車一括査定の正しい使い方【メリット・デメリット】:サムネイル

車一括査定の正しい使い方【メリット・デメリット】:3行まとめ
  1. 車一括査定のメリットは手間を省いて車を高く売ること
  2. 車一括査定のデメリットは「談合」「しつこい交渉」「大量の電話」
  3. トラブルに合わないためには目的と欠点を知っておくことが大切

⇒今すぐトラブル回避手順を見たい方はこちら

車一括査定のトラブルは近年の自動車流通における苦情のメインであり、車一括査定は無料で手軽に利用できる反面、トラブルの温床となっています。

国民生活センターに対して中古自動車関連の相談は年間7000件を切ることなく推移していて、中古自動車による相談は1日に20件以上もあることがわかります。

中古自動車(各種相談の件数や傾向)_国民生活センター
中古自動車(各種相談の件数や傾向)_国民生活センター 出典:http://www.kokusen.go.jp/soudan_topics/data/ucar.html

それならば車一括査定によるトラブルと無縁な下取りなどで車を売ればよいかといえばそんなことはなく、多くの方は車を高く売りたいと考えるために相見積もりを行うわけです。

このような状況で車一括査定を使わなければ問題ないのですが、車一括査定を利用しないで車を高く売ろうとすれば大変な労力が掛かります。

自分で車を高く売ろうとした場合
自分で車を高く売ろうとした場合

そのため、現在では車一括査定を使わずに車を売るという方は減っています。

特にそれなりの値段で売れる車であればなおさらで、わざわざ安い金額で車を売っても良いと考えている方はほとんどいません。

つまり「相見積もりをせずに車を売ることで安売りして損はしなくないが、相見積もりをすることでトラブルに巻き込まれるのも困る」というのは、ちょっと欲張りですが普通の人間の心理です。

こちらでは、車一括査定を使いつつ、トラブルにうまく対処する方法を簡単に解説していきますので、車を売る場合に役立ててください。

車一括査定の正しい使い方【メリット・デメリット】

車一括査定を使う場合に注意したいのは、そのメリットとデメリットを知ったうえで、目的に合うかどうかを改めて考えて欲しいのです。

というのも、車一括査定は基本的に車を売るために買取業者に査定を申し込むサービスで、個別に申し込むと手間が掛かったり、抜け漏れが出てしまうことを、サービスがフォローしてくれるものです。

違う目的で車一括査定を使う場合というのは、相場を知りたいといったことから、業者と交渉したくないのに相見積もりを取るなどです。

誰でも車を安く売ってしまってよいとは考えていませんが、車を売るための電話連絡すら嫌がる場合には車を多少安売りしてしまうことを覚悟するべきで、そもそも一括査定を使うべきではないということになります。

つまり、車一括査定の正しい使い方というのは、薬の服用と同じで、目的や用法・用量を守ったうえで使うべきであり、ただ漠然と車を売るならば車一括査定を使う、ということは考え直す必要があるといえるでしょう。

次に説明するのは、車一括査定のメリットとデメリットですが、メリットはそれほど多くありませんので、さらっと見ていくとして、デメリットについて重点的に説明しています。

車一括査定のメリット

車一括査定のメリットは、車を売るときの相見積もりを依頼するときにおいて、手間が省けるということで、さらに利用料も無料ということです。

そもそも、昔は相見積もりをする人がほとんどいない状況で、車を売るといえばほとんどは下取りで、車オタクのような方が相見積もりをするような状況だったのです。

この面倒で手間がかかる相見積もりを一般の人でも簡単にできるようにしたサービス、というのが車一括査定というものであり、このメリットこそが車一括査定の存在意義ともいえます。

車一括査定についてメリットがあれば当然デメリットもあります。

車一括査定のデメリット

車一括査定のデメリットは次の3つです。

車一括査定のデメリット
  • 談合をされると査定額が伸びない
  • しつこい営業を受ける場合がある
  • 大量の電話が掛かってきて対処に困る

車一括査定のデメリットとして共通しているのは、車が高く売れずに面倒ばかり増えるというものです。

車オーナーにとって車買取業者を選ぶときに何を重視するか、アンケートした結果がありますが、それを見ると「売却手続き」「見積もり・査定」で75%前後を占めます。

オリコン:車買取会社利用者が重視した項目
オリコン:車買取会社利用者が重視した項目

このことを逆に見てみると、「手間がかかるくせに高く売れない業者」が最悪であり、この点を回避するためにも車一括査定を利用しているという経緯がありますね。

しかしながら、車を高く売る目的で多少面倒が増える車一括査定を使っているはずなのに、高く売れない場合がありますので、その点を解説していきます。

談合で査定額が低くなる

車買取業者同士の談合はどのように行われるかをご存知ですか?

