車一括査定の電話はしつこい?:サムネイル

このページはこんな人におすすめ
  • 一括査定を使いたいけど迷惑電話がすごいとの評判でためらっている方
  • 過去に一括査定を使ってしつこい電話を経験している方
  • 「車を高く売りたいけど業者からの営業を受けたくない!」という正直な方

車一括査定は車を売るときに、地域業者を探して個別に査定申し込みをする必要がなく、また業者間の競争をさせることが出来るので、現代の車売却に必要なツールとなりました。

しかしながら、車一括査定を利用することで、大量の電話が掛かってくることにデメリットがあります。

そこで、こちらでは車一括査定を使ってもしつこい電話を極力抑える方法や、車一括査定以外の方法で同様の方法で車を売る方法を見ていきます。

また、今すぐしつこい電話を受けずに高く売る方法だけ知りたいなら、その方法だけ確認することが出来ます。

⇒しつこい電話を避けてメール連絡で静かに車を高く売る方法【実証結果有り】

こんなはずじゃ無かったと後悔・・・
もう一括査定はうんざりと言う方へ

驚いているキャラクター

車を売りたいけど一括査定の電話は嫌!という方におすすめなのが、地域の高く買う業者に決め打ちする方法です。

買取強化中の業者を中古車業界最大手の「グー」が探してくれるので安心して任せられます。

グーのバナー

⇒あなたの車が買取強化中か今すぐ見る【完全無料】

車一括査定の電話はしつこい?

車の一括査定を都合よく使いたいと考えていても、実はその性質を理解していないことには何も始まりませんので、まずはイメージ図で全体がどのような状態になっているのかを見てみます。

車一括査定の仕組み
車一括査定の仕組みと流れに注目

また、車一括査定の仕組みと流れをみたうえで、関係する人や組織はそれぞれの思惑や目的を整理する必要があります。

人または組織目的や思惑注意事項
車オーナー買取業者に連絡する売却を前提とせずに利用すること
一括査定業者車オーナーと買取業者との仲介車買取をする業者ではないこと
車買取業者車の仕入れ(買取を行うこと)利益を追求する営利企業であること

ここで車一括査定の利用目的においては、車売却を前提としていない場合に利用すると、望まない迷惑電話を受けることになるということです。

しつこい迷惑電話は立場で大きく変わる

過去において「車を売らないのに車の価値を見るために査定を受ける」といった広告の表現によって誤認識を誘う状況が存在していました。

しかし、現在では省庁からの車流通業界における管理義務を要請したこと、またそれにあわせて消費者の自動車購入における業界団体である「一般社団法人:日本自動車購入協会(通称JPUC)」の活動によって健全化に向かっています。

つきましては、売るつもりもないのに相場を調べるために査定を申し込むという広告も少なくなってきたこともあり、車一括査定を利用する際にも将来において車を売却する前提で利用することで、掛かってくる電話が必要なものか不必要なものかが変わってきます。

そのため、車を売る目的で査定を受けるということを今一度確認してください。

さて、このページの話題は「車一括査定のしつこい電話の対処法」でした。

なぜ車一括査定の仕組みを改めてみたかといえば、車一括査定業者の評判において「迷惑電話がしつこい」ということは適切ではないからです。

「車一括査定がしつこい?」⇒電話をかけている業者は別

先ほどの車一括査定の仕組みにおいて、一括査定業者は車オーナーと車買取業者を仲介している存在でした。

ここで確認したいのは、ナビクルなどの車一括査定業者が電話をかけているわけではないということです。

例えば「ナビクル しつこい」などで評判を調べてみると分かるように、なぜか一括査定提供業者がしつこいことになっていますが、実際に電話をかけているのは車買取業者であり、買取業者についての評判を見る必要があるのです。

確かにナビクルなどの一括査定サービスを利用した場合においては、それが発端で電話がしつこく掛かってくる状況なので、共感は出来ますが問題の解決はできないということです。

車一括査定全体の仕組みが理解できたところで一気に問題解決に近づきました。

一括査定サービスの使い方によって、買取業者に対してどのような連絡方法を希望するかを伝えることが出来るので、これを使い分けることで車一括査定で評判の悪いしつこい迷惑電話を受けずに、車を手間なく売ることが可能になります。

なぜ多くの電話が掛かってくるのか?

