車査定でだいたいの相場を分かる方法:サムネイル

車査定でだいたいの相場を調べる方法:3行要約
  • だいたいの車買取相場表なら「トヨタ公式サイト」で調べるのが良い
  • 車の相場は「年式・走行距離・事故歴・グレード・車体色」で中古車市場から判別される
  • 車を売る場合や下取り査定の交渉に使うなら、ネットから査定見積もりが出来るサービスの機能を使う

こちらで見ることが出来る情報は次の3つです。

このページの内容
  • 車査定でだいたいの相場を面倒なしで調べる方法
  • 車買取相場と走行距離や年式など車状態との関係
  • 車を売るときに役立つ概算価格が分かるサービス4選

まずは、だいたいの車買取相場を知りたい場合についてお話していきますね。

なお、これから車を売るためにだいたいの相場を便利に知りたい場合は下のリンクをクリック・タップで、その段落までショートカットできます。

⇒車を売る前に車査定概算額を知りたい方はこちら

車査定でだいたいの車買取相場を知る方法

車査定でだいたいの相場を知る方法はインターネットを使って、スマホやパソコンから見ることが出来ます。

こちらでは、5つのネットからだいたいの車買取相場を知ることが出来る方法を調べました。

車査定でだいたいの相場を知る方法5選
  • メーカー公式サイト
  • 一括査定サイト
  • 情報まとめサイト
  • オンラインオークションサイト
  • 中古車販売サイト

それぞれの方法では、メリット・デメリットがありますがいずれも相場を知るということは可能です。

車買取相場を知りたいときの種類比較

サイト種類メリットデメリット
メーカー公式登録なしで見れる精度が悪い
一括査定系サイト登録なしで見れる精度はなかなか良い
情報まとめサイト登録なしで見れる情報信頼性が低い
オンラインオークション業者と交渉するなし手間がかかる
中古車販売市場価値で把握できる知識が必要

だいたいの査定相場を知るときの種類については、簡単に情報を知ることが出来るものほど、情報精度が悪くなるといった手間と精度が反比例の関係にあります。

とはいえ、ここではだいたいの査定相場を知ることが出来ればよいので、精度が多少悪くても問題ありませんよね。

そのため、こちらでは、メーカー公式や一括査定系サイト、情報まとめサイトでだいたいの査定相場を知る方法を、実際に調べた結果を見ながら簡単に解説していきます。

なお、調査対象の車は「アクア5年落ち(2013年式)グレードG」で、調査を実施したのは2018年6月と少し前になってしまいますが、実態自体は変わらないので役立ててください。

メーカー公式ページで概算の車買取相場表を見る

だいたいの車査定相場を知りたいなら、メーカーの公式サイトで確認すれば今すぐ無料でできます。

⇒トヨタ公式サイトで車買取相場表を見る

toyota.jp ご購入サポート I 下取り参考価格情報
出典:toyota.jp ご購入サポート I 下取り参考価格情報 https://toyota.jp/service/tradein/dc/top

トヨタの公式ページですが、トヨタ以外の車も相場を調べることができます。

知るのであればこちらで十分です。

トヨタ下取り参考価格アクア5年落ち調査201806
出典:トヨタ下取り参考価格アクア5年落ち調査201806 https://toyota.jp/service/tradein/dc/top

現在、車査定をオンラインでする場合に、まず最初に思いつくのはトヨタの公式サイトという方も多いのではないでしょうか。

トヨタの公式サイトがトヨタ車について車価値を出すので、必ずしも中立とは言えませんが、適当なことは言えない立場の企業なので、トヨタの下取り参考価格を基準に次の価格を見ていきましょう。

