車一括査定を【営業電話なし・メールのみ】で今すぐ行う方法:サムネイル

車買取一括査定は車を手軽に高く売ることができますが、ひとつ大きな欠点があります。

それは、業者からの営業電話が一気にやってくるということです!

車買取店が、あなたが査定情報を得るときにお金を払っているために、経営上仕方無い面もありますが、実際に対応する側からすると、とても困ってしまうものです。

一括査定サイトを利用することは便利ですが、電話がうるさく鳴ることで生活に支障が出る場合もありますから申込みには注意を要します。

このような状況を知って、意図していない時間に一括査定を申し込んでしまうと電話対応に追われるということになり、一括査定の利用をためらってしまう方が多いようです。

しかし、車を安く売って損をしないためには、業者をうまく使っていくことが必要になるため、多少の我慢も必要です。

そこでこちらでは、車を出来る限り高く売りたいけれども、業者からの電話は極力受けたくない!という方に向けてどうしたら一番よいかを解説します。

こちらでお話するのは、次の3点になります。

  • インターネットを使ってすぐ概算額をとりあえず知る方法
  • 実際に車を売るときの概算額情報利用の損
  • 車を売るときに損せず極力手間を減らすことが出来る方法

実は、インターネットを使って車買取査定概算額を今すぐ調べることが出来ます。

ただし、概算情報利用の仕方によっては、車を安く売って損をしてしまうこともありますので、注意しなければいけませんので、概算額情報利用方法について確認します。

また、上記情報について、とりあえず概算額を知りたいだけであれば問題ありませんが、実際に車を高く売りたいと考えるならば、それ以外にも業者との交渉が必要になります。

最終的にはどのようにしたら車を高く売ることが出来るのか、その状況においてガリバーなどの車買取店担当者とのやり取りを出来る限り少なくする方法をお伝えします。

明らかに金銭的な損が発生すると分かっていて、少しの苦労でそれが解消される、つまりは小さい苦労で得られる結果が分かっていたら、多少の手間や面倒も頑張れるというものですよね?

では、まずはインターネットで概算額を知る方法についてみていきましょう。

インターネットで今すぐ査定額を調べる方法

車の価値を営業電話なしで今すぐに知る方法はメーカーのサイトで公開されています。

トヨタや日産といった、メーカー公式のページということで得られる車査定の情報なので安心して使うことが出来ます。

toyota.jp ご購入サポート 下取り参考価格情報
トヨタ公式サイト:下取り参考価格情報

 

日産 下取り参考価格シミュレーション
日産公式サイト:下取り参考価格シミュレーション

当然、車査定を依頼しているわけではありませんから、営業電話は多く掛かってくることはありません。

トヨタや日産以外の車も問題なく査定することができますので、気になる方は今すぐ確認してみてください。

ここで車価値を確認したのちに、地域の業者に車を持ち込めば過剰な営業電話なしで車を売ることが出来ます。

「あれ・・・この価格は安すぎない?」と思った方へ

トヨタ下取り参考価格アクア5年落ち調査201806
出典:トヨタ下取り参考価格アクア5年落ち調査201806 https://toyota.jp/service/tradein/dc/top

いくらになるのか見たときにあまりの値段の安さに驚いていませんか?

表示されている相場価格が安いことについての理由は2つあります。

  • 下取りの参考価格であるために低めに表示
  • 実際に車を確認していないことで査定額は低めに表示

メーカー側も参考価格であるということと、注記に実際の車価値を表すものではないということが書いてあります。

ちなみに価格精度について実際の買取相場を調査した結果があります。

下取り・買取価格コメント
トヨタ公式:下取り参考価格60万円下取り査定ではここまでの金額は出ないでしょう
中古車販売サイト:カーセンサー利益など引いたら53.8万円から63.8万円元価格から20万円から30万円引いています

