0364555198の概要一覧表
電話元弁護士法人マーシャルアーツ
用件支払いの催促
折り返し必要
着信拒否望ましくない

0364555198の「発信元」「用件」「対処法」を調査しましたので応対に役立ててください。

コツコツ返済するのに疲れた人の「借金減額診断」
終わらない「借金地獄」は利息が理由で、利息をカットするだけでも支払いが大きく減ることを知っていますか?

債務が約137万円減った画像1
弁護士の先生からいただいた借金減額成功の報告書

私の身内は、「総借金額は4,578,289円から3,204,455円」に減り、「月の支払い額は10万円から5万円台」と無理なく払える額に減らせて、さらに督促も止まりました。

とはいえ、いきなり「借金減額ができます!」と言われても困ると思いますので目安を計算しました。

借金300万円を自力で返済なら何年?【結婚前にしたい任意整理シミュレーション】
借金300万円で利息カットをした場合の例

あくまでシミュレーションの結果に過ぎませんが、借金減額の目安に役立ててください。

借金額節約可能な利息額完済期間短縮
借金100万円301674円9ヶ月短縮
借金150万円536686円13ヶ月短縮
借金200万円789895円16ヶ月短縮
借金250万円1053447円17ヶ月短縮
借金300万円1323461円19ヶ月短縮
借金350万円1597812円20ヶ月短縮
借金400万円1875182円20ヶ月短縮
借金500万円2436013円22ヶ月短縮
借金600万円3001986円22ヶ月短縮

※シミュレーション方法:「元利均等返済」「月間返済金額はリボ払い等の設定を参考にそれぞれ決定」「利率15%」で計算

詳細は以下のページで見ることが出来ますので、借金減額に興味があればあわせて確認してください。

⇒借金100万円:減額試算を見る

⇒借金150万円:減額試算を見る

⇒借金200万円:減額試算を見る

⇒借金250万円:減額試算を見る

⇒借金300万円:減額試算を見る

⇒借金350万円:減額試算を見る

⇒借金400万円:減額試算を見る

⇒借金500万円:減額試算を見る

⇒借金600万円:減額試算を見る

なお、今すぐ借金減額をしたい方は「電話番号だけの匿名」でスマホからプラン診断が出来るので借金問題の解決に役立ててください。

借金の減額プランをチャット診断依頼する【24時間受付・無料】

adv600_350※弁護士に債務整理を依頼する場合は弁護士との直接面談が必要です

0364555198は弁護士法人マーシャルアーツ

0364555198は弁護士法人マーシャルアーツ

0364555198は「弁護士法人マーシャルアーツ」です。

0364555198については弁護士法人マーシャルアーツの以下のホームページ内「当法人の連絡先電話番号」で発見することは出来ませんでした。

当法人の連絡先電話番号
https://www.martial-arts.jp/information/envelope.html

以下は、弁護士法人マーシャルアーツの事務所情報です。

闘う弁護士 マーシャルアーツ - 港区 赤坂 弁護士法人マーシャルアーツ
https://www.martial-arts.jp/
名称弁護士法人Martial Arts
開設日2009年(平成21年)3月18日
代表弁護士堀鉄平(57期)
取扱分野
  1. 各種契約書作成、人事労務、会社法案件等の企業法務
  2. 大企業のための少額債権回収
  3. 不動産、遺産相続、交通事故、借金問題、離婚問題等の一般民事事件
  4. 家族信託や相続税節税スキーム等を駆使した相続の事前対策
弁護士数9名
事務所スタッフ数90名


※2020年11月26日現在の情報 弁護士法人マーシャルアーツ事務所概要より

0364555198の電話番号については弁護士法人マーシャルアーツのホームページで確認することが出来ませんでしたが、口コミを見る限りでは問題なく弁護士法人マーシャルアーツのものだと判断しています。