ナビクルでの概算の車買取相場を見る

ナビクルアクア5年落ち買取相場201806
出典:ナビクルアクア5年落ち買取相場201806 https://www.navikuru.jp/souba/

比較段階で答えを言ってしまいますが、ナビクルでの情報提供が買取相場に最も近いという結果になりました。

概算の車買取相場を知るならば、メーカー公式ページよりナビクルのほうがおすすめです。

欠点としてはメーカー公式ページでは営業されない一方で、ナビクルでは営業があるために、不本意に利用しないよう注意しなければいけません。

ただし、下取り相場については買取相場に比例しているだけで、有用な情報で無い可能性が高いです。

⇒ナビクルで車買取相場表を見る

車査定のトリセツで独自調査した買取価格

車査定トリセツ調査アクア5年落ち買取価格201806

当サイトでは修復歴なしと修復歴ありで買取価格を分けて算出しています。

当サイトで計算したデータなので、他のオンラインサイトと比べたうえで見てください。

車種別の車買取・下取り相場表の説明

ちなみに他のサイトと違う点は車流通量で相場が上下する関係を見ることが出来るなど、「いつ車を売るべきか」という観点から確認することが可能です。

また、事故車でどのぐらい価値が落ちるのかも分析しているのでぜひ参考にしてください。

だいたいの車査定相場を調べた結果の比較

下取り・買取価格コメント
トヨタ公式60万円価格が少し高め
一括査定56.6万円かなり正確だと判断
情報サイト46.04万円から62.2万円査定士と同じ基準
中古車販売サイト利益控除後53.8万円から63.8万円情報精度が良い

だいたいの車査定相場を調べた結果を比較してみました。

検証のために、中古車販売サイトにおいて売っている価格から利益や経費を控除した金額を載せています。

カーセンサーアクア中古価格比較201806
出典:カーセンサーアクア中古価格比較201806 https://www.carsensor.net/

意外にもどの方法についても55万円前後で相場が安定していますが、トヨタ公式はやけに高くなっている点に注意が必要です。

それもそのはず、トヨタ公式では車査定相場を調べるために必要な「走行距離」や事故歴の有無について入力する項目がありません。

こういった事情を考慮したうえで調べるとなると、相当難しくなりますがだいたいの相場であればどの方法を使っても問題ないことが分かりますね。

車の相場を決める要素とは

トヨタや日産の概算額を調べた方ならわかると思いますが、車の価値情報を調べるときに必要なものがなかったことに気が付いたでしょうか?

実は車価値の算出には「走行距離」や「事故車かどうか」など、相場を調べるうえで重要な要素の入力がありませんでした。

簡単に使える反面、精度の点で多少問題があるということを知ったうえで使うべきというのは、こういった理由がありました。

それでは車価値を知るために重要な要素とは何でしょうか?

車の相場を知るための情報
  • 車種
  • 年式
  • 走行距離
  • グレード
  • 修復歴(大きな事故をしたかどうか)
  • 車体色
  • 市場の流通量
  • オプション

メーカー系の相場を見るサイトでは、「車種」と「年式」、「グレード」だけの選択でしたが、やはり少なくとも「走行距離」を入力しなければ、ある程度役立つだいたいの査定相場でしかわからないのです。

ちなみにこれらの要素から車価値が算出されるというよりも、中古車市場の価値に現在ある車がどの範囲で適合するか?という調査から行っていますので、一番もとになっているデータは「中古車市場の価値」です。

車種

車種で相場が変わるイメージ

基本的に車オーナーにとって車種は固定されている要素なので取り上げられることは少ないですが、相場を知るためには最も重要な要素です。

どの車種かによって相場が大きく変わってくるのはいうまでもないでしょう。

そういった意味では、車種が相場に与える影響は最も大きく、どの車種を持っているかによって相場の高低が決まります。

年式

年落ちの買取相場

年式によって車の新旧を判断するため、相場に与える影響としては非常に重要な指標です。

特に3年落ちと5年落ちは車検時において車が売られるタイミングなので、流通量からの兼ね合いもあり、相場が下がる特徴があります。

とはいえ、年式による相場の判断については、実はいい加減な指標だったりします。

というのも、例えば12月31日に登録した場合と、翌年の1月1日に登録した場合では、年式の点で1年分の差が出ますが、車としては同じ車です。

ただ、流通される段階においてはこのことは考慮されないために、年末付近で車を購入する場合には翌年登録をすることが車価値を高めるちょっとしたコツです。

走行距離

走行距離と買取相場1

走行距離によって車価値が下がるというのは説明するまでもありませんね。

車の利用については走行距離が車のメーターに記録されるために、その利用頻度が増えれば消耗されていると判断できるからです。

特に実質的に交換ができないボディの骨組みや、実質的に交換しないことが多いエンジンやミッションなどの消耗を判断するうえで走行距離は役立つ指標です。

また走行距離については1年で1万キロ前後が妥当という基準があり、それよりも走りすぎている場合には過走行車として相場が下がる要因になってしまいます。

車のメーターによって走行距離が計測されることから、メーターが交換されていたり、また不正にメーター戻しなどを行われた場合には、車価値を大きく下げる要因になります。

グレード

グレード別の買取相場

車はグレードの高低によって装備が変わってくるために、グレードによる相場の変動をそれなりに受けます。

ちなみにこれは車の使われ方によって変わってくることも多く、一般に古い車ほどグレードによる相場違いは少なくなります。

もちろん、車価値自体も小さくなるのでその点についてもグレードによる相場違いは少ないのですが、古いことで車を安く買おうとする場合には車利用が「適当な足に使う」など実用面で価値がある場合は、グレードをあまり重要視されないということです。

