0453459015(04-5345-9015)の概要一覧表
発信元イオンクレジット
用件支払いの確認・督促
折り返し電話必要
着信拒否望ましくない

0453459015の「発信元」「用件」「電話を無視していると起こること」を調査しました。

以下のように、最終的にイオンクレジットより支払期日からおおむね3ヶ月半で強制執行による差し押さえを受ける可能性があるので、何が起こって何が出来るのかを参考にしてください。

なお、こちらではカード発行元と判断しているイオン銀行の情報に基づいて説明を行っています。

裁判所から来る差し押さえ前の「注意書」
裁判所から来る支払督促「注意書」:0453459015の着信で知っておきたい約3ヶ月半後の差し押さえ

コツコツ返済するのに疲れた人の「借金減額診断」
終わらない「借金地獄」は利息が理由で、利息をカットするだけでも支払いが大きく減ることを知っていますか?

債務が約137万円減った画像1
弁護士の先生からいただいた借金減額成功の報告書

私の身内は、「総借金額は4,578,289円から3,204,455円」に減り、「月の支払い額は10万円から5万円台」と無理なく払える額に減らせて、さらに督促も止まりました。

とはいえ、いきなり「借金減額ができます!」と言われても困ると思いますので目安を計算しました。

借金300万円を自力で返済なら何年?【結婚前にしたい任意整理シミュレーション】
借金300万円で利息カットをした場合の例

あくまでシミュレーションの結果に過ぎませんが、借金減額の目安に役立ててください。

借金額節約可能な利息額完済期間短縮
借金100万円301674円9ヶ月短縮
借金150万円536686円13ヶ月短縮
借金200万円789895円16ヶ月短縮
借金250万円1053447円17ヶ月短縮
借金300万円1323461円19ヶ月短縮
借金350万円1597812円20ヶ月短縮
借金400万円1875182円20ヶ月短縮
借金500万円2436013円22ヶ月短縮
借金600万円3001986円22ヶ月短縮

※シミュレーション方法:「元利均等返済」「月間返済金額はリボ払い等の設定を参考にそれぞれ決定」「利率15%」で計算

詳細は以下のページで見ることが出来ますので、借金減額に興味があればあわせて確認してください。

⇒借金100万円:減額試算を見る

⇒借金150万円:減額試算を見る

⇒借金200万円:減額試算を見る

⇒借金250万円:減額試算を見る

⇒借金300万円:減額試算を見る

⇒借金350万円:減額試算を見る

⇒借金400万円:減額試算を見る

⇒借金500万円:減額試算を見る

⇒借金600万円:減額試算を見る

なお、今すぐ借金減額をしたい方は「電話番号だけの匿名」でスマホからプラン診断が出来るので借金問題の解決に役立ててください。

借金の減額プランをチャット診断依頼する【24時間受付・無料】

adv600_350※弁護士に債務整理を依頼する場合は弁護士との直接面談が必要です

0453459015はイオンクレジット

0453459015はイオンクレジット

0453459015は「イオンクレジット」です。

イオンクレジットは金融庁のPDF「銀行代理業者許可一覧」で認可されている事業者です。

関東財務局長
(銀代)第206号
平成25年3月19日 イオンクレジットサービス株式会社 2040001079268 101-8445 東京都千代田区神田錦町1-1 03-5281-2030 法人 株式会社イオン銀行
平成25年4月1日より
金融庁所管

https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/dairi_a.pdf

以下はイオンクレジットの事業者情報です。

イオンクレジットサービス株式会社
https://www.aeoncredit.co.jp/
社名イオンクレジットサービス株式会社
設立2012年11月29日
資本金5億円
TEL
代表03-5281-2030 (平日10:00~17:00 ※土日祝日を除きます)
代表者
齋藤?達也
事業概要
クレジットカード事業、決済サービス・プロセッシング事業


※2021年2月6日現在の情報 イオンクレジット会社概要より

0453459015はイオンクレジットからの電話で、金融庁に認められた事業者なのである程度は安心して電話をすることが出来ます。

ただ気になるのは0453459015の用件です。

なぜクレジット事業者が個人に対して電話をしてくるのでしょうか?

0453459015の用件が心配です。

0453459015の用件は支払いの確認・督促

0453459015の用件は支払いの確認・督促です。

しつこすぎて超イライラするわ。

https://www.telnavi.jp/phone/0453459015

0453459015による電話の督促から、差し押さえまではおおむね支払い期日の翌日から3ヶ月半ほどで行われます。

あわせて現在、0453459015より督促があることは差し押さえまでのスケジュールが着々と進んでいますので注意が必要です。

うっかり督促を受けた場合はすぐ0453459015へ連絡!