※調査:2018年においてアクア5年落ちグレードG

結論からすれば、トヨタ公式の下取り参考価格は、アクアがトヨタ車だからか高めの参考価格になっています。

また、実際には範囲を持った価格になるはずですが、60万円という範囲を持たない数字であるため、上振れも下振れもするということになり、市場価格からすれば大きく下振れする可能性があることに注意しなければいけません。

メーカーが参考情報として使うように補足する理由

メーカーが参考情報として使うように補足するのは、この情報をもってディーラーにいって下取査定をしたときに、販売店の担当者が文句を言われてしまうからです。

このような理由から、一部の方が驚くほど安い値段が提示されています。

この概算額は、今すぐとりあえずの車価値を知りたいという方はこれでよいのかもしれません。

ただ、これから売ろうと考えていてもっと現実的な価格が知りたいなら、他の方法を行う必要があります。

最悪なのがこの情報を利用して車査定に臨んでしまったことによって安い金額で車を手放してしまうことです。

基本的に車買取業者はあなたから車をわざわざ高い金額で買う理由はなく、むしろ安く買いたいと考えています。

あなたが思ったよりも高い金額で車が売れた!と思っていても、実は安い金額で車を売って実は損をしていた!なんていうこともあるのです。

このように、低い概算額から値上げされるような状況が作られやすいので、販売店や買取店としては良いのですが、せっかくある程度お金を手に出来る機会を台無しにされる、あなたにとってはたまったものではないはずです。

とはいえ、やはり電話が多く掛かってくるのは考えもので、安く売って損はしたくないけれど、手間をかけない方法を考える必要があります。

次に、できるだけ電話がかかってこない車査定サービスをどのように使っていけばよいかをみていきます。

メール連絡が可能な業者だけ選ぶ

メールでの連絡が出来る業者選び

車一括査定を依頼すると基本的に、車査定業者からの連絡は電話によるものになります。

しかしながらカーセンサーの査定を利用することで極力メールだけで連絡を希望することが可能です。

カーセンサー」は車情報雑誌としては「グーネット買取」に並んで有名で、特に中古車購入のときなどに利用する情報誌ですよね。

このカーセンサーは車一括査定サービスもやっているのです。

そして、カーセンサーでは、メール連絡をすることが可能な業者だけ選ぶことが可能です。

ただし、注意して欲しいのがカーセンサーが直接業者を統括しているわけではありませんので、この規定に従わない業者もいることを理解してください。※「ガリバー」と「ビッグモーター」は自動電話発信システムを持っています。

メール連絡指定での限界:すべての電話なしは難しい

自動電話発信システムのイメージ

ガリバーとビッグモーターはカーセンサーから査定依頼した場合に、すぐに自動で電話をかけるシステムを持っていて、実は車査定を依頼した場合の大量電話というのは、この自動化されたコールセンターが原因です。

とはいっても、基本的にコールセンターを持つ業者は少ないことに加えて、連絡事項を見ないという業者のほうが少数ですから、そういった業者とはお付き合いしないというのも悪くありません。

そして、どこの業者に車を売るかどうかを選択できる強い立場であるのはあなたですから、横柄にならない程度に強気で対応して大丈夫です。

次にどのように申し込むのかどうかを見ていきます。

実際の申し込み画面を見ながら確認

実際に申し込み画面を見ながら解説します。

案内に従ってやることで理解度が上がると思いますので実際にやってみましょう。

まずはカーセンサーのサイトをご確認ください。

 

⇒カーセンサー.net簡単ネット査定はこちらから確認

 

