0120695003の「発信元」「用件」「対処法」を調査しましたので応対に役立ててください。

0120695003は関西電力

0120695003は関西電力【折り返し不要】:サムネイル

0120695003は関西電力です。

関西電力は主に関西地方の電力供給およびそれにそれに関連する事業を営む事業者です。

関西電力株式会社
https://www.kepco.co.jp/
会社名関西電力株式会社
設立年月日1951年5月1日
資本金4,893億円
売上高
2兆6,588億円(連結ベース:3兆1,842億円)
従業員数
18,141名
事業内容
電気事業、熱供給事業、電気通信事業、ガス供給事業 等


※2020年12月3日現在の情報 関西電力会社概要より

0120695003は関西電力からの電話といえばそうなのですが、実際にインフラ系の事業者は営業を外部に委託するケースがあり、今回もそのケースに該当する可能性があります。

関西電力の下請けから勧誘電話。オペレーターに名前を言われる。関西電力は個人を下請けに開示しているのか。

https://denwam.com/tel/0120695003

このようなケースでは営業委託先が分かるケースとそうでないケースがあり、今回は調査しても営業委託業者が分かりませんでした。

そして営業委託している場合は特に、営業手法などが問題になるケースがあります。

0120695003の用件はプラン変更営業

0120695003の用件はプラン変更営業です。

近年のガス・電気自由化に伴いまして営業を行っている状況です。

良くあるのが新興企業が営業するというよりも、現在契約している業者が改めて再契約する状況が多く、今回もそのケースに該当します。

やはり、電気やガス自由化は今まで安泰だったインフラ事業者に対して望ましい状況ではないことが分かりますね。

0120695003は折り返し必要?

0120695003に折り返しは基本的に不要です。

0120695003に折り返しが必要な方は関西電力と現在何か取り組み中の場合や、電気契約について少しでも節約したいなどの思惑がある場合です。

ただし、電気の契約は変更したら料金が思いのほか高くなってしまった!というケースもありますので、電話口で「では契約します!」と決められるものではありません。

そのため、0120695003に電話をして案内を聞くとしても資料を送ってもらったうえで比較検討するのが望ましいです。

0120695003を着信拒否して大丈夫か?

0120695003を着信拒否しても問題ありません。

また、0120695003を着信拒否しても不在着信に残りますので、それが不快である場合には電話に出て断るのがおすすめです。

関電の電気とガスを纏めるセット商品の電話セールスでした。私がau経由で関電にまとめましたのでました、というと直ぐに退き、名前確認のあと連絡しないようにしますねと言って終了。こちらの情報をリアルタイムで追えてるわけではないようなので完全に断りたいならこの手は使えるかもです。

https://www.jpnumber.com/freedial/numberinfo_0120_695_003.html

ちなみに私も電話営業をさっさと断るときには「実は同業者」ということを言って断ります。

0120695003の特徴的な口コミ

0120695003の特徴的な口コミは「営業がしつこい」ということです。

下の方は別の業者に変えたという状況で、何もそこまでしなくても…と思いますが、それぐらいしつこい営業だったのかもしれません。

ガスとのセット割営業
かなりしつこいおばさん
鬱陶しいから営業しない大ガスに変更
セルフ営業妨害をしている

https://www.telnavi.jp/phone/0120695003

個人的に電話で料金の説明をされるのは比較できないのであまり有用ではない反面、電話口の方はマニュアルで料金比較を言うように言われているので、両者の思惑がかみ合わずにただ労力がかかるだけという状況があります。

どうせなら資料を送ってくれれば検討の余地もあるわけですが、営業委託されている業者次第では電話口で済ませなければいけない事情もあるのかもしれません。

また、資料を比較して決めると業者にとって利益が取れない状況になりやすいので、そういった方以外に営業したいという思惑があるかもしれませんね。

いずれにしても電気の契約などは電話で話をしただけですぐ決めるものではないので、本当に成約を取りたいなら資料ぐらい送って欲しいものです。

0120695003の応対まとめ

0120695003の応対については基本的に電話に出たり折り返し電話をする必要はありません。

反面、電気の契約について見直したいというタイミングの方は取り合っても良いでしょう。

多くの方にとって電気自由化になったからすぐに電気契約をかえよう!とはならず、まだ契約の自由化も始まったばかりなので少し様子を見てから決めるというのもありだと判断しています。

突然電気供給が止まるということは今の日本ではほぼありませんが、思いのほか料金が高くなったり、契約の縛り期間があったりするなど面倒ごとに巻き込まれる可能性もありますので、慎重に決めたいところです。

以上、0120695003の応対に役立ててください。