ホンダ車のデザインがダサい理由:サムネイル

ホンダ車の前部分って似てると思いませんか?

車全般に言えることですが、車デザインはメーカーによる影響を受けやすく、特にホンダ車は同じに見えてしょうがないのです。

ホンダ車のフロント部分は「ーH-」みたいな感じで全部同じに見えます。

まあホンダエンブレムがあるからそうなるのですが^^;

実は私も数年前までは違和感ありませんでした。

というのもスポーツカーが好きでしたから、ホンダ車について肯定的に見ることはあってもあまり否定的に見ることは無かったのです。

でも、3代目フィットを改めてみたときにこれは好き嫌いが分かれる形状だなと改めて思いました。

現在のフィットのライバル車はトヨタアクアですが、無難な見た目で人気を博しています。

スペックではホンダフィットのほうが勝っているといわれているにも関わらず、です。

これとスポーティーな見た目がどうにも現在の車ユーザーにマッチしていないようです。

今回はホンダ車のデザインが現在受け付けられていないのかという点について、周りのメーカーやユーザー意識の変化からみていきたいと思います。

ホンダ車のラインナップ

ハイブリッド車|タイプ・価格|フィット(2017年5月終了モデル)|Honda
出典:ハイブリッド車|タイプ・価格|フィット(2017年5月終了モデル)|Honda https://www.honda.co.jp/auto-archive/fit/2017/webcatalog/type/hybrid/

ここでは、ホンダフィットとトヨタアクアとエコカーコンパクトの比較でみていきます。

両者を大きく分けるのはハイブリッドシステムとデザインでしょう。

そのうち、ハイブリッドシステムでいえばさすがにトヨタのほうが、高性能であるというのは誰も疑うことは無いでしょう。

ただ、デザインでいえば両者は大きく性格が分かれます。

トヨタ車のデザインは保守的

ヴィッツ外観 トヨタ自動車公式
 出典:https://toyota.jp/vitz/exterior/?padid=ag341_from_vitz_top_exterior

トヨタアクアはおとなしめのテイストで利用面では天井が低く使いにくい反面、デザイン面では車高が低いのでスポーティーな印象。

ホンダフィットは前面にスポーティーさが見えて利用面では天井が高く使いやすい反面、従来のコンパクトカーと似ている印象で、デザインには先進性を感じません。

スポーティーさの演出でいえば、トヨタアクアは実質的に見せてきているという点、ホンダフィットはスポーティーに見えるような見た目を採用している点で分けることができるのではないでしょうか。

ホンダ車のスポーティー感は時代に合っていないのか

ホンダフェイスは全部似てる!
ホンダフェイスは全部似てる!オデッセイの前部分

私の見解では、利用面も考えれば当然フィットのほうがよいわけですが、わざわざスポーティーに見せようとしている点が、現代のユーザーにマッチしていないのかもしれないということを考えています。

つまりは、スポーツの味を残したいのか分かりませんが、ホンダフィットはなぜあのような見た目なのでしょうか?というユーザーの暗黙の疑問を受けてダサいと感じてしまうと予想しています。

私は、最初見たときはなかなかかっこいいと思ったのですけれどもね。

アクアと比べてよくよく考えてみると今の保守派ユーザーがあの形状を良しとするかといえば話は変わってくるでしょう。

トヨタハイブリッドシステムとホンダハイブリッドシステムで違いがあるので、一概にはどちらが性能が優れているかはいえないところではありますが、販売台数ではトヨタアクアが勝っている状況で、その差も納得できるといえるのかもしれません。

※2014年1月~12月まで新車販売台数はトヨタアクア233,209台に対してホンダフィットは202,838台と三万台ほどの差をつけられている。統計データの出典元は一般社団法人日本自動車販売協会連合会より

N-BOXは好調な売れ行き

デザイン・カラー|スタイリング|N-BOX|Honda
デザイン・カラー|スタイリング|N-BOX|Honda 出典:https://www.honda.co.jp/Nbox/webcatalog/styling/design/

やっぱりなのですが、N-BOXのフロントも「-H-」という感じです。

見た目も同じクラスのライバル車であるダイハツタントよりもスポーティーといいますか、派手な外観となっています。

ダイハツタントの販売台数には負けていますが、女性車ユーザーが選んでいることもあってあながち完全な負けというわけではなく、十分に売れているといえるでしょう。

※2014年4月から2015年3月までの1年間で新車販売台数はダイハツタントが214,867台に対してホンダN-BOXは188,922台となっています。

⇒一般社団法人 全国軽自動車協会連合会

フィットは低い評価でN-BOXが高い評価の理由

ホンダフィットはガソリン車も含めていることや、また今まで一定の支持を得ていたにも関わらず、トヨタアクアに負けてしまったことによります。

対して、N-BOXは後発で参入したことと、全高が高い軽自動車は実質的なライバル車がダイハツタント以外にもスズキスペーシアであったり、日産デイズルークスと大変厳しい市場であることを理由にしています。

同じような条件であっても、両者は前提から考えると多少異なる状況にあるため、このような扱いとなりました。

もちろん、読む方によって見方を変えていただいてかまいません。

スポーティーな見た目はスポーツカーでして欲しい

1024px-Honda_S2000_(AP1)_front
Tokumeigakarinoaoshima [CC0], via Wikimedia Commons
これがフィットからアクアへ、ホンダからトヨタにユーザーが移ってしまった原因でしょう。

スポーツカーなら文句はないのに何でファミリーカーやコンパクトカーでこのような見た目にこだわるのかいささか不思議です。

ただし、軽自動車においてはその限りではないようです。

きっと軽自動車を買うユーザー層とそれ以外では異なるのでしょう。

ホンダ車がダサい:まとめ

この違いをうまく使い分けることが今後ホンダ車が市場で指示される条件なのではないかと思います。

ところで関係あるようで関係ないですが、パソコンのレッツノートのデザインはどうにかならないのか^^;話によると技術者に力があるからあのような形状らしいですが、ホンダ車もやはりそうなのでしょうか。

トヨタ車の場合には稟議書を通してダサいデザインに決定すると言われていますが、ホンダの場合も同様なのでしょうかね。

個性的過ぎるのも問題がありますが、個性が無さすぎるのも問題があるといえるのかもしれません。

無個性な車はつまらないこと、またすべて似たような顔つきの車なら、個性もなくなる。

これがホンダ車がダサい理由と結論付けますが、あなたはどう思いますか?