申込み画面を見てみると「任意項目」という部分がありますので、クリックやタップでこれを開きます。

 CarSensor.net査定画面1

「連絡希望時間帯」にメールでの連絡を希望することを入力します。

CarSensor.net査定画面2

スマホでのメール連絡指定方法

スマホでのメール連絡方法も同様に、任意項目をタップして連絡希望時間帯の項目にメールでの連絡を希望することを入力します。

スマートフォンでカーセンサーの連絡方法をメール指定1

「任意項目:売却希望時期などを入力」をタップして、任意項目事項を開きます。

スマートフォンでカーセンサーの連絡方法をメール指定2

「連絡希望時間帯」にメールでの連絡を希望する旨を入力します。

メールでの連絡を指定する方法はパソコンの場合と同じです。

車買取・車査定【簡単ネット 車査定】 依頼内容入力 - CarSensor.net

業者の詳細ページを見るとサービス欄にメールOKを確認することができます。

なぜか薄くなっているところがあまりメールでの連絡に積極的ではないという表れでしょうか。

最初の電話はかかってくるかもしれませんが、その時に以後メールでの連絡を希望する旨を言いましょう。

業者としても査定予約を取る以上に電話での連絡で積極性はないはずです。

以上が電話連絡なしで車査定を申し込む方法です。

全部の業者がこちらの意図を尊重するかは分かりませんが、相手側のサービス欄で「メールOK」とありますので基本的には大丈夫です。

メールOKが選べる査定はこちら

営業電話を受けることなく車査定依頼したい場合

電話連絡がどうしてもいやな場合には、カーセンサーでは申込み業者が選べるので「ガリバー」と「ビッグモーター」を査定依頼業者から外せば、営業電話を受ける可能性が大きく下がります。

また、私が実際に利用した結果として、ガリバーから自動発信はありましたが、0秒着信で電話を切ってくれました。

そのため、確実ではありませんがメールでの連絡方法を依頼した場合において、ガリバーの自動発信コールセンターにおいても対応してくれることが分かりました。

カーセンサー車査定での業者選択方法
ビッグモーターに申し込まない場合はチェックを外すこと

営業電話なしで車査定を静かに行いたい場合には、ぜひ参考にしてみてください。

⇒業者を選んで電話なしで車を売るならこちら【無料】

 

なお、電話連絡を1本以外受けたくないという方は、次に説明する一括査定以外で車を売る方法があります。

車一括査定以外で車を高く売る方法

ucarpack1

車を高く売るためにはどうしても一括査定を利用することが不可欠でしたが、ユーカーパックという新しいサービスが登場しました。

⇒ユーカーパックとは:公式ページで詳細説明を見る

 

なんと業者間の競争をネット上で行ってくれるものとなっています。

そのため、一括査定で面倒だった交渉なども必要なく、ガソリンスタンドやご自宅で「たった1回」査定を受けるだけなのです。

ucarpack2

もしあなたが車を高く売りたいけれども一括査定はもう使いたくないなら、最新の車を高く売る方法を確認してください。

1本の電話で車を高く売るならこちら【無料】

ucarpack300250

電話なしで車査定をする方法:まとめ

ここまで見てきたように、車を安く売って損をしないためには、業者をうまく使っていく必要があります。

もちろん、生活に支障が出るような電話対応をしなければいけないということではありませんが、多少の我慢は必要であり、楽をすれば楽をした分だけ、車が高く売れないというジレンマもあります。

そのため、電話連絡を出来る限り受けずに、またはこれをコントロールし、メールで査定予約を行うという方法が望ましいという結論です。

そして、交渉ごとは苦手という方もいらっしゃいますが、車を「いつ・どこに・いくらで」売るということを決定できるのはあなたですから、自分が強い立場で主導権を持っているということを認識したうえで、強気の交渉をしたら良いでしょう。

もし、あなたが車を売ることで損をしたくないと考えているならば、参考にしていただければと思います。

最後に、車の価値は1日ごとに落ちていくために、車を処分すると決めたら出来る限り早い査定をしてください。

1日で1万円以上の査定額差が付くこともありますから、せっかくのお金になる資産を放置しないように気をつけてくださいね。

以上、「車一括査定を【営業電話なし・メールのみ】で今すぐ行う方法」でした。

お役立ていただけたら幸いです。

「メールOK」が選べる査定はこちら