そもそも談合とは

談合とは、主に競争している業者同士が取引相手に対して秘密裏に結託して各々の業者が得られる利益を追求する相談をいう。

車買取業者同士の談合とは、車オーナーが相見積もりを取る目的で業者を競争させているはずなのに、業者同士でどこが買うかいくらで買うかをあらかじめ決めておくことで、業者の利益を保持することです。

すでにご存じの方も多いと思いますが、車買取業者は車を高く買うことは競争の結果仕方なく行うだけであって、利益を増やすためにできる限り安く買うのは営業目標の一つです。

そのため、業者同士で利益を削りあうことは望ましいことではありませんから、談合によって業者同士が相談した査定額を付けることで、車の査定額を安くして利益を増やすという方法になります。

近年はラインなどのSNSで容易に連絡が取れますので、地域の業者が結託して査定額を付けないということは多くはありませんが、普通に行われていることなので車を売る方は注意しなければいけません。

しつこい売却交渉

しつこい売却交渉とは、主に相見積もりなどで交渉に入った場合に、車の売却契約を確保しようと押しの強い営業がされることです。

「今日契約すれば査定額を5万円上げます!」なんていうのは最もやさしい交渉です。

場合によっては、東日本大震災の際に現地で中古車が必要でその貢献をする気はないのか!とよくわからない交渉など、良心に訴えて車の売買契約を結ぶなどの実例があります。

普通に考えれば嘘のようで作り話なのではないかと思いますが、この手のストーリーがあるものは「今欲しがっている顧客がいるのですぐ売るなら高く買える」なんていうのも同様ですね。

大量の電話

車一括査定の代名詞ともいえる「大量の電話」は、当然に車一括査定のデメリットになります。

そもそも、相見積もりをする目的で車一括査定を利用しているわけですから、電話が掛かってくるのは願って行っていることです。

ただし、大量の電話はそのレベルを超えているため問題になっていて、大量の電話が掛かってくる理由は業者利益のために行っているためです。

大量の電話がかかってくる仕組み
大量の電話がかかってくる仕組み

というのも、一番先に連絡が取れた業者が車売買契約を結ぶ場合に有利であり、この点に力を入れている業者が電話をかけ続けるので大量の電話が発生する理由となっています。

ガリバーとビッグモーターは専用の自動電話発信コールセンターを設けて電話をするため、車一括査定を利用してから10秒ほどで電話が掛かってくるのはそのためです。

自動電話発信システムのイメージ

さらにビッグモーターについてはなぜか地域に対応した店舗だけではなく、近隣の店舗からも大量の電話が掛かってくるので、着信履歴が大変なことになります。

一括査定後の電話着信
ビッグモーターの隣接する近隣店舗から掛かってきた電話

以上のように、車一括査定を利用しているのだから電話が掛かってくるのは当然としても、業者が我先にとツールなどを使って電話をかけてくるのが大量の電話として車一括査定のデメリットとなります。

車一括査定の評判と勘違い

車一括査定の評判については目につくものは悪評ばかりですが、大きな違和感に気づいていますか?

