エコカー減税はいつまで?:サムネイル

エコカー減税:2019年10月以降の変更
  • 消費増税によって自動車取得税廃止により、この区分のエコカー減税は終了
  • 自動車重量税は2021年4月30日まで延長

2019年はエコカー減税が大きく変わった年です。

消費増税に伴い、かねてより消費税と似た名目として徴税していた自動車取得税が廃止になりました。

そして環境性能が高い車への優遇措置として自動車取得税の軽減をエコカー減税が行っていましたが、自動車取得税廃止に伴い、自動車取得税に対応するエコカー減税も終了しています。

あわせて環境性能割が導入されて、自動車取得税とこれに対応するエコカー減税が一本化した形となりました。

このような状況でエコカー減税の適用な「自動車重量税のみ」となりましたが、その期間がいつまでなのか?また終了期間と延長はどのようになっているのかを簡単に確認していきましょう。

買う前に知りたい
業者が保証を付けたがらない理由

セツコ

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。

「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。

逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。

またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。

もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

エコカー減税はいつまで?終了と延長

エコカー減税については今年もしっかりと延長しました。

また、ニュースとして自動車取得税が終了したことに伴い、自動車取得税のエコカー減税も終了しています。

エコカー減税の期間はいつまで?
  • 自動車取得税:2019年9月30日で終了
  • 自動車重量税:2019年5月1日から2021年4月30日

参考:国土交通省「エコカー減税 (自動車重量税・自動車取得税) の概要」国土交通省「環境性能割の概要」

自動車取得税の廃止に伴って、新たに環境性能割が導入されますが、こちらはエコカー減税とは関係なく、独立した減税施策となります。

エコカー減税の適用時期と減税タイミング

意外に知られていないことで、よくよく考えると気になるのがエコカー減税などの適用されるタイミングではありませんか?

前の期間を説明している段落でも少し話しましたが、次のタイミングで課税されて、さらに減税されるという状況になります。

なお、自動車に関連する税金を併記していますが、エコカー減税の対象は「自動車重量税のみ」です。

税金種類適用時期減税タイミング
自動車重量税自動車の車検を行うとき車検時(免除なら2回目も適用)
自動車税自動車を登録するとき翌年度の課税

自動車税だけ、期間が離れている点に注意が必要でしょう。

ちなみになぜこのように自動車税だけ翌年度の課税なのかといえば、自動車税は月割計算ですからせっかく減税されても月割計算された分に対して減額してももったいないですよね?

そのため、1年満額で減税できる翌年度の課税時に減税を行うという運びになっているものと思われます。

エコカー減税適用と納期に注意!

エコカー減税は年々厳しくなるわけですが、それならば適用期間ぎりぎりに滑り込みで買うのがよさそうですね。

しかしながらこれは減税での話しであり、値引きを考えるとそれほど得ではありません。

というのも、販売店としては販売促進のために値引きを行うのであって、善意で行っているわけではないのです。

わざわざ販売促進をしなくても車が売れるときに、わざわざ利益を削ってまで値引きをする必要はありません。

このことから誰もが車を購入する理由があるときに車を購入すると割高になってしまう、言い方を変えると値引きが引き出せない可能性があります。

そのため、車をできる限り値引きをして買いたいと考えている方は、エコカー減税適用のぎりぎりよりもそれよりも前に購入する必要がありますので、気をつけてくださいね。

逆の発想ではありますが、減税が更新されたときには駆け込み需要の影響で売れ行きが落ち込むことがあるので、このときには値引きが引き出しやすくなっている点も注目です。

減税と値引きはどちらがよいかというのは一概には言えませんが、極端な例でなければ実はそれほど変わらないことも多く、引く手あまたは実はそれほどでもないというのは世の常ですね^^;

また、納期も気にしなければいけませんので、車を安く買おうと考えているならばできる限り早くから動くことが得策です。

コラム:エコカー減税の抜け穴

エコカー減税は車体の重量に対応した燃費を達成しているかどうかによって、適用の可否が決定します。

ということは、グレードやオプションで重量の調整をすれば・・・

実はこれをディーラー主導で行っているという情報もあります。

ディーラーにおいては、高価なオプションをつけた分においてエコカー減税が適用されない車が適用されるようになり、そのオプション分が浮くということをセールスポイントにしているようです。

このことでわかることは、思ったよりも車販売関連はあなたの味方をしてくれるということです。

販売している人間は多くの随時更新される情報を持っていますので積極的に協力してもらって、少しでも得できるようにしましょう。

次の日産ホームページのエクストレイルカタログ、自動車重量税の金額について2WDと4WDで見比べてみてください。

4WDのほうが車体重量が重いので、減税額が大きくなっていることが分かると思います。

⇒日産ホームページ エクストレイルカタログ

オプションを追加すると減税される例

エコカー減税は常に変わっていく制度ですから、そのときの制度に合致していない可能性があります。

詳しくは販売店に「オプションやグレードによってエコカー減税が変わるかどうか」を聞けば詳しく教えてくれますので、ディーラーの人間に買う車種について質問してみてください。

  • 日産エクストレイルに大型電動ガラスサンルーフ
  • トヨタマークXに電動助手席調整装置
  • 日産ラフェスタにカーテンエアバッグ等
  • スバルフォレスターにサンルーフ等

重い電動系の装置が人気ですね。

あと少しの重さで減税が適用されるような車種には、メーカー側がこういった「重い伝動装置」を設定してくれる場合もあるのでしょうか。

エコカー減税はいつまで?まとめ

エコカー減税は2年間の延長を重ねてきましたが、自動車取得税のエコカー減税については、消費増税に伴い自動車取得税を廃止したことで終了しました。

そのため、エコカー減税といえば自動車重量税の減税施策となったため、ある意味では分かりやすくなりましたね。

自動車重量税のエコカー減税については2021年4月30日まで、しっかり延長されていますので今後も速報として報告して参ります。