08006000600は年金支払いの案内・催促【折り返しは必要?】:サムネイル

08006000600の「発信元」「用件」「対処法」を調査しましたので応対に役立ててください。

08006000600はバックスグループ:日本年金機構委託業者

08006000600はバックスグループで日本年金機構委託業者による年金支払いの案内・催促です。

営業支援・販売促進・セールスプロモーションならバックスグループ
https://www.backs.co.jp/

会社名株式会社バックスグループ
設立平成元年4月14日
資本金423百万円
代表者代表取締役社長 岡田 努
従業員数
グループ合計 339名(社員・契約社員合計/令和2年3月末現在)
事業内容
  • 販売促進フィールドマーケティング
  • 公共案件の受託業務管理
  • WEBシステムの受託・開発・運用管理

※2020年11月26日現在の情報 バックスグループ会社概要より

08006000600の電話について「年金の支払いについて民間会社に委託なんてしてるの?詐欺とかでは?」という疑問がありますが、日本年金機構のホームページにおいて「国民年金保険料のご案内は、民間事業者に委託しています」と表明しています。

国民年金保険料のご案内は、民間事業者に委託しています|日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/shunoitaku/minkan-itaku/20150501.html

08006000600はバックスグループによって年金支払いの案内や催促を行っていますが、この番号で担当しているのは次の地区です。

  • 埼玉県
  • 東京都(一部)
  • 富山県
  • 石川県
  • 愛知県
  • 静岡県
  • 岐阜県
  • 三重県

以上のようにバックスグループは怪しい会社ではなく、正式に年金支払いについての案内を委託されている業者です。

08006000600の用件は年金未納の案内・督促

08006000600の用件は年金未納の案内や督促です。

ヤフー知恵袋においてベストアンサーでこのことが説明されています。

バックスグループという会社で日本年金機構から国民年金保険料の収納事業に係る業務を請け負っています。
ですから、振り込め詐欺とか、架空請求のようなものではありません。
状況によっては、バックスグループの職員が自宅に訪問してくる場合もあります。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13223919188

ヤフー知恵袋の答えでも分かるように、電話で確認が取れない場合にはバックスグループ職員が自宅に訪問してくる場合があります。

ただし、その場合においてもその場面で現金支払いを要求はしませんので注意してください。

業務委託に関するご注意

  • 委託事業者の訪問員が現金をお預かりすることはありません。
  • 民間事業者の担当者が、手数料を要求すること、金融機関やコンビニエンスストアにおいてATM操作をお願いすること、年金手帳や年金証書、通帳やキャッシュカード等をお預かりすることもありません。

(一部抜粋)

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/shunoitaku/minkan-itaku/20150501.html

つまり、バックスグループの職員による年金支払いの案内や催促は、支払いに対する案内はしても実質的に支払いをさせるということはないので、そのようなケースであれば詐欺の可能性があるということです。

08006000600は折り返し必要?

08006000600に折り返しは実質的に必要ありませんが、折り返し電話をしないことで困ることもあります。

実は恥ずかしながら私もこの番号から連絡を受けるような状況があり、すでに年金事務所と話しを付けていた場合にも掛かってきました。(もしかすると年金事務所と年金未納者リストのデータ共有がリアルタイムに行われていないのかもしれません。)

昼夜問わず一方的にかかってきます。迷惑であり、悪質です。着信拒否で全く問題ありません。年金未納があれば、年金機構から納付書が送付されます。その時に、対応すればいい話です。

https://www.telnavi.jp/phone/08006000600

上の方が言っているように、結局は国民年金機構に相談することになりますので、折り返しをする必要が実質的にないと言えます。

ただし、08006000600で確認が取れない場合は自宅まで訪問確認される場合があるので、年金事務所に相談できるなら折り返し電話をする必要はありませんが、家に来られて困る場合などでは折り返し電話をしておくことが望ましいでしょう。

なお、年金の相談については「ねんきんダイヤル:0570-05-1165」に電話すればよいのですが、ナビダイヤルであるために通話料固定契約をしていてもお金が掛かってしまうので注意が必要です。

そのため、近所の年金事務所に直接電話することをおすすめします。

年金事務所は以下の日本年金機構ホームページより最寄の年金事務所等を探すことが出来ます。

全国の相談・手続き窓口|日本年金機構
https://www.nenkin.go.jp/section/soudan/index.html

それでも年金関連の支払いにおいて身に覚えがないということなら、08006000600に折り返し電話をしても問題ありません。

08006000600を着信拒否して大丈夫か?

08006000600は着信拒否にしないほうが良いです。

ここまで説明したように、バックスグループでは年金未払い分を徴収するようなことがなく、年金支払いの案内や督促を行うのみになります。

そのため、このことを考えれば08006000600を着信拒否にしても大丈夫ではありますが、場合によっては家まで訪問されることを考えると、お互いのためにも着信拒否せずに応対するほうが望ましいと言えます。

また、一番困るのは手違いで何度も電話着信があるときに着信拒否にするか迷うところですが、もしかするとうっかり年金支払いに未払い期間がある場合などを考えると、念のため応対したほうが良いために、08006000600は着信拒否にしないほうが無難です。

08006000600の特徴的な口コミ

08006000600の特徴的な口コミは「相手が用件や団体名を先に名乗らないため不審」「手違いで電話が掛かってくる」というものでした。

年金未納があるという連絡でした。他の人に誤って年金の個人情報を伝える事を防ぐため、要件の前に個人情報を聞かれました。それが嫌な方は年金事務所に直接問い合わせるのが一番安全で確実かと。

https://www.jpnumber.com/freedial/numberinfo_0800_600_0600.html

ちなみに日本年金機構ホームページにおいて「業務委託に関するご注意」において、先に事業者名と氏名を名乗ることになっていますので、上に挙げた口コミではその指針などに反していると言えます。

以下は日本年金機構ホームページにその記載がある部分の抜粋引用です。

業務委託に関するご注意

  • 民間事業者の担当者が国民年金保険料のご案内を行う際には、事業者名及び氏名を名乗ったうえで、お客様の本人確認をさせていただきます。
  • 民間事業者の訪問員がお客様のご自宅を伺う際は、必ず日本年金機構が発行した顔写真入りの身分証明書をお客様に提示させていただきます。

(一部抜粋)

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/shunoitaku/minkan-itaku/20150501.html

また、08006000600の電話についてもなぜか間違い電話もあるようです。

途中で私自身の体験のように、バックスグループが日本年金機構側のデータベースとのリアルタイム更新がされていない可能性もあるかもしれません。

もしかすると1年間前払いの案内やクレジットカード払いの案内で電話が掛かってきた可能性もあります。

08006000600の応対まとめ

08006000600の応対については、バックスグループから電話があった際には年金の未払いを今一度確認して、心当たりがある場合は早めに年金事務所などに相談をすることをおすすめします。

バックスグループにおいて、年金支払いの案内・督促は電話と郵便物、また自宅への訪問がありますので、それらが困るという方は折り返し電話をすることをおすすめします。

また、最終的にはバックスグループ内で年金支払いができるわけでなく、年金事務所などに相談することになりますが、電話での相談は「0570」のナビダイヤルについて通話料固定契約でも通話料が別途かかるので注意してください。

全国の年金事務所などを検索する日本年金機構のリンクをもう一度出しておきますね。

⇒日本年金機構ホームページ:全国の年金事務所などを検索

以上、08006000600の応対に役立ててください。