賢いあなたなら気づいたと思いますが、車一括査定について口コミをしている方は買取に来た業者の評判と混同している場合が多いです。

良くも悪くも、車一括査定はただの相見積もりが簡単にできる仲介システムでしかありません。

車一括査定の仕組み
車一括査定の仕組み:カーセンサーは車買取業者の仲介をしているに過ぎない

車一括査定についての評判があるとすれば、提携業者やサービスの使い方に対するものであって、車買取業者の対応とはまた別の話になるわけです。

もちろん申し込みの窓口が車一括査定であるために、その評判が窓口に対して行われることは仕方ないことです。

大切なことは、トラブルの発生が買取業者によるものということを知ったうえで、それに対応していく必要があります。

車一括査定提携の業者交渉トラブル

車一括査定を使った場合の業者交渉トラブルは、車オーナーと買取業者の利益対立が大きな原因となっています。

表立って言われないことですが、あなたが車を出来る限り高く売りたいように、買取業者も車を出来るだけ安く買いたいと考えています。

業者としてはそれを分からないように偽装しますが、あまり営業がうまくない担当者は車オーナーに気持ちよく安売りさせることが出来ません。

その結果として、車買取業者が強引な営業をすることになるというわけです。

次に車買取業者がどのようなトラブルを起こすのかを、実際に相談にあった記録を確認します。

車買取業者のトラブル例

車買取業者のトラブルは大きく2つの種類があります。

主な車買取業者のトラブル
  • 法外な解約金を要求される
  • 家や敷地から帰らない

法外な解約金は時に車買取金額以上になることもあり、こうなると一体何が根拠になるのか普通の状態からは想像ができません。

またそれにあわせて契約するまで家や敷地から帰らないといった、不退去罪(刑法130条)に問われるような事例も確認できます。

国民生活センター「自動車売却のトラブル」
出典:国民生活センター「自動車売却のトラブル」

これらは国民生活センターにおいて報告があるものですが、その報告が一部であることを考えると評判の悪さも納得です。

このような車一括査定のトラブルは当事者でないならば一つの話題として見ることもできますが、実際にその場で対応するとなると全く困ったことになります。

なぜ買取業者はトラブルを起こす?

車一括査定の料金は車オーナーの負担がありませんが、その分加盟している業者が負担しています。このかかっている費用の回収も当然ですが、この回収は車の買取ができて初めてできるです。また競合する業者が増えれば増えるほど買取が難しくなるわけですが、また業者が得られる利益も小さくなるという状況があるのです。

そのため、他社との査定額争いに加えて営業所の中でも厳しい状況にさらされていて、利益の削りあいと目標利益のプレッシャーの現実がこのようなトラブルを起こす原因となっています。

このような状況から、買取業者による車一括査定のトラブルは必然的に起こるものでしたが、現在ではJPUCという団体を始め、車買取業界の状況改善が進められているため、特に大手買取業者においては大きく改善されています。

次に車一括査定を使った場合のトラブル回避手順を簡単に説明していきます。

車一括査定を使ったときの交渉トラブル対処法

車買取業者を原因とした車一括査定のトラブルは主に「高く買う業者に売る」という方針を伝えて一貫した態度をとることで解消できます。

このことは安く買えそうな相手からは強引な営業をされる反面、そうでない相手にはそもそも強引に営業することが労力の無駄になるため、トラブルに巻き込まれないためにも車を高く買う業者を探すという意思表示が必要なのです。

とはいえ、車を高く買う業者に売るということを買取業者に主張しても、その主張の裏付けがなければうまく丸め込まれてしまいます。

そこで、こちらでは車一括査定を使った場合に車買取業者との交渉をトラブルなく切り抜けて高く売る方法を3手順で説明していきます。

手順1:おおまかな車価値を知っておく

車買取業者と交渉を始める前におおまかな車価値を知っておくことは、車の相場に全く無知ではないことを示すとともに、車価値よりも大きく低い金額で車を売ることを防ぐことが出来ます。

車価値はメーカー公式サイトで見ることができ、トヨタと日産のサイトですがそれ以外のメーカーでも車価値を見ることが可能です。

また後に話す車一括査定を使えば申し込み後に概算査定額が出るので、いちいち自分で調べるのが面倒な方は概算額が分かる車一括査定を使ってください。

toyota.jp ご購入サポート I 下取り参考価格情報
出典:toyota.jp ご購入サポート I 下取り参考価格情報 https://toyota.jp/service/tradein/dc/top
日産 下取り参考価格シミュレーション
日産 下取り参考価格シミュレーション 出典:http://tradein.nissan.co.jp/MAKER/

