ネクステージ買取の評判は悪い?:サムネイル
https://www.nextage.jp/
ネクステージ買取の評判:3行まとめ
  • ネクステージ買取の評判はどちらかといえば悪い
  • オリコンでの満足度ランキングでは9位と低め
  • 車を売る場合には評判にこだわらず高く買う業者を探すこと

あなたは車買取業者を選ぶときに何を重視しますか?

この疑問について車オーナー6000人超にアンケートで聞いた結果があります。

オリコン:車買取会社利用者が重視した項目
オリコン:車買取会社利用者が重視した項目

多くの方は車買取業者を選ぶときに「売却手続き」と「見積もり・査定」が重要であるとして、つまりは、手間なく高く売れる業者が良いと判断しているようです。

これを逆に見た場合には、手間が掛かって高く買わない業者は最悪ということになり、車買取業者で悪評が付くような業者の場合には確かにこの要素を持っていると納得しています。

さて、ネクステージはこのどちらに該当するのか、その点を第三者機関の調査と車オーナーからの直接の口コミをもとにみていきますので、あなたが車を売るときの業者選びに役立ててください。

ネクステージ買取の評判

ネクステージ買取の評判を見る場合には、第三者機関による格付けと車オーナーの口コミで主に業者の手続きをみていきます。

またあわせて買取業者の評判は車を高く売るうえで、事前に知る必要も少ないということもあります。

車をトラブルと手間なく高く売れることが車オーナーにとっての目標の一つであれば、相見積もりをして高く買う業者を探せば事が済むからです。

ただし、この「トラブル」がないことが重要なので、その点については評判をみて判断するというのが大切になってきますね。

ネクステージ満足度ランキングは9位

車買取会社のランキング2018年版 オリコン顧客満足度|調査企業30社の比較・クチコミ・評判11
車買取会社のランキング2018年版 オリコン顧客満足度|調査企業30社の比較・クチコミ・評判

オリコンという調査会社では、車買取会社の満足度についてランキング格付けを行っていて、ネクステージは9位と比較的低順位でした。

この点数を個別に見ると次のグラフになります。

ネクステージの評判・口コミ|オリコン 車買取会社満足度ランキング
ネクステージの評判・口コミ|オリコン 車買取会社満足度ランキング

全ての評価項目で平均を下回っている状況で、格付けとしても好評とは言えない状況です。

というのも、オリコンでは企業同士の関係もありますので、悪い評判は書くことはなく、そうなれば相対的に他の業者との序列で見ることになるからです。

ちなみに、ビッグモーターとガリバーは買取台数が多いということもあり、好評もあれど悪評が目立ちます。(最近ガリバーは少なくなりました)

その業者に挟まれている状況を見ると、これから見る車オーナーからの口コミについても類似性がありそうです。

車オーナーからの悪い口コミ

車オーナーからの口コミはツイッターによって見ていきます。

一般の人の日常的な意見ですので、有益なものもあれど的外れなものが多く、ネクステージの評判をよく表しているものを選んでいます。

ネクステージに限らず、ネットで査定を依頼した場合は電話連絡が多くなりますが、自動コールセンターや会社の方針で電話をかけ続ける業者の場合、この電話量の傾向は明らかに別れます。

自動コールセンターを持つガリバーとビッグモーターの電話量は他の業者よりも多く、上の口コミを見るとネクステージも同様の営業方針をとっている可能性があります。

接客については店舗や担当者によって変わってきますから、どんなに評判が良い業者でも評判とは違う状況になることは多々あります。

ただし、やはり会社の方針として雇用や教育、またフランチャイズの場合には基準がありますので、全てが運とは言えないと筆者は判断しております。

査定を担当する人といっても全てを知っているわけではありません。

しかし、業務に必要な知識が足りないのは問題で、このような問題は出店拡大などをしている企業に良くある問題の一つです。

ネクステージは強い営業電話をする業者である可能性がさらに高まりました。

もちろん、ネットで査定を依頼している以上は電話連絡があることについて不満を言うのは的外れではありますが、電話に出ないからといって何度も電話をかけて解決する問題ではありませんよね。

車オーナーからの良い口コミ

ネクステージの口コミについて良いものを見ていきます。

担当者には当たりと外れがあるということでしたが、この場合はこの要素が良く作用した例といえるでしょう。

ちなみに筆者はガリバーのオペレーターと会話したときには全く悪い印象はなく、むしろ世話焼きな良い面を見ることが出来ました。

業者対応を買取店に求めることは必ずしも必要なことではなく、ページ冒頭でもあったように「手間なく高く買う業者」を探すというのが車オーナーのすべきことなのだと改めてわかります。

結局はネクステージの査定額はカーセブンに負けてしまいましたが、トラブルと手間なく車を高く売るということを表している画像ですね。

このように同時に査定を行うことで業者の評判などはそれほど重要でなくなりますので、ある意味では同時査定入札法に対応しているということで、良い口コミとして分類しています。