反面、新しい車ほどグレードによる相場違いがあります。

修復歴の有無

事故車の買取相場

修復歴の有無によって車の価値が変わってきます。

その理由は車の骨組み部分にダメージが及び、それを修理した場合の車を「修復歴がある車」というわけですが、これは半永久的なものになるからです。

現在の車の骨組み部分はほとんどが「モノコック構造」となっていて、車全体がフレームになっている、イメージとしては卵の殻のようなものになります。

卵の殻が割れてしまった場合には、それを修復することが難しく、直しても元の強度は維持できないように、車も骨組みまでダメージが及んでそれを直した場合は、本来の強度が維持できないというわけです。

このような理由から、修復歴がある車は価値が低くなるというわけです。

なお、一般に事故車といえば事故をした車全体を指したり、また事故をしたまま直してない車を言いますが、修復歴車とは前に話したようにモノコック構造部分を損傷して直した車です。

そのため、事故車のすべてが修復歴車ではないということを確認するとともに、中古車を探す場合などで「修復歴あり」とあれば、このような事情があることを知っておきましょう。

車体色

ボディカラーと買取相場

車体色も車の査定相場を見るうえで重要なポイントです。

これは次の流通する市場で支持されるかが、相場の高低を分ける要素になります。

例えば、重厚なセダン車の車体色が黄色といえば買う人はいるでしょうか?

出来れば黒、次の点では白が望ましいですよね。

このように車によって合う色と合わない色がありますので、それが支持されるかどうかが、車体色による車相場の変動につながります。

例の逆でいえば、スポーツカーやスポーティーカーであれば、黄色という車体色も問題なしとされるケースは多くなります。(スズキスイフトなど)

市場の流通量

市場流通量と買取相場

中古車が多く出回る時期においては車価値は下がりますが、逆に中古車が市場に少ない場合には車価値は上がります。

最も分かりやすい例としてオープンカーで考えてみると、夏前において中古車市場で需要が大きくなりますので価値は上昇し、冬前において中古車市場で需要が小さくなりますので価値は下降します。

また、多く売れた時期から3年落ち・5年落ち・7年落ちなど車検時期の年落ちにおいて、多くの方が車を売る場面になりますので、そのような状況において車を売却することは車価値に不利な影響を及ぼします。

オプション

オプションと買取相場

オプションにおいて車価値が上昇するものは、主にメーカーオプションで人気があるものになります。

一例としては「サンルーフ」や「皮シート」「特製アルミホイール」など、多くの人が支持するドレスアップは評価増になります。

また過去において「カーナビ」は重要な要素でしたが、今日においてはスマホなどによって簡易的なカーナビとなってしまうため、それほど重宝されるものではなく、また一部車を除けば標準として装備されて当たり前の装備になっています。

そのため、オプションにおいては時代による要請で評価されるものが変わってくることを知っておきましょう。

その他(税金の払い戻し・鉄資源)

車価値を決める要素として再販されることで利益をとり、その逆算で車買取相場が決まりますが、さらに細かい修正項目が「その他」の要素です。

  • 自動車税の払い戻し⇒月割で還付されるのでその分だけ査定額の評価増(ただし、軽自動車税は還付無し)
  • 車検残の取り扱い⇒満額で月割評価されるものではないので過度な期待禁物
  • リサイクル料金⇒「売却」の場合は返還されるが、「廃車」の場合は返還されない
  • 鉄資源価値⇒「鉄資源:25円/kg」において普通車1万5千円ほど・軽自動車1万円ほど(金属価格に影響を受ける)
  • タイヤ⇒基本的に評価増にはならない
  • 改造車⇒程度によるが基本的に評価減になる
  • 駆動方式⇒基本的に4WDのほうが価値が高くなる傾向がある(当サイトでは型式別の買取相場で比較している)
  • トランスミッション⇒スポーツカーの場合には「マニュアルトランスミッション」のほうが価値が高くなる傾向がある