引き落とし口座残高不足などで0453459015から連絡を受けているならば、出来る限り早くイオンクレジットへ支払い期日相談などをするようにしてください。

注意したいのは数日の支払い遅れでも信用情報に「金融事故」として登録されてしまう可能性があるからです。

以下はイオン銀行のよくあるご質問「カードローンの返済はどうすればいいですか?」ページの引用です。

※ 引落されなかった際はコールセンターへお問合せください。
◇イオン銀行コールセンター ローン専用ダイヤル
0120-48-1258 9:00~18:00 年中無休

https://faq.aeonbank.co.jp/faq_detail.html?id=133&category=1489&page=1

他のカードなどに比べるとずいぶんあっさりとした説明ですが、引き落としが出来なかった場合はコールセンターに連絡するように指示があります。

以下はイオンクレジットの連絡先です。0453459015に折り返すか下の連絡先を使ってください。

引き落とし出来なかった場合の問い合わせ先電話番号
イオン銀行コールセンター ローン専用ダイヤル0120-48-1258 9:00~18:00 年中無休

0453459015の督促から差し押さえまでのスケジュール目安

差し押さえまでのスケジュール目安
支払い期日からの日数内容
翌日遅延損害金が発生
数日後(金融機関によって差あり)信用情報機関に「遅延(A・P)」が記録
1日目~30日携帯⇒自宅⇒職場に電話・郵便物で督促
31日~60日訪問による督促
61日信用情報機関に「異動(いわゆるブラック)」が記録
61日~全額一括支払いの請求
91日~裁判所から差し押さえ予告が通知
105日~強制執行による差し押さえ

0453459015の督促から注意したいのは以下の3つです。

  • 1日~60日「電話・郵便物による督促」
  • 61日「異動(いわゆるブラック)情報登録」
  • おおむね100日以降の「強制執行による差し押さえ」

イオンクレジットによって強制執行による差し押さえが行われた場合、任意整理で柔軟に法的な解決を行う余地がなくなります。

この点で、0453459015から督促を受けた場合に支払い期日から「60日までに金策で支払いする」、もしくは「90日までに法的手続きを検討する」を判断ラインにしてください。

翌日から発生する遅延損害金とは

0453459015から督促を受けている場合は遅延損害金が発生している可能性が高いです。

第26条(遅延損害金)
本人会員が、ショッピング利用代金の支払いを遅滞したときは、
支払日の翌日から支払済の日に至るまで当該支払金に対し、年
14.6%を乗じた額の遅延損害金を支払うものとします。

第32条(遅延損害金)
本人会員が、キャッシング利用代金の返済を遅滞した場合は、支払
日の翌日から支払済の日に至るまで当該返済金の元金部分に対
し、また期限の利益を喪失したときは、期限の利益喪失の日から完
済の日に至るまで残存債務の元金部分に対し、年20.0%(1年を
365日とする日割計算。

https://www.aeon.co.jp/-/media/AeonCard/terms/k_enexco.pdf

遅延損害金は利率よりも高く設定されている場合がほとんどで、放置するとさらに厳しい状況になってしまうため注意しなければいけません。

信用情報機関に「遅延」が記録される

信用情報開示報告書に記録される入金状況の記号
記号記号の意味
入金(正常)
入金(一部のみ)
入金(利用者以外)
未入金(利用者都合)
未入金(利用者都合以外)
未入金(理由不明)
請求なし
空欄記録なし

※月ごとに2年間(24ヶ月分)記入される

お客さまの個人情報(当該各機関の会員によって登録される契約内容、返済状況等の情報のほか、当該各機関により登録される不渡情報、破産等の官報情報等を含む)が当行の加盟する個人信用情報機関および同機関と提携する個人信用情報機関に登録されている場合には、当行がそれを与信取引上の判断(借入金返済能力または転居先の調査をいう。ただし、銀行法施行規則第13条の6の6により、借入金返済能力に関する情報については借入金返済能力の調査の目的に限る。以下同じ)のために利用すること

https://www.aeonbank.co.jp/privacy/rule/#anch-04

0453459015から督促を受けた場合にすぐ対応したいのは信用情報機関に支払遅延(A・P)が記録されるためで、ローンは当然として住居賃貸やネット取引など生活全般で不利益を被る可能性があります。

支払いの遅延記録は2年分の一覧表なので、不利なクレジットヒストリーから2年経過で情報が消去されますが、イオンクレジットでは半永久的に記録される可能性があります。

電話・郵便物による督促

0453459015による督促電話は本人に連絡が取れるまで「携帯⇒自宅・職場」と行われますので、未払いが同居人や職場に未払いがばれる可能性があります。

本来は、利用者以外に対して債務に関する用事で連絡をすることは「正当な理由」がなければ出来ませんが、利用者と連絡が取れない状況は安否確認もかねて他者に連絡できる「正当な理由」になります。