正直、車価値の情報としては精度が良くないですが、全く何も知らないで買取業者と交渉するよりはマシです。

手順2:すぐに売却先を決めない

現在では車を売る場合に相見積もりをすることは当たり前になりました。

そして相見積もりをされることも買取業者としては日常的になったため、どのように安く車を買うか様々な作戦を持っています。

トラブルの実例で見た高額な解約金は、このような相見積もりが常習化したことから発生した新たなトラブルともいえるでしょう。

このトラブルに巻き込まれないためには、すぐに売却契約をしないことに限ります。

契約の文句として使われる「今日契約すれば高く買う!」というのは絶対嘘とまでは言いませんが、多くの場合に明日以降でも提示した金額よりは高く売れることが多いのはもうお分かりですよね?

手順3:他業者と勝負するなら引き渡しを早くしてあげる

ここまで見てきたように車買取業者は利益が対立する相手ではありますが、あなたの車が高く売れるかどうかに大きな影響を与えるのもまた事実です。

そのような場合に対立する部分は下手な妥協をしない反面、対立しない部分に関しては協力してあげることが重要です。

業者としては1件の取引で大きく儲けたいということもありますが、それが難しいなら小さい利益でも良いので早く儲けたいと考えます。

交渉は駆け引きですから、あなたは車買取金額に妥協しない反面、相手の利益も提示してあげることが大切であるというわけです。

そのためにも、車売却時に必要な書類をそろえておくことが大切ですが、面倒な書類に関しては印鑑証明書と住所などが変わった場合にはあわせて住民票を取っておくようにしてください。

すぐに引き渡しができる準備ができていることを表明すれば、早い引き渡しを条件に他社と勝負できる査定額を付けるという話にも乗ってくれます。

車一括査定の大量電話

車一括査定の最も大きな注意点は大量に掛かってくる電話連絡です。

車一括査定を利用したことがある方ならわかってもらえると思いますが、かかってくる電話の量はおよそ人生で経験したことがないぐらい大量の電話がかかってくるために、一つのトラウマになってしまう場合が多いようです。

大量の電話がかかってくる仕組み
大量の電話がかかってくる仕組み

そのため、車一括査定の注意点として真っ先に大量の電話について語られることが多く、検索される言葉として、「車 一括査定 危険」「車 一括査定 注意」なんてものがあり、この状況がいかに厳しい状況ということが分かりますね。

そもそも、個人においては電話には1回で1本しか出られないので、個人に連絡が殺到すること自体が異例です。

ツイッターでもこの車一括査定の大量電話についてコメントが多くあります。

とはいえ、車を高く売るためには相見積もりが必須で、その手間を省ける車一括査定はうまく使っていかなければいけません。

実際に車一括査定を使ったときの電話量

筆者も2018年のはじめに「かんたん車査定ガイド」を使う機会がありましたので、その際にどのぐらい電話が掛かってきたかを解説します。

日産セレナの2世代前のモデルなのでそれほど人気がある車ではありませんが、なんと5本の電話がすぐにかかってきました!

かかってきた電話内訳
  • ガリバーコールセンター
  • ビッグモーター3店舗
  • ビッグモーターコールセンター

車一括査定の注意点として考えるほどではありませんでしたが、「どれだけビッグモーター電話かけてくるんだよ!」と驚きました。

一括査定後の電話着信
車一括査定を使った結果:隣町のビッグモーターからも大量の電話が!グループ内でも顧客の取り合いをしているのか

車一括査定を申し込むうえでの注意点は、出先や出かける前に車一括査定を申し込んでしまうと大変都合が悪く、車を売るどころの話ではなくこの迷惑は電話をどのように止めるのか?という目的になってしまうかもしれません。

そのため、車一括査定を利用する場合にはしっかりと時間が取れるときに申し込みをするようにしたいところです。

車一括査定を使って大量電話を受けない方法

車一括査定を使って大量の電話を受けない方法で最も簡単なのは、車一括査定を使わないことです。

「それでは意味がないのでは?」と思われるでしょうけれども、実は車一括査定以外でも業者間の相見積もりが取れます。

ただし、新しいシステムが多いので、できれば車一括査定を利用するほうが、車の相見積もりが確実に行えるので、基本的には車を有利に売るならば車一括査定の利用がおすすめです。