ネクステージのライン査定評判

ネクステージにはラインで査定をできるサービスがありますが、このサービスはおおむね不評です。

多く見受けられるのは返信されずに待たされるというもので、中には返信に1か月かかったというものも見ることが出来ます。

それもそのはず、スタッフが手打ちで入力しているようで、ただでさえ人員が足りないときにはこの業務を処理するだけでも大変でしょう。

しかも個人的な見解としては車を売ろうとするオーナーはわざわざラインで査定を依頼せずに、直接業者に依頼するはずですので、担当者が営業も見ている場合にはあまり積極的に対応する必要もないように思えます。

さらに査定額については高いものと低いものでかなり差があるようで、この辺りについては実際に車をみているわけではなく目安の金額なので仕方なしといったところでしょうか。

なお、ライン査定額については個人的な判断も伴うので高い低いについてはどちらでも問題を感じていません。

むしろ1か月後に返信があるような状況では、車を売ろうとしている方は、すでに車を売ったあとになりますので、経営努力の無駄を感じます。

ネクステージ買取の評判:まとめ

以上のようにネクステージの買取評判を見てきました。

個人的な見解も含みますが、ネクステージは集めた口コミやオリコンでの評価を見ると評判が良い業者とは言えません。

もちろん、担当者レベルや店舗レベルにおいては話は変わってきますが、一昔前のガリバーや現在のビッグモーターと口コミの種類やオリコンでの格付け位置が似ている状況です。

ただし、業者の評価はトラブルに巻き込まれるのは避けたいところですが、最も重要なことは車を高く買うかどうかです。

そして車を高く買うかはタイミングや車種によるところが大きく、これを会わずに評価するのは難しい現状があります。

タイミングや諸種については、特定の車種を仕入れたいと考えている場合に、特に高く買う状況もあるように、タイミングが重要となってきますので、車を売る場合には相見積もりを必須です。

また、相見積もりをすることで業者間で競争・けん制させることによってトラブルを未然に防いで安売りを回避できるので、すでに売り先を決めているような状況以外では少しでも有利に車を売ることが出来るように、相見積もりをするようにしてくださいね。

ネクステージに査定を申し込む方法

ネクステージに査定を申し込むのは、電話とネットから行うことが出来ます。

また直接店舗に持ち込むことも可能ですが、できる限り事前に連絡を取っておくことで、行き違いなどによる無駄を防ぐことが出来ます。

そのため、直接店舗に持ち込んで査定を申し込む場合には地域のネクステージをネットで探すようにしてください。

⇒ネクステージの店舗を公式サイトで探す

電話で査定申し込み

ネクステージに電話で査定申し込みを行う場合には、次のコールセンターに受付時間内で電話をかけます。

ネクステージに電話で査定申し込み

電話番号:0120-526-888

受付時間:9時から21時

定休日:年中無休(年末年始は除く)

電話をかけて査定を受けたいことを伝えて、車情報と連絡先を伝えた後に、査定日時の予約をするという流れになります。

 

また、基本的に直接店舗に電話をかけても同様のことは出来ます。

ネットで査定申し込み

ネクステージにネットで査定を申し込みを行う場合には、公式ページから入力フォームで依頼を行います。

車買取・車査定 - 中古車の簡単査定は【ネクステージ】
車買取・車査定 – 中古車の簡単査定は【ネクステージ】

⇒ネクステージに公式サイトからネットで査定申し込み

フォームの入力が終わると、連絡先に折り返し連絡などがきて、その場面で査定日時の予約を行うという流れになります。

なお、ネットで査定依頼をする場合には車一括査定による相見積もりが便利です。

相見積もりなら車一括査定がおすすめ

車を有利に売るためには相見積もりは必須で、現在では当たり前のように行われています。

その理由はネットによる車一括査定申し込みが一般的になったことに加えて無料で使えることが理由です。

相見積もりをしないのは損?

車を売るときには下取りが損と聞きますよね?これってどういうことか知っていますか?
下取りでは相見積もりをしないことが多いから、高い査定額が出にくいのです。相見積もりをすれば下取り査定も限界はありますが、高い査定額も狙えるというわけなのです。

下取りに限らず、相見積もりをしていないなら、市外などの業者を巻き込んで損なく車を売ってください。

⇒カーセンサーで「あなたが見落としてしまう」相見積もり可能な業者を探す【無料】

ネクステージの会社情報

ネクステージの会社情報は、事業内容と従業員数に注目してください。

名称株式会社ネクステージ
所在地〒460-0004愛知県名古屋市中区新栄町一丁目1番地 明治安田生命名古屋ビル14階
資本金31億1,252万1,885円(2018年4月末現在)
事業年度12月1日~翌年11月30日
事業内容新車、中古車の販売及び修理、新車ディーラーの運営、損害保険代理店業
子会社等[連結子会社] 株式会社ASAP、株式会社NEW、