ところで、普通に日常生活を送っていて弁護士法人から電話が掛かってくることは極めてまれです。

その点で0364555198の用件が非常に気になるところです。大きなトラブルでなければ良いのですが…

0364555198の用件は支払いの確認・督促

0364555198の用件は支払いの確認・督促です。

未払金の請求。覚えないから迷惑

https://www.telnavi.jp/phone/0364555198

0364555198では身に覚えがない請求という口コミが多い中、弁護士法人マーシャルアーツのホームページではこのことについて回答に近いものがありました。

心当たりが無い方によくあるケース

① 支払方法の勘違い

② 定期契約に関する勘違い

③ 通信販売に関する勘違い

(一部抜粋)

https://www.martial-arts.jp/information/kokoroatari.html

弁護士法人マーシャルアーツの肩をもつわけではないですが、上のページを拝見して私は丁寧な法人だと判断しています。(債権回収出来る相手と判断すればさっさと法的手続きを進めれば良いだけのため)

誤解であれば正直対応した分だけ面倒だと考えてしまいますが、基本的に「自らの潔白を証明するのは自分しかいません」ので、流れ弾にでも当たったと思って対応することをおすすめします。

なお、弁護士法人マーシャルアーツは支払いの確認や督促の用件で電話が掛かってきますが、そのまま放置していると差し押さえの危険があるので注意しなければいけません。

次に説明するのは弁護士法人マーシャルアーツの未払いを続けていると起こることを説明します。

弁護士法人マーシャルアーツの未払いで起こること

期限の利益喪失例
支払いが遅れるなどの条件で一括支払いを要求される

弁護士法人マーシャルアーツの未払いで起こることは、督促電話や督促状を受けることに始まり、最終的には裁判所から支払いの督促状を受けて、一括支払いを要求されます(期限の利益の喪失)。

期限の利益の喪失とは、ようするにあなたが「支払いを待ってもらう権利が無くなる」、もう少しかみ砕いていえば「弁護士法人マーシャルアーツが一括で残債を払うように要求出来る状態になる」ということです。

期限の利益の喪失とは
期限の利益の喪失とは、期限の利益によるメリットを失うことです。

期限の利益の放棄は、債権者が自らの意思でそのメリット失うことです。
一方、期限の利益の喪失は、一定の状態になったことでそのメリットを失うことです。

https://www.adire.jp/lega-life-lab/deadline-profit100/

上にある「一定の状態になったこと」というのは支払い期日に支払いが出来ないということで、弁護士法人マーシャルアーツはいつでも「残債を一括で払うように要求できる」状態にあるわけです。

この「弁護士法人マーシャルアーツはあなたにいつでも一括で支払いを要求できる」という状況をもって、あなたに連絡をしてくるわけですから、よく考えると「支払いを待ってくれている」ともいえますね。

督促電話・督促状を受ける

フロンティア債権回収株式会社から来た通知と封筒
債権回収会社から届いた郵送物

弁護士法人マーシャルアーツは未払い状態が確認されると督促電話や督促状が送られてきます。

現代の金融機関であれば昔のように脅すような書面は送られませんが、それでも多少インパクトのある封筒などで送られてくることがあります。

このような場合には同居人に対して未払いがばれてしまうというのは避けられないことです。

勤務先に連絡される

数ヶ月の間に連絡を取らず滞納が続くと、弁護士法人マーシャルアーツより勤務先に連絡をしてあなたの所在確認をされます。

これは、通常は借りたお金について第三者に対して連絡するのは禁止ですが、これは正当な事由がない場合に限ります。

つまりは正当な事由があれば、貸主は第三者に対して借主の所在を確認することが出来るというわけですね。

ここまでの話から分かるように、支払期日に支払いが行われないことは正当な事由になります。

遅延損害金が掛かる

遅延損害金の例
利率は年利20%に近いなど高利率

弁護士法人マーシャルアーツに対する支払いが期日に出来ない場合は遅延損害金として、高利率の支払い金が加算されていきます。

弁護士法人マーシャルアーツとしては当然この遅延損害金で利益を上げるつもりはなく、むしろさっさとお金を払って欲しいという意味でのペナルティー的なものでしかありません。