また、イオンクレジットによる督促は郵便物も使われるため、家族など同居人に未払い状況がばれる可能性があります。

訪問による督促が行われる

イオンクレジットが訪問による督促を行うことで、同居人に未払いの状況がばれる可能性がありますので、これが困るなら0453459015の督促を受けた時点で対策する必要があります。

一方で、過去に行われていたような強引な取り立ては現在ほとんどの事業者は行いません。

信用情報機関に「異動」が記録とは

0453459015の督促を受けて、支払期日から61日目以降は信用情報機関に「異動」と登録されることにより、いわゆる信用審査におけるブラック扱いされます。

[全国銀行個人信用情報センターの登録情報と登録期間]

登録情報登録期間
氏名、生年月日、性別、住所、電話番号、勤務先等の本人情報下記の情報のいずれかが登録されている期間
借入金額、借入日、最終返済日等の契約の内容およびその返済状況(延滞、代位弁済、強制回収手続、解約、完済等の事実を含む)契約期間中および契約終了日(完済していない場合は完済日)から5年を超えない期間

[㈱シー・アイ・シーと㈱日本信用情報機構の個人情報の登録項目と登録期間]

社名
項目㈱シー・アイ・シー㈱日本信用情報機構
①契約に係わる申込みをした事実当行が当該個人信用情報機関に照会した日から6か月間当該申込日から6か月を超えない期間
②契約に係わる客観的な取引事実契約期間中及び契約終了後
5年以内
契約継続中および完済日から5年を超えない期間(ただし、債権譲渡の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)
③債務の支払を延滞した事実契約期間中及び契約終了後
5年間
当該事実の発生日から5年を超えない期間(ただし、延滞情報については延滞継続中、延滞解消の事実に係る情報については当該事実の発生日から1年を超えない期間)

https://www.aeonbank.co.jp/privacy/rule/#anch-04

これは信用情報開示報告書の「<<お支払いの状況>>26.返済状況」に「異動」と記録され、機関によって違いはありますが債務完済などから5年間記録されてしまいます。

全額一括支払いの請求がされる

0453459015の督促を受けて、イオンクレジットの支払期日よりおおむね61日以降は支払いについて全額一括支払いの請求がされます。

❶本人会員は、次のいずれかの事由に該当した場合は、本規約に
基づく一切の債務について当然に期限の利益を失い、直ちに当
行に対する未払債務をお支払いいただきます。
ただし、㋑の場合
において、当行が信用に関しないと認め通知したときは、期限の
利益は失われないものとします。

㋑支払日にカード利用による支払金を1回でも遅延したとき。た
だし、第24条に定める二回払い、ボーナス一括払い、ボーナス
二回払い、分割払いの分割支払金、またはリボルビング払いの
弁済金については支払いを遅延し、当行から20日以上の相当
な期間を定めてその支払いを書面で催告されたにもかかわら
ず、その期間内に支払わなかったとき

https://www.aeon.co.jp/-/media/AeonCard/terms/k_enexco.pdf

実はイオンクレジットとの契約書で「期限の利益喪失(一括支払いしなくて良いという権利が無くなること)」について同意しています。

裁判所から差し押さえ予告の通知を受ける

0453459015の督促を受けて、イオンクレジットの支払期日から91日以降は裁判所からの差し押さえ予告の通知を受けます。

イオンクレジットの問題について法的な解決を考えている場合は面談など時間が掛かります。出来ることなら差し押さえ予告を受ける前に問題を解決に動き出すようにしてください。

強制執行による差し押さえ

最終的に0453459015の督促を受けて100日超ほどで、また裁判所からの差し押さえ予告からおおむね2週間ほどで、強制執行による差し押さえが行われます。

家や車などの財産はもちろん、給料やボーナス、銀行口座、退職金など差し押さえされてしまいます。

この段階になると任意整理で良い選択肢を選んで解決出来なくなるので、法的解決を検討している場合は差し押さえをされる前に準備してください。

借金減額に興味がある方の良くある質問

  • 「借金減額が出来るのはよく分かったけど、いまいち信用出来ない…」
  • 「うまい話にはどうせ何かあるに違いない…」
  • 「借金の理由で相談したら怒られそう…」
  • 「金が無いのに着手金なんて払えるわけないだろ!」
  • 「家族や職場にばれないの?」

借金減額をする前に気になる項目をよくある質問として簡単に回答しています。

もし、あなたが借金減額について興味はあるけど、いまいち納得出来ないから使うのをためらっているという場合は参考にしてください。

⇒借金減額に興味がある方の良くある質問集を見る