車一括査定以外を利用

車一括査定以外の相見積もりで最も有力なのは、ネットで業者間のオークションを行えるシステムを利用することです。

今も業者オークションの売却代行などありますが、それを簡易的に行うことが出来る方法と考えてください。

ネットでの業者間オークションですので、相見積もりができる業者は1000社をゆうに超えるわけですから、十分に相見積もりができますね。

欠点としては再三説明している新しいシステムなので車一括査定のほうが相見積もりについて信頼度が高いというわけです。

また、車一括査定もそうですが基本的に業者側がシステム利用料を払っていて、ネットで行う業者オークションの手数料によっては、その金額が査定額を下げる要因になってしまいます。

そのため、新しいことが好きな方は別としても、車を手間なく高く売りたい場合には車一括査定がおすすめというわけです。

なお、車一括査定以外の方法で相見積もりをするならば、「ユーカーパック」と「カープライス」がありますが、カープライスは売却した場合には1万円をあなたが業者に払う必要がありますので、この点で「ユーカーパック」が良いでしょう。

1本の電話で車を高く売るならこちら【無料】

ucarpack300250

メール連絡の指定

車一括査定を利用する場合には、メール連絡の指定を行うことで、大量の電話を防ぐことが可能です。

車買取・車査定【簡単ネット 車査定】 依頼内容入力 - CarSensor.net

車一括査定はカーセンサーを使用して、「メールOK」という連絡先指定がある業者を選ぶこと、また連絡方法などの記載事項に「メール連絡希望」の旨を記入することで、メールでの連絡を依頼できます。

車買取・車査定ならカーセンサー|中古車簡単一括査定3

⇒カーセンサー.net簡単ネット査定はこちらから確認

メール指定の方法

こちらではメール指定の方法をスマホ画面で説明しますが、PCの場合も多少の違いはありますが、「メール対応の業者を選ぶこと」と「任意項目にメール連絡を希望することを入力すること」は同様です。

カーセンサー申し込みsp1

メーカーと車名を選択後、車情報とあなたの地域を入力・選択します。

カーセンサー申し込みsp2

任意項目は初期状態でたたまれているので、タップして開く必要があり餡巣。

スマートフォンでカーセンサーの連絡方法をメール指定1

「連絡希望時間帯」に「メール連絡希望」と入力します。

スマートフォンでカーセンサーの連絡方法をメール指定2

筆者がこれらの方法を使った場合に、ガリバーとカーセブン、ラビットに対して査定依頼を行った結果、ガリバーから0秒着信の電話が来たのみで、他の業者はメールでの連絡でしてくれました。

ラビット店舗から来たメール
ラビット店舗から来たメール

なお、電話の本数を減らすのに役立つのは、メールでの連絡を希望することが重要ですが、コールセンターを持っているガリバーとビッグモーターには査定依頼しないということも効果的です。

カーセンサー車査定での業者選択方法
ビッグモーターに申し込まない場合はチェックを外すこと

ちなみに私はビッグモーターが過去に近隣4店舗ほどから大量の電話が掛かってきたので、ビッグモーターに対しては査定の依頼を外しています。

車一括査定の評判:まとめ

車一括査定の注意点である大量電話は、メールでの連絡方法を指定できるカーセンサーの車一括査定を使うことで、電話の数を自動発信対応の業者以外は減らすことができます。

確かに大量の電話が掛かってくることは生活に支障が出るなど、問題点も多いことから車一括査定の利用を考え直すきっかけになります。

ただし、相見積もりをせずに車を売ることや、相見積もりを自分で個別に行うとすれば大変な手間になってしまいます。

自分で車を高く売ろうとした場合
自分で車を高く売ろうとした場合

個別に相見積もりを行う手間を考えるとまだ大量電話を受けるほうがマシなのかもしれません。

車一括査定は便利な道具ですが、その道具も使い方をしっかりと分かったうえで使うべきでしょう。

車一括査定の流れ

そのため、車一括査定を便利に利用して手間を省いて車を高く売る方法として、メール連絡を指定する方法を利用してみてください。

車買取・車査定ならカーセンサー|中古車簡単一括査定3

⇒メール連絡指定で車が売れるカーセンサーはこちら【無料】