0120200715(0120-200-715)の概要一覧表
発信元イントラスト
用件家賃未払いの確認・督促
折り返し電話必要
着信拒否望ましくない

0120200715の「発信元」「用件」「電話を無視していると起こること」を調査しました。

以下のように、0120200715から電話を受けてからおおむね「3ヶ月で賃貸借契約の解除」「6ヶ月で強制執行で立ち退き」となる可能性がありますので、何が起こって何が出来るのかを参考にしてください。

強制執行による立ち退き前の確約書
0120200715の督促段階で回避したい!私の一家が受けた強制執行前の確約書

コツコツ返済するのに疲れた人の「借金減額診断」
終わらない「借金地獄」は利息が理由で、利息をカットするだけでも支払いが大きく減ることを知っていますか?

債務が約137万円減った画像1
弁護士の先生からいただいた借金減額成功の報告書

私の身内は、「総借金額は4,578,289円から3,204,455円」に減り、「月の支払い額は10万円から5万円台」と無理なく払える額に減らせて、さらに督促も止まりました。

とはいえ、いきなり「借金減額ができます!」と言われても困ると思いますので目安を計算しました。

借金300万円を自力で返済なら何年?【結婚前にしたい任意整理シミュレーション】
借金300万円で利息カットをした場合の例

あくまでシミュレーションの結果に過ぎませんが、借金減額の目安に役立ててください。

借金額節約可能な利息額完済期間短縮
借金100万円301674円9ヶ月短縮
借金150万円536686円13ヶ月短縮
借金200万円789895円16ヶ月短縮
借金250万円1053447円17ヶ月短縮
借金300万円1323461円19ヶ月短縮
借金350万円1597812円20ヶ月短縮
借金400万円1875182円20ヶ月短縮
借金500万円2436013円22ヶ月短縮
借金600万円3001986円22ヶ月短縮

※シミュレーション方法:「元利均等返済」「月間返済金額はリボ払い等の設定を参考にそれぞれ決定」「利率15%」で計算

詳細は以下のページで見ることが出来ますので、借金減額に興味があればあわせて確認してください。

⇒借金100万円:減額試算を見る

⇒借金150万円:減額試算を見る

⇒借金200万円:減額試算を見る

⇒借金250万円:減額試算を見る

⇒借金300万円:減額試算を見る

⇒借金350万円:減額試算を見る

⇒借金400万円:減額試算を見る

⇒借金500万円:減額試算を見る

⇒借金600万円:減額試算を見る

なお、今すぐ借金減額をしたい方は「電話番号だけの匿名」でスマホからプラン診断が出来るので借金問題の解決に役立ててください。

借金の減額プランをチャット診断依頼する【24時間受付・無料】

adv600_350※弁護士に債務整理を依頼する場合は弁護士との直接面談が必要です

0120200715はイントラスト

0120200715はイントラスト

0120200715は「イントラスト」です。

イントラストは国土交通省のPDFから登録がされていることを確認できる家賃保証会社です。

登録家賃債務保証業者一覧:イントラスト
https://www.mlit.go.jp/common/001222806.pdf

以下はイントラストの事業者情報です。

総合保証サービス 株式会社イントラスト
https://www.entrust-inc.jp/
会社名株式会社イントラスト
設立2006年3月
資本金10億44百万円
上場市場
東京証券取引所市場第一部【証券コード7191】
代表取締役社長 執行役員
桑原 豊
事業内容
【保証事業】
・家賃債務保証
・医療費用保証
・介護費用保証
・養育費保証
【ソリューション事業】
・C&Oサービス
・Doc-onサービス
・保険デスクサービス


※2021年2月6日現在の情報 イントラスト会社概要より

0120200715はイントラストからの電話で、国土交通省で確認できる事業者なのである程度安心して電話に出ることが出来ます。

ただ気になるのはイントラストが保証会社であるということです。

保証会社から不本意に掛かってくる電話は何かしらのトラブルである可能性が高く、もしかすると家賃に関連した用件なのかもしれません。

0120200715の用件は家賃未払いの督促

0120200715の用件は家賃未払いの督促です。

家賃滞納3カ月。1日置きに部屋まで来て、今日は昼間と20時過ぎに来ました。

https://www.jpnumber.com/freedial/numberinfo_0120_200_715.html

0120200715による電話の督促から、強制退去までおおむね支払い期日の翌日から6ヶ月ほどで行われます。(早ければ3ヶ月で強制退去になる可能性あり)

強制退去を執行できるように、裁判で勝訴するための客観的証拠をそろえていくことを0120200715の督促からすぐか3ヶ月ほどかけて行われます。

そのため、0120200715の督促より強制退去までのスケジュールが着々と進んでいますので注意が必要です。

うっかり督促を受けた場合はすぐ不動産管理会社へ連絡!

引き落とし口座残高不足などで0120200715から連絡を受けているならば、出来る限り早く不動産管理会社へ支払い期日相談などをするようにしてください。

強制退去の条件として「支払いの意思がないこと」「貸主の賃借主の信頼関係が壊れていること」を満たす必要があるからです。

また、未払い家賃を払えたとしても「以後一度でも家賃滞納した場合は建物を明け渡す」など確約書に署名を求められる可能性があるので、実質的な信頼関係が壊れないようにするためにも必要なことです。

0120200715の督促から強制退去までのスケジュール目安

一般的な強制退去までのスケジュールの目安
支払い期日からの月数内容
翌日遅延損害金が発生
数日後~1ヶ月ぐらいまで代位弁済により「異動(いわゆるブラック)」登録
支払期日~1ヶ月携帯⇒自宅⇒職場⇒(連帯)保証人に電話・郵便物で督促
1ヶ月目前後まで訪問による督促
1ヶ月~3ヶ月配達証明付督促状・内容証明郵便による契約解除通知
3ヶ月~契約解除・明け渡し請求訴訟
3ヶ月~6ヶ月前後まで強制退去の執行