支払いが出来ないからといって対応を無視するということが愚かなことは遅延損害金が大きな理由です。

裁判所から支払督促状を受け一括支払い要求

支払督促異議申し立ての注意書
裁判所から督促状に「あなたの反論はないか」というもの

最終段階では、弁護士法人マーシャルアーツにより支払督促の申立てを裁判所に行い、裁判所から支払い督促状を受けて一括性払いを要求されます。

当然一括請求されたとしても払えないため、この時点で解決を考えても遅延損害金なども加わり問題が大きくなったあとです。

出来る限り早い段階で弁護士法人マーシャルアーツの問題について解決しておくことが重要です。

弁護士法人マーシャルアーツの問題の解決策

弁護士法人マーシャルアーツの問題解決には、お金を工面するか、法的解決をするかのいずれです。

また弁護士法人マーシャルアーツに相談するなど人的関係で状況悪化を維持することも出来ますが、これは問題解決までの時間稼ぎに過ぎません。

ただし、必ず弁護士法人マーシャルアーツには話を通しておくことをおすすめします。

弁護士法人マーシャルアーツに相談する

弁護士法人マーシャルアーツに相談することは時間稼ぎに過ぎませんが、それでも必ずやって欲しいことです。

逆に立場で考えるとわかると思いますが、誰かにお金を貸している場合に返済が遅れれば、借主がどうしているのかは大きな関心事です。

その点で、弁護士法人マーシャルアーツに対して返済が遅れているけど返済する意思があるのかは示すことが重要です。

不要品などを売る

不要品があれば売ることでお金を工面出来ます。

車や貴金属、高級ブランドの装飾品や衣料品など、お金に出来るものを換金していくことで、弁護士法人マーシャルアーツの問題解決を図ります。

一方で、すぐに換金出来ない場合や金額が少なくなりやすいのが不要品売却による金策の欠点でもあります。

親族などにお金を借りる

弁護士法人マーシャルアーツの問題解決で最も頼りたいのは親族からお金を借りることです。

「親族には頼れない」と考える方も多いですが、問題が大きくなってから相談に行くよりも早いほうが相手も困りません。

また、延滞金などが加算されている状況では刻一刻と不利な状況になっていきますので、頼れないと考えている方も有力な選択肢の一つとして考えておくべきです。

カードローン・消費者金融の利用

弁護士法人マーシャルアーツの問題解決で複合的に使って欲しいのはカードローンや消費者金融の利用です。

「支払いが出来ないのになんで借金なんだ?」と思いますが、これらは複合的な利用で使って欲しいのです。

つまり、不要品売却や親族などにお金を借りること、また給料やボーナスが入るまでの一時的な融資に使うという方法です。

「キャッシング」という言葉は「急な出費で、厳禁や口座への振り込みが必要になった際に役立ちます」とカード会社側でも一時的な利用を促しています。

以下はオリコカード「キャッシングとは」の引用です。

キャッシングとは、お手持ちのクレジットカードやカードローンを使って、コンビニや銀行のATMやインターネットなどからお金をお借入れできるサービスのことです。急な出費で、現金や口座への振込が必要になった際に役立ちます。

https://www.orico.co.jp/service/knowledge/cashing/#:~:text=キャッシングとは、お手持ち,た際に役立ちます。

以上のように、カードローンや消費者金融はお金が入るあてが作れた場合に複合的に利用することが重要です。

弁護士・司法書士に相談する

債務が約137万円減った画像1
債務が約137万円減った画像

弁護士法人マーシャルアーツの問題解決で、ここまでの方法を検討してもうまくいかない場合には、弁護士や司法書士に債務整理の相談することで問題解決を図ります。

債務整理といえば「弁護士に説教されるのでは無いか?」など考える方も少なくありませんが、彼らもビジネスでやっているのでそんなことは基本的にしません。

債務整理は任意整理、個人再生、自己破産とありますが、多くの場合には任意整理によって問題を解決することになります。

借金減額に興味がある方の良くある質問

  • 「借金減額が出来るのはよく分かったけど、いまいち信用出来ない…」
  • 「うまい話にはどうせ何かあるに違いない…」
  • 「借金の理由で相談したら怒られそう…」
  • 「金が無いのに着手金なんて払えるわけないだろ!」
  • 「家族や職場にばれないの?」

借金減額をする前に気になる項目をよくある質問として簡単に回答しています。

もし、あなたが借金減額について興味はあるけど、いまいち納得出来ないから使うのをためらっているという場合は参考にしてください。

⇒借金減額に興味がある方の良くある質問集を見る