なお、あなたの車をいくらで買うのか?ということについて車買取相場を決める最も大きな要素は「査定士との交渉」です。

それができるように相場をあらかじめ知っておくということは大変重要なことです。

これから車を売るという方も、車の価値がいくらなのかという興味本位でも、登録なしでこのまま相場を見ることが出来るので参考にしてください。

車を売る前に車査定概算額を知りたい場合

ここまではだいたいの車査定相場を知る方法を説明してきましたが、車を売る場合にはある程度精度が高い情報が欲しいですよね。

実は、車を売る前にだいたいの相場を知ることが出来るサービスというのは現在多くあります。

車を売る前にだいたいの査定相場が分かるもの4選

事前にだいたいの車査定相場を知っておくことで、車を安く買いたたかれずに済みますので、安心して業者と査定交渉出来る強みがあります。

反面、車一括査定である「ナビクル車査定」と「ズバット車買取比較」は電話が多く掛かってくることがあるので要注意です。

電話を避けつつだいたいの査定相場を知ったうえで車を売りたい場合は、「グーネット買取」や「DMMAUTO」を利用するか、別ページで詳しく解説している電話量を減らして車一括査定を使って車を高く売る方法を見てください。

グーネット買取

車買取・車査定なら【グーネット買取】|中古車の相場がスグ分かるオンライン査定
車買取・車査定なら【グーネット買取】|中古車の相場がスグ分かるオンライン査定

グーネット買取では、相場を知ったうえで車を売ることが可能です。

買取店からのメッセージ一覧 - グーネット買取

また事前に登録をしておくと、車を売るまで定期的に相場情報がメールで送られてくるので、これから車を売ろうと考えている方は登録しておくとよいでしょう。

グーネット買取から来たメール

⇒グーネット買取の詳細はこちら

ナビクル車査定

ナビクル車査定車一括査定申込み画面

ナビクル車査定では、申し込み後にすぐ相場が分かります。

これは過去に成約した車情報から算出された概算価格であり、市場価格を反映しているのでそれなりに信ぴょう性があるでしょう。

ナビクル車査定概算価格
ナビクル車査定概算価格表示

ただ、車価値の範囲が若干広めであることから、目安程度の車査定相場情報になりますので、査定額交渉をしたうえで売らなければいけないのは避けられません。

またナビクル車査定は一括査定なので、査定申し込みから電話が掛かってくることから、電話対応できる時間を30分から1時間取ったうえで申し込んでください。

⇒ナビクル車査定の詳細

ズバット車買取比較

ズバット車一括査定申込み画面

ズバット車買取比較では、査定申し込み後に過去の売却記録から査定相場情報を算出して表示します。

未来価格も算出してくれるので、かんたん車査定ガイドよりも情報量が多くなっています。

ズバット車買取比較相場情報
ズバット車買取比較では未来情報も表示されているため、情報量が多い!

もちろん、この未来情報があてになるかは別として、逆に考えるとすれば今売ることの価値を比較することも出来るのではないでしょうか。

⇒ズバット車買取比較の詳細

DMMAUTO

DMMAUTOホームページ
DMM AUTO スマホで撮るだけ、クルマが売れる。

DMMAUTOはスマホで撮影するだけで車価値が分かるという、車価値を知ったうえで車を売りたいという方には最適な方法の一つです。

DMM AUTO WEB 査定
ネット完結で相場が出るので簡単便利だが相場がかけ離れていることもあり注意が必要!

ただ注意したいのは、AIによって価格算定をしているということですが、市場価値からかけ離れた査定額が出る場合があります。

そのため、DMMAUTOの利用は他の相場情報と比較したうえで行うことが望ましいでしょう。

⇒DMMAUTOの詳細

車査定でだいたいの相場を知る方法:まとめ

車査定でだいたいの相場を知る方法については、ネットで簡単に分かるものは精度を犠牲にしている点を知ったうえで利用する必要がある反面、だいたいで良いのなら十分に情報活用できます。

ただし、車を売るうえでだいたいの査定相場を知っておくということなら、過去結果から車価値が分かるサービスを使う必要があるということでしたね。

まとめると、ただ車価値を知りたいだけなら、メーカー公式から見れば十分であり、その他も精度を気にしたうえで気軽に使えるところで情報を調べればよいでしょう。

車を売るためにだいたいの査定相場を知りたい場合には、数あるサービスの中で簡単で便利なのは、「グーネット買取」か「ズバット車買取比較」、手軽さを重視するなら「ナビクル車査定」がシンプルで使いやすいです。

参考にしてください。

車買取相場を知っておくと業者との話し合いが楽になる

トリオトリオ

それでも車の価値を知っておくことは大切で、何も知らないと業者と話し合いが難しくなるからね。

セツコセツコ

でも調べるのも大変でしょ?どこで調べればよいのさ!

