がありますので、基本的に廃車よりも買取のほうが得られるお金では有利になります。

というのは買取で売った場合にはリサイクル料金分が査定額に上乗せされるので、1万円から1.5万円ほど売却額が有利になります。

ただし、動かない車やさびていて他の人が欲しがらないだろうという車については廃車以外に選択肢がない場合があります。

重要なのは買取で売れるかどうかを試すことが重要であり、最初から廃車と決めつけることはもったいないことです。

ガソリンスタンドに廃車する前に車価値を確認

ガソリンスタンドで廃車を依頼することに限りませんが、車を売ったり廃車したりする前には、必ず車価値を調べるようにしてください。

実は古い車や走行距離が進んでいる車でも買取をしてくれる場合が多いのです。

それは海外において需要のある車の場合には、良い価格が付くことも少なくありません。

Buy Hiace Commercial Vans & Pickups I eBay
3,100ポンド(英通貨)は日本円で434,820.18 円(2018年12月31日現在のレート) 出典:https://www.ebay.co.uk/b/Hiace-Commercial-Vans-Pickups/122202/bn_38443616

上の業務用ミニバンは、現在日本ではほとんど走っていないモデルですが、現在でも海外で人気がある車種で、高値で取引されていることが分かります。

廃車や買取をして輸出する業者としては、価値がある車を無料で仕入れられるわけですからこれほどうれしいことはありませんが、車オーナーとしてはただで価値あるものをプレゼントしていることになります。

場合によっては還付金も業者が得る状態になりますので、車価値を知らずに処分することがいかにもったいないか分かってもらえるはずです。

ネットで車価値を調べる方法

車価値を調べるならば現在はネットから簡単に調べることが可能です。

しかもメーカー公式のページなので情報の出所としては安心して使えます。

toyota.jp ご購入サポート I 下取り参考価格情報
出典:toyota.jp ご購入サポート I 下取り参考価格情報 https://toyota.jp/service/tradein/dc/top

ちなみにトヨタ以外の国産車も車価値を確認出来ます。

とはいえ、廃車を考えるような車の場合には車価値がないという測定を受けることも珍しくありませんから、そのような場合もがっかりしないでくださいね。

車を売った場合の還付金

車価値を調べたうえで、数万円でも価値が認められる場合には、廃車せずに車買取業者に売るほうが得です。

というのも、実は廃車ではなく買取においてはリサイクル料金を返してもらえるために、無条件で査定額が1.5万円ほど上昇するようなものです。

そもそもリサイクル料金は最終的に廃棄する車所有者・使用者が負担するであるから、途中で車を売った場合には前払いしたリサイクル料金は返してもらえるというわけですね。

もちろん、車価値がないとしても輸出などに需要がある車もありますので、買取業者の査定を受けたいという方は「カーセンサー」から依頼すれば手間もなく簡単です。

ラビット店舗から来たメール
カーセンサーを使って得られた査定額

地域の業者に査定依頼が面倒という方には無料で使えることもあわせてオススメです。

カーセンサーリンクカード

ガソリンスタンドで廃車に注意:まとめ

ガソリンスタンドで廃車をする場合に、数万円分の現金を得られないことが損と考えるならば、利用しないほうが良いということを説明してきました。

特に還付金は前払いしているものですので、当然あなたが受け取る権利を持っているのですが、その権利を放棄しなければいけないということになるからです。

ただ、自分で廃車をする場合には車をスクラップにするのみならず、その報告やナンバープレートの返却などを行う必要があり、還付を受けるとしてもその申請など手間が掛かってしまいます。

以上から、車を少しでもお金にしたいと考えるならば買取業者に依頼することや、さすがに買取出来ないような車であれば確実に還付がされる業者に依頼するようにしましょう。

⇒リサイクル料金の返却など少しでもお金を得たい方はカーセンサーがオススメ【無料】

また、買取を依頼できるほどの車ではないからはじめから廃車をすると言う場合には、ネットから簡単依頼で自宅引き取り可能、さらに還付金もしっかり返す廃車業者を使ってください。

廃車買取のハイシャル - 廃車買取のハイシャル

⇒廃車をして手間無く還付金を確実に受け取りたい方はこちら【無料】