ところで車一括査定を利用するとどうして多くの電話がかかってくるのかを簡単に説明します。

電話をかけているのは車買取業者でしたが、買取業者の思惑としてはどの業者よりも早く車オーナーに連絡を取りたいと考えています。

この理由は最も早く連絡が取れた業者に車を売るオーナーが多いからで、また他の業者と査定額を比較されずに車の買取ができる可能性が上がりますので、競争しない分だけ利益を多くとることが出来るということになります。

電話がしつこい!という状況
「車オーナーが取れる電話は1本」ということがわかっていても競争は止まらない!

このように他の業者よりもいち早く連絡しようとすることと、一括査定の性質である「複数の業者に査定依頼をする」ということから、車一括査定を利用すると「すぐに・大量に・しつこく」電話が掛かってくるということになります。

また、ガリバーやビッグモーターは自動電話発信システムを利用しているので、一括査定を申し込むと10秒ほどで電話が掛かってくるということになります。

自動電話発信システムのイメージ

車買取業者の自動電話発信システムとは車買取業者の自動電話発信システムとは、車買取業者が一括査定業者から受け取った車オーナーの連絡先に対して、自動的に電話発信をするサービスである。買取業者の店舗スタッフではなく、コールセンターを用意することで他の業者よりも早く車オーナーに連絡を取るために貢献している反面、一括査定システムの特性とあわせることで、車オーナーの時間を拘束されるという問題も発生している。(別名:オートコールシステム)

しつこい電話をすると評判の悪い車買取業者はどこか

コールセンターを持っている車買取業者である「ガリバー」と「ビッグモーター」については、しつこい電話の代名詞となっているようです。

一般にいたずらや詐欺などの電話番号を口コミなどで情報共有するサイト「電話帳ナビ」で、コールセンターの番号が登録されています。

ガリバーの場合は「0120221616」から電話が掛かってきます。

電話番号0120221616の相手先はガリバー全国総合窓口
出典:電話番号0120221616の相手先はガリバー全国総合窓口 https://www.telnavi.jp/phone/0120221616

一方、ビッグモーターについても「0120170001」から電話が掛かってきます。

電話番号0120170001の相手先はビッグモーター
出典:電話番号0120170001の相手先はビッグモーター https://www.telnavi.jp/phone/0120170001

またビッグモーターについては、コールセンター以外にも店舗からも電話が掛かってきますので、車一括査定を使ったらしつこい迷惑電話を受けた!なんていうことも納得です。

一括査定後の電話着信
筆者が体験したビッグモーター店舗から掛かってきたの電話

実体験を後に話していますが、買取査定以外にも中古車の販売にも力を入れていることで、この点について後に連絡が来るという状況でした。

こういったことから、「しつこい」というコメントについても致し方ない評価なのだと言えますね。

ガリバーからの電話はしつこい?

車買取業No.1の規模を誇るガリバーであるため、良くも悪くも車買取の評判を作ってきたのはガリバーと言えます。

多くの方が知っているように、ガリバーの評判は悪いものが多く、少し調べるだけでもすぐに悪い評判を見つけることが出来ます。

ちなみに、査定依頼をした立場からすれば電話対応するのは当然のことですので、イタズラの場合を除けば対応さえしてしまえば電話は止まります。

そのうえで親戚が車買い替えを検討していたので、筆者も同席のうえで一括査定を使ってガリバーやビッグモーターの電話はしつこいのかを見てみることにしました。

↑音量が出ますので注意してください↑

ガリバーの評判をインターネットで調べると悪いことしか出てきませんが、実際に話を聞いてみるとそんなこともありませんでした。

またガリバーの運営会社である株式会社IDOMは2016年7月15日に社名を株式会社ガリバーインターナショナルから変更した際に、企業イメージについて改善をする方針を打ち出したためか、評判ほどに悪い印象はありません。

もちろん、偶然良い担当者と取引できただけとも言えますが、評判を気にするという方針による影響は少なからず全体へ及ぼすものです。

ビッグモーターの電話はしつこい?

ビッグモーターはガリバー同様にコールセンターを持つ買取業者ですが、その評判は悪いものが多く、この点はガリバーと変わらないものでした。

一般からの口コミなどは現実感がある反面、情緒的になっている場合があり、意思決定の判断には利用することが望ましくないということから、ガリバー同様にビッグモーターのオペレーターとの会話についても、記録していますので参考にしてください。