トリオトリオ

実は査定を申し込むとすぐ車価値を教えてくれるのがあるんだ。

車を売るときにあなたの車がいくらぐらいの価値か知ることは大切です。

ただ相場の調査に時間がかかり、手間と時間がかかったうえに相場情報が信頼できないものだった!なんてこともあります。

こういったことで悩むことなく車の査定を受けたい場合には、「概算の車査定相場がわかる」ネット査定を使うと調べる手間なく便利で、データ自体も信頼できます。

ナビクル車査定申し込み例
概算価格は業者との交渉で役立つ!

※概算価格が分かる一括査定は電話連絡はそれなりに来ますので、これが嫌な方は電話連絡を少なくして査定を申し込む方法を再度確認してください。

セツコセツコ

車のことが良くわからない私には助かるわ!相場情報とかよくわからないし。

トリオトリオ

面倒っていうのが一番大きな理由そうだな!

セツコセツコ

うるさい!手間がかからなくて便利ならそれが一番でしょ!!

トリオトリオ

まあまあ、確かにこれならだれでも便利に使えるよな!

手間をかけずに結果が欲しい方は車価値がわかるネット査定を使ってください。

概算価格が分かる一括査定はこちら

ナビクルスクリーンショット

JADRI加盟の優良業者一覧

よくある質問

過去に大量電話で査定が嫌です。営業を受けずに行えませんか?

車を売るときに電話連絡を全く受けない方法はありますが、逆に手続きが面倒になることや、車価値まで査定が出ない可能性があると欠点があります。

そのため、営業を受けずに車を売るということは、損得を選ぶことになるのでおすすめは出来ません。

しかしながら、営業電話の本数を極力減らしてメールでの連絡を受け取ることで、車を高く売る方法を取りながらある程度快適に交渉を進めることが可能です。

詳しくは「車査定を【営業電話なし・メールのみ】で行う方法」で解説していますので、車を安売りしたくないけど迷惑電話も困るという方は参考にしてください。

車を手間なく高く売る方法があれば教えてください。

同時刻で複数業者に車の査定を受ける方法がおすすめです。

これは、車を売るときの手間を一本化することで、手間を省きながら車を高く売ることが出来ます。

詳しい方法は「車査定を同時(同じ時間)で行う手順【1ページで完全マスター版】」で解説しています。

下取り額が恐ろしく安かったです。なぜ買取額と差が出るのですか?

一般に買取査定のほうが下取り査定よりも高い金額が出やすい理由は次の3つです。

  • ディーラーの営業目的は新車を売ることなので車の転売で利益を出すことを重視していないため
  • 下取り額の評価は市場価格の反映がされづらいため
  • ディーラーと車買取店のコストが異なるので利益を抜く額が異なるため

これら3つの理由を総合すれば「構造的に買取店の方が高い査定額が出やすい」ということになります。

「中古車市場に出せばそれなりに売れる車」については買取店のほうが良い査定が出やすいです。反面、「中古車市場で価値が無い車」では下取り額のほうが買取額を上回る可能性があり、これは新車販売の値引きとして査定額がおまけされることが理由です。

以上より、車価値に合わせて車売却先を選ぶのが賢い方法です。

車買取店でおすすめはどこですか?

車買取店に何を期待するかによっておすすめは変わってきますが、評判や口コミで人気があるのは次の買取店です。

  1. オートバックス
  2. アップル
  3. カーセブン

車買取業者は買い取った車を転売して利益を取る商売なので、仕入れ値が安いほど利益が増えるので、できるだけ車を安く買いたいのが本音です。

これは車オーナーの「できるだけ車を高く売りたい」という利益対立があるので、どうしても悪評が付いてしまう状況にあるなかで、評判が高い業者というのは珍しい存在とも言えます。

その点を「車買取店はどこに売るのがおすすめ?評判と口コミでランキング比較しました!」で詳しく説明していますので、車売却先を選ぶときに役立ててください。