【マイルド・ストロングハイブリッドシステム】の違いとは:サムネイル

最近、軽自動車でもハイブリッド登場!?と驚く方も多いようです。

スズキの軽自動車には、種類としてマイルドハイブリッドというシステムが搭載されているようです。

この、マイルドハイブリッドとは何だと思いますか?

こちらではこのマイルドハイブリッドについて対するストロングハイブリッドとの比較でみていきます。

このマイルドハイブリッドですが、今後のエコカートレンドになりそうなので、ここで確認していきましょう。

買う前に知りたい
業者が保証を付けたがらない理由

セツコ

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。

「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。

逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。

またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。

もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

マイルドとストロング:ハイブリッドシステムの違い

ハイブリッドシステム方式をストロングとマイルドに分けることが出来ます。

厳密には異なるのですが、イメージとしてハイブリッドシステムの規模で考えてもらうとイメージし易いでしょう。

簡単な説明としては、ストロングハイブリッドとは、トヨタプリウスに代表されるハイブリッドシステムであり、モーターによって車を走らせることが出来るシステムです。

対して、マイルドハイブリッドとは、スズキ車に代表されるハイブリッドシステムであり、ガソリンエンジンによって出力されたエネルギーに対して何かしらのアシストをするようなシステムです。

一般にストロングとマイルドでは、大きくモーターの大きさや稼動場面が異なります。

なお、ストロングとマイルドという区分については特定概念に対する強度について分ける区分であると考えていて、最終的な走行状態にどの強度でハイブリッドシステムが影響するかという点で付いた区分であると考えています。

マイルドハイブリッドとは

エネチャージってなーに?-スズキ
https://www.suzuki.co.jp/taikan_enecharge/enecharge/

マイルドハイブリッドとは、スズキの軽自動車に搭載される「Sエネチャージ」ハイブリッドシステムを代表とするものであり、一昔前のホンダなどのハイブリッドシステムも含まれます。

マイルドハイブリッドはガソリンエンジンを主要動力として利用し、ハイブリッドシステムは停止時に充電・発信時にモーターアシストを行ったり、エアコンなどの駆動補助を行うハイブリッド方式です。

マイルドハイブリッドには、小型のハイブリッドシステムが利用されるため、局部的なハイブリッドシステムによる支援となります。

つまり、簡単な分け方としてはモーター駆動できるような大型のハイブリッド装置でない場合にはマイルドハイブリッドですが、最近では軽自動車に搭載されるケースもあり、区分がますます難しくなってきています。

一つの目安としては、主な動力に対して補助的な扱いなのかどうか、という点で見るようにしてください。

マイルドハイブリッドは燃費対策がメイン

そのため、ストロングハイブリッドと比べて燃費節約効果が低くなると思ってしまいますが、元々小さい軽量化された車体や燃費のよいガソリン車をアシストするようなものなので、それほど変わらないものと予想しています。

また、車体価格もストロングハイブリッドシステム搭載車よりも安く済むことから、小型車や軽自動車などに導入が進むのではないかと予想されています。

このことは燃費を良くしたい理由が車維持費を抑えたいという目的ならば、総支払金額で良い燃費で高い車体価格を回収できないといった点で、ハイブリッド車は不利だったわけですが、マイルドハイブリッドがこのハイブリッド車の車体価格が高い問題をうまく解決する時代になるでしょう。

ストロングハイブリッドとは

トヨタハイブリッドシステム
トヨタハイブリッドシステム 出典:https://toyota.jp/technology/powerunit/hybrid/

ストロングハイブリッドとは、トヨタプリウスに代表されるハイブリッドシステムで、マイルドハイブリッドに比べると大きな電池とモーターを使用します。

中身としては、減速エネルギーを利用して発電機でバッテリーに充電し、発信時には充電したエネルギーをモーターで利用して、エネルギー循環効率を良くしたシステムで、減速エネルギー回生システムといえば一言で表すような言葉になるでしょう。

ストロングハイブリッドの特徴は、エンジンを停止した状態でも蓄積した電気で走行できるかどうかというところで、マイルドハイブリッドとの分かりやすい見分け方になります。