↑音量が出ますので注意してください↑

ビッグモーターのオペレーターとのやり取りはスピーカーで着信したので内容を聞くことが可能です。

どうやら今回お話したオペレーターはただ査定の予約や来店の案内だけをしているようで、現場の方でない可能性が高いです。

なお、不在着信には近隣のビッグモーターから多数着信があり、何とも不可解な状況になっていました。

申し込みをした場合にどのぐらい電話が掛かってくるか

親戚が車を売るということでしたので、車一括査定を使うとどのぐらい電話連絡が来るのかを見てみました。

なお、利用した車一括査定は「かんたん車査定ガイド」です。

実際に査定に出した車はこちらの「日産セレナ(型式C25)平成18年式」であり、10年落ち以上の修復暦ありと、正直価値が付かない車です。

一括査定に出したセレナ
親戚が一括査定に出したセレナ

古い車にも関わらず、最速でガリバーから、その後にビッグモーターから電話をいただきました。

一括査定後の電話着信
先ほどの写真同様、これは17分間の会話中に来た不在着信です

正直、電話に出ている間には1本しか電話対応できないわけで、電話の量が多いことはそれほど気になりません。

ただし、電話を終えてさらに電話が掛かってくることで、他の機能が使えなくなることは大変問題になっている理由です。

そのうえで、車一括査定を利用する場合においては時間的な余裕を30分から1時間用意したうえで申し込むことが望ましいと言えます。

しつこい電話は着信拒否や無視をしてOK?

車一括査定を利用した場合には、査定予約をするために業者から電話が掛かってきます。

この電話を着信拒否したり無視をしても良いのでしょうか?

結論をいえば、着信拒否や無視をしても問題はありませんが、利用した立場からすれば電話に出てしまったほうが望ましいと言えます。

業者としてもイタズラや意地悪をしたくて電話をかけてきているわけではなく、ただ単に車を見て査定をする予約をしたいだけなのです。

そのため、面倒であれば他の業者と同じ時間に呼んでいっぺんに査定を済ませるということもできますので、「合同査定をこの日時でやるので都合が良ければ来てください」と伝えるだけで問題ありません。

車の情報をオプションなど聞いてくる場合はありますが、忙しいことをいえばわざわざ引き留める理由はありません。

以上より、車をかけてくる目的は査定予約を取りたいだけなので、都合が良い時間を言ってこれそうなら来て欲しいと伝えればしつこい電話は止まります。

なお、売却後に掛かってくる電話に関しては、さすがにしつこい電話と言えますので、次に説明する電話連絡をキャンセルする方法を使ってください。

掛かってくる電話はキャンセルできる

車一括査定を利用して「しつこい迷惑電話」となるのは、次の用事でかかってくるものです。

  • 中古車など販売をあっせん
  • 中古車の買取契約の相談

中古車などの販売をあっせんされるのは、確かにしつこい電話となるわけですが、中古車の買取契約の相談については、主たる目的として申し込みをしているので、車オーナー側にも対応する理由はあるでしょう。

ただし、車を売る・下取りに出すなど処分を決めたうえで何度もかかってくるのは大変に苦痛であり、また車オーナーと買取業者にとって無意味なものになります。

実は車買取業者から掛かってくる電話は2つの方法でキャンセルすることが出来ます。

  • 売却契約をした車買取業者に依頼する
  • 一括査定のサイトから依頼する

車買取業者に依頼して電話を止める方法については、ガリバーの担当者から聞いた情報になります。

そのため、業者によっては対応していない可能性がありますが、また買取業者側から電話を止めることが可能であるということになります。

また一括査定のサイトから依頼する場合においては、キャンセルフォームから依頼する方法が一般的です。

ただし、一括査定サービスによってはキャンセルの対応はなく、車買取業者と直接話し合うこととしている一括査定サービス(カーセンサーなど)もあるので注意が必要です。

なお、「かんたん車査定ガイド」については次のページからキャンセルが可能になります。

お問い合わせ【かんたん車査定ガイド】
出典:お問い合わせ【かんたん車査定ガイド】 https://a-satei.com/satei/support/index/

「ズバット車買取比較」についても、かんたん車査定ガイド同様にキャンセルするフォームがあります。

お問い合わせ - ズバットヘルプ
出典:お問い合わせ – ズバットヘルプ https://help.zba.jp/Contact?siteId=4100

しつこい迷惑電話を受けずに車を高く売る方法

車一括査定を使ってもしつこい迷惑電話を受けない方法は次の2つです。

  • 車一括査定を業者に代行してもらう
  • 極力メール連絡で車を売る

業者を使う方法としては、連絡は極力メールで行うようにして、電話での連絡をしないようにする方法と、そもそも一括査定自体を業者に依頼して連絡を取るのは1社のみにするという方法です。

