車引き渡し前にやることチェックリスト【しっかり洗車は不要です!】:サムネイル

「車が汚いと数万円の査定額に影響するから綺麗にしておきましょう!」

というような、注意書きは良く見ると思いますし、せっかく査定にきてもらうなら少しでも高い査定額が出るようになにかしておきたいと思うものです。

ここで、本当に査定額に影響があるかといわれると、査定業者のインタビューでは「洗車をすることで査定額への影響はほとんど無い」という回答でした。

元ディーラー査定士にインタビュー
元大手ディーラー査定士に、車を売る前の洗車について聞きました

そのため、査定前の洗車はする必要がなさそうですが、やっぱり汚すぎるのも考え物です。

あなたが査定を依頼したのに汚い状態というのは、査定業者担当者の心象を悪くして不利になるかもしれません。

そこで極力手間をかけずに洗車する方法をみていきます。

相見積もりをしないのは損?

車を売るときには下取りが損と聞きますよね?これってどういうことか知っていますか?
下取りでは相見積もりをしないことが多いから、高い査定額が出にくいのです。相見積もりをすれば下取り査定も限界はありますが、高い査定額も狙えるというわけなのです。

下取りに限らず、相見積もりをしていないなら、市外などの業者を巻き込んで損なく車を売ってください。

⇒カーセンサーで「あなたが見落としてしまう」相見積もり可能な業者を探す【無料】

車引き渡し前にやることは?

車を売るために重要な準備というのは、具体的に車をすぐに引き渡せる準備となります。

このことが良く作用するのは、車をすぐに引き渡せることは業者利益に影響を及ばすからであり、実際に売ってくれるか分からない車オーナーよりも車を売ることが確かめられる車オーナーを良くみてくれるのは、逆の立場ならば明らかですね。

したがって、買取金額は業者とあなたで利益対立しているために譲れませんが、すぐに引き渡しができるという状態を見てわかるようにしておくことは、業者が積極的に査定額を付ける理由になるわけです。

そのために特に重視しておいてほしいのは「取得が面倒な書類は事前にそろえておくこと」「荷物を整理しておくこと」が重要です。

書類はそろえておく

車を売るための書類は、役所で必要になる書類以外はすでに揃っている場合がほとんどです。

車売却に必要な書類など
  • 車検証
  • 自賠責保険証
  • リサイクル券(実はあってもなくてもOK)
  • 自動車税納税証明書
  • 印鑑証明書
  • 実印
  • 住民票と戸籍謄本(住所と氏名が車検証と異なる場合)

車売却に必要な書類は上に挙げた7つ以外にも「譲渡証明書」と「委任状」が必要になりますが、車買取業者に引き渡す場合には、ほとんどの場合に業者が用意してくれるのであなたが集める必要はありません。

これらの中で、印鑑証明書と住民票や戸籍謄本など、役所で発行が必要な書類が事前に取得しておくべき書類です。

多くの場合にこの役所関連の書類は後で取得することになるので、車買取業者としてもそれは後から得るものとなってしまいますが、書類がそろっている場合にはすぐに引き渡すことも可能であり、そういった場合には業者も売れ筋の車でなくても買取に力を入れてくれます。

また、業者とタイミング次第では無料で代車などの手配も依頼できるために、車利用を予定していてすぐに車を引き渡すことが出来ない場合も対応できることも知っておきましょう。

荷物は整理しておく理由

荷物の整理も書類同様の理由で、車をすぐ引き渡すことが出来ることを、実質的に主張するためです。

というのも、高く買うならばすぐに引き渡すことが可能といっても、荷物が大量に積まれている状態では、当たり前ですがそれを降ろす必要があるために、主張の一貫性が乏しいものになり、主張の裏付けとなる信用を損なってしまいます。

つまり、すぐに車を引き渡すということを主張することは目で見てわかるようにしておく必要があるため、意外に忘れがちですが荷物の整理はしておくようにしてください。

車引き渡し前の洗車はほどほどでOK!

洗車の画像
こんな丁寧に洗車をする必要なし!

査定業者が見るポイントというのは限られていますので、そのポイントに限っては手間を掛けずに掃除していけばよいでしょう。

ちょっと極端ですが、めんどくさがりな私はフロントガラスを軽く拭いて終わりにしてしまいます^^;

気になる方は雑巾などでボディーをふき取るぐらいしておきましょう。

車が傷だらけという方は、洗車機で車を洗うと安いお金で簡単に車をきれいにできます。

いずれにしても査定額を下げてしまうような行為はご法度ですが、評価されない以上に洗車をすることはあまり意味がありません。

細かいところまで完璧に洗車してあれば良いに越したことはないでしょうけど、手間をかけるだけの価値はないということです。

したがって、念入りに洗車する必要は無く、車全体が汚くなければよいという程度が、車査定前に洗車をする基準になります。

ところでなぜ車査定前に洗車をしておこうと考えるのかといえば、査定額を上げたいということですが、あまり効果がないということで話してきました。

では、あまり効果がないならば効果がありそうなところをしっかりやっておく、と考えるのが普通の成り行きですね。

ワックス掛けや傷直しなどはする必要は無い

ボディーなどきれいに洗車することに越したことはありませんが、わざわざワックス仕上げ洗車をする必要はありません。

もしそのぐらいの手間をかけられるなら小さな傷を修復しておきましょう。

ここでいう小さな傷とは鍵などで引っかいてしまったような小さな傷です。

カー用品店にキズ取りが売っていますので、あなたが取れるリスクの範囲内でやってみましょう。

もっとも最近は鍵を使わないであけられるタイプが多いのでこのような例が適切かどうかはなんともいえないところですが・・・。

修復が難しいほどの大きな傷についてはあきらめましょう。

下手に手を出して余計汚くなってしまうことも多いです。

このように業者の心象を良くするために洗車ということで手間をかける必要はありません。

冒頭にもお話したように時間がないなら洗車機に突っ込むだけでも良いでしょう。

ただし、このような洗車機による洗浄はボディーにキズをつけることもありますので、確認してから洗車を行うようにしましょう。

車引き渡し前にすること:まとめ

車引き渡し前の準備は「簡単な掃除と荷物整理」「書類をそろえておくこと」が大切です。

意外にも洗車をしっかりとやる必要はなく、必要最低限でも大丈夫なので、見せる相手に失礼にならない程度の清掃はしておきましょう。

また、修復歴については知っていることをしっかり伝えて、前オーナーの事故など分からないことについてはある程度仕方がないということで問題ありません。

準備をすることで業者が積極的に査定を付けてくれるのみならず、入金までの期間も短くなるので参考にしてください。

相見積もりをしないのは損?

車を売るときには下取りが損と聞きますよね?これってどういうことか知っていますか?
下取りでは相見積もりをしないことが多いから、高い査定額が出にくいのです。相見積もりをすれば下取り査定も限界はありますが、高い査定額も狙えるというわけなのです。

下取りに限らず、相見積もりをしていないなら、市外などの業者を巻き込んで損なく車を売ってください。

⇒カーセンサーで「あなたが見落としてしまう」相見積もり可能な業者を探す【無料】