この特徴から、あるときは電気自動車のような動力であり、あるときはガソリンを使った動力であると明確に区分できる場合が多いことがあげられますので、ストロングハイブリッドの区分についてはマイルドハイブリッドほど苦労しません。

ただし、ストロングハイブリッドにおいては、スプリット方式やパラレル方式などトヨタとホンダで異なるシステムがあります。

ハイブリッド スプリット方式
ハイブリッド スプリット方式 出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%BC

このように、ストロングハイブリッドの中でも区分があるということが、ハイブリッドシステムの分類で面倒になっている点です。

ハイブリッドの稼働状況による違い

このことから、ストロングハイブリッドをマイルドハイブリッドと稼動状況を比較して「フルハイブリッド」と呼ばれることもあります。

このため、ストロングハイブリッドは燃費節約効果を大幅に享受することができるのですが、システム自体が複雑で規模が大きいために、マイルドハイブリッドよりも車体価格が高くなりがちです。

ただ、現行のエコカー減税率区分において、重量あたりの達成基準が大切になるので、重量が重くなり燃費向上が期待できるような状況では、制度的にストロングハイブリッドがもてはやされる構図は変わらないでしょう。

なお、トヨタのハイブリッドシステムでモーターが二つ以上搭載されるような場合には、特にパラレルハイブリッドなど呼ばれる場合があり、ハイブリッドシステムが大型であることがうかがえますね。

軽自動車でもハイブリッド化される時代に

以上のように、ストロングハイブリッドとマイルドハイブリッドとはモーターでアシストするという共通点はありますが、その規模やアシスト内容に異なる点があります。

実は近年、今までのハイブリッドであるストロングハイブリッドについて、バッテリー交換であったり高い車体価格が良いのかどうかユーザーが懐疑的になっています。

高い車体価格を安い燃費で取り返すには相当走行しないと厳しく、さらにバッテリー交換などの定期的なメンテナンスコストが分かってきたためです。

そのため、現在はユーザーが分かり易い低燃費型のガソリン車に注目が集まっています。

エコカー区分はディーゼルも含めて考える

マツダのスカイアクティブ技術を搭載した車は非常に人気を博しているようですね。

ユーザーとしてもトヨタプリウスのようなストロングハイブリッドの複雑な計算で、高い車体価格が取り戻せると説明されても腑に落ちない点が多いのでしょう。

また軽自動車においても、マイルドハイブリッドを搭載してきたらリッターあたり40kmの燃費を超えるものが出てきそうです。

これはスーパーカブと同じ燃費ですから、凄いことだと思います。

軽自動車の燃費では、ひとつ飛びぬけているスズキに期待したいところですね。

今後のエコカートレンド

高い車体価格やメンテナンスコストが面倒なストロングハイブリッド車よりも車体価格もガソリン車とそれほど変わらないマイルドハイブリッド車がトレンドとなるかもしれません。

今まではトヨタのような国内でも先進的なメーカーにハイブリッド市場を引っ張っていく状況でしたが、今後はトヨタ以外のメーカーもハイブリッド市場に大きな影響を及ぼすようになるのですね。

スズキからは、まずは「Sエネチャージ」で参戦!、ソリオで本格的に攻めてくるといったところでしょうか。(なお、燃費性能に関しては従来のスズキ車でリッターあたり30kmを下回る状況でソリオではリッターあたり30kmを上回るといったところ)

ますます複雑化するエコカー区分

ここまで見てきたように、マイルドハイブリッドは基本的にモーターだけでは自走出来ないようなハイブリッドシステムであり、ストロングハイブリッドは日本において認知されるトヨタプリウスなどのいわゆる「ハイブリッド車」に該当する車のシステムです。

とはいえ、ハイブリッドシステムはストロングハイブリッドにおいても、トヨタとホンダで姿勢が異なる点などを挙げれば、ハイブリッド車のシステムを簡単に分類できなくなってきています。

そのため、今後は単純にハイブリッド車と見るのではなく、エンジン動力や回生エネルギー(ブレーキなどの減速時に得られるエネルギー)がどのように使われるのか、その点でハイブリッドシステムを見ていくようにしてください。