そして極力メール連絡で車を売る方法は、電話連絡を完全になくすことは難しいのですが、相当減らすことに成功をしています。

業者を仲介させて直接買取業者と電話せずに済む方法

車一括査定を業者に代行してもらう方法とは、あなたは1社の業者に対してのみ連絡を取り、その業者があなたの車を複数業者と競争させて車査定をする方法です。

この仕組みは簡単に言えば、業者同士のネットオークションにあなたの車を代行で出してくれるサービスであり、車一括査定では複数社の業者と交渉をしなければいけませんが、車一括査定を業者に代行してもらうならば複数業者と交渉する必要はありません。

その結果、車一括査定を利用したときのようなしつこい電話を受けることはなく、1社のみと電話をすればよいので、落ち着いて車を売ることが可能です。

この方法は、過去に車一括査定を利用してひどい目にあった人におすすめの方法であり、競合させる業者も5000社と申し分ありません。

もしあなたが車一括査定を利用したくないけれども、車はある程度の金額で売りたいと考えているならば、車一括査定を業者に代行してもらうことで解決できます。

ucarpack2
一括査定で面倒だった交渉なども必要なく、ガソリンスタンドやご自宅で「たった1回」査定を受けるだけ

もしあなたが車を高く売りたいけれども一括査定はもう使いたくないなら、最新の車を高く売る方法を確認してください。

一社のみと連絡して車を売るならこちら

ucarpack300250

カーセンサーで連絡をメールに指定する方法

カーセンサーは査定申し込み業者を選ぶことが出来ますが、その属性を見ると「メールOK」という項目があります。

先ほど話したガリバーやビッグモーターのように自動電話発信システムのコールセンターを持つ業者の電話を、絶対にさせないということは難しいですが、かなり減らせることは確認できました。(ガリバーの自動電話発信も0秒着信だった)

車を売るときに電話の対応はしたくないという方で、業者を競争させることが出来るため最も高く売れる方法を使いたいという方にオススメです。

車買取・車査定ならカーセンサー|中古車簡単一括査定3

⇒カーセンサー.net簡単ネット査定はこちらから確認

連絡先を書く部分には任意項目というものがあります。

 CarSensor.net査定画面1

「任意項目」を開きましょう。

CarSensor.net査定画面2

連絡方法を指定することはできないとありますが、希望連絡時間帯の自由記入欄にメールでの連絡を希望する旨を書きます。

スマートフォンにおいても同様に連絡希望時間帯にメールでの連絡を希望することを記入します。

スマートフォンでカーセンサーの連絡方法をメール指定1

任意項目を開いた後、連絡希望時間帯にメールでの連絡を希望することを入力します。

スマートフォンでカーセンサーの連絡方法をメール指定2

また、業者の詳細ページを見るとサービス欄にメールOKを確認することができます。

車買取・車査定【簡単ネット 車査定】 依頼内容入力 - CarSensor.net

実は私も実際に使ってみて、結果として48時間以内に1秒に満たない着信が1回、3日後の夕方に1社から電話があったという状況でした。

実際にどの程度の電話が掛かってくるのかを試した結果0秒着信以外は3日目まで電話が来なかったので、比較的穏やかに車を売ることが出来ました。

カーセンサーを使って静かに査定を行いたい方は参考にしてください。

⇒カーセンサーでメール連絡を希望した結果を詳しく見る

もし、あなたが車を高く売りたいと考えているけれども、車一括査定のしつこい迷惑電話があることを悩んでいるならば、極力メールでの車一括査定を使ってみてください。

メールOKが選べる査定はこちら

車一括査定の電話はしつこい?:まとめ

しつこい迷惑電話が掛かってきている電話は対応するのは気が引けますが、実際にはビジネスで行っているために一度出てしまえばその後しつこいということはめったにありません

なぜ電話がしつこくかかってくるかといえば、あなたに対して未完了の仕事であるというだけなのです。

つまり、電話がかかってきたとしても売ってしまったということを言うと、それ以上交渉しようとは普通しませんので、一度対応するとしつこい電話を止めることが可能です。

そもそも、契約する気が最初から無いような安い査定額の業者であればしっかりと金額を突きつけて断ることが大切ですので、相手から電話がかかってきたときはきっぱりと断りましょう。

業者も多くの時間や人手を抱えているわけではありませんから、断られた相手に対して粘るということは基本的にしません。

また、一番高い査定額を出すところに売るとドライに対応してかまいません。

中古車売却契約を締結していないならばここからまた車が高く売ることが出来るわけですから、少しの時間が取れるならよいことしかありません。

このようにしっかりと断って、お互いにとってよい交渉にできるようにしましょう!