0120200715の督促から注意したいのは以下の3つです。

  • 翌日以降「異動(いわゆるブラック)情報登録」
  • 1ヶ月前後「配達証明・内容証明郵便による裁判準備」
  • 3ヶ月前後「契約の解除」

イントラストは、あなたの支払う家賃について家賃保証会社が肩代わりしているので、その分の支払い督促を行っていますが、それにあわせて注意したいのは強制退去とこれを防ぐ最善ラインを知っておくべきです。

中でも重要なのは0120200715の督促からおおむね3ヶ月前後にある契約の解除で、これが行われると任意整理などで柔軟に法的な解決を行う余地が小さくなります。

この点で、0120200715から督促を受けた場合に支払い期日から「1ヶ月までに金策や(連帯)保証人に相談して支払う」、もしくは「2ヶ月目には法的な解決を検討」を判断ラインにしてください。

翌日から発生する遅延損害金とは

0120200715から督促を受けている場合は遅延損害金が発生している可能性が高いです。

遅延損害金は契約書に記載が無い場合には「年5%の法定利率(賃貸業者は年6%)」、契約書に記載がある場合は「年14.6%を上限の約定利率」に追加で請求されます。

信用情報機関に「異動」登録されるとは

イントラストが代位弁済を行った場合には信用情報機関に「異動」と登録されることにより、いわゆる信用審査におけるブラック扱いされます。

これは信用情報開示報告書の「<<お支払いの状況>>26.返済状況」に「異動」と記録され、機関によって違いはありますが債務完済などから5年間記録されてしまいます。

電話・郵便物による督促

0120200715による督促電話は本人に連絡が取れるまで「携帯⇒自宅・職場」と行われますので、未払いが同居人や職場に未払いがばれる可能性があります。

本来は、利用者以外に対して債務に関する用事で連絡をすることは「正当な理由」がなければ出来ませんが、利用者と連絡が取れない状況は安否確認もかねて他者に連絡できる「正当な理由」になります。

また、イントラストによる督促は郵便物も使われるため、家族など同居人に未払い状況がばれる可能性があります。

訪問による督促が行われる

イントラストが訪問による督促を行うことで、同居人に未払いの状況がばれる可能性がありますので、これが困るなら0120200715の督促を受けた時点で対策する必要があります。

過去に行われていたような強引な取り立ては行われなくなりましたが、一方で金融系の業者ほど規制されていない点で現在でも荒い訪問督促が報道されています。

契約の解除から強制退去まで

一般的な強制退去までのスケジュールの目安
支払い期日からの月数内容
翌日遅延損害金が発生
数日後~1ヶ月ぐらいまで代位弁済により「異動(いわゆるブラック)」登録
支払期日~1ヶ月携帯⇒自宅⇒職場⇒(連帯)保証人に電話・郵便物で督促
1ヶ月目前後まで訪問による督促
1ヶ月~3ヶ月配達証明付督促状・内容証明郵便による契約解除通知
3ヶ月~契約解除・明け渡し請求訴訟
3ヶ月~6ヶ月前後まで強制退去の執行

ここまで月数で説明してきましたが、裁判スケジュールは月数だと分かりづらいので日数にしています。

賃貸借契約の解除から強制退去までは約3ヶ月のスケジュール目安です。

契約の解除後は物件の明け渡し訴訟が提訴される

借家人の権利が強い日本の法律では、明け渡し訴訟によって貸主側にとっての勝訴判決後に、最終的には強制退去の執行をする必要があります。

そのため、0120200715の督促電話から契約解除までの期間は明け渡し訴訟の客観的証拠を準備していたともいえます。

(貸主側にとっての)勝訴判決

裁判所によって明け渡し訴訟の判決がされますが貸主側にとって必ず勝訴判決になるとは限りません。

しかし、勝訴判決が得られるように客観的証拠を集めてきたわけですので、おおむね貸主勝訴になるか、もしくは和解調書が作成されるなど貸主側の思惑通りの状況に運びます。

強制退去の執行

自主的に建物を明け渡さない場合には、裁判所の執行官による強制退去が執行されます。

この際に家具などの動産についても運び出され、文字通り人も物も「明け渡し状態」になります。

遅くても0120200715の督促から1ヶ月で対策をする

0120200715の督促から契約解除までの3ヶ月が重要であり、結局住み続ける場合には不動産オーナーとの信頼関係を崩すわけにもいきません。

実際問題として、不動産オーナーとしても強制退去を行うには多くの費用と時間・手間が掛かるために出来れば穏便に解決したいのが本望です。

あなたとしても、家賃滞納になってしまう原因が他に借金などの支払いである場合は、この支払いを小さくして家賃に充てることも十分に可能です。

以上の点から、「手遅れになる前に身内や保証人などに相談する」もしくは保証会社によってブラック登録されてしまった場合は法的な解決のデメリットも小さく、借入れも難しいので「借金と支払いの減額」を検討することをおすすめします。

借金減額に興味がある方の良くある質問

  • 「借金減額が出来るのはよく分かったけど、いまいち信用出来ない…」
  • 「うまい話にはどうせ何かあるに違いない…」
  • 「借金の理由で相談したら怒られそう…」
  • 「金が無いのに着手金なんて払えるわけないだろ!」
  • 「家族や職場にばれないの?」

借金減額をする前に気になる項目をよくある質問として簡単に回答しています。

もし、あなたが借金減額について興味はあるけど、いまいち納得出来ないから使うのをためらっているという場合は参考にしてください。

⇒借金減額に興味がある方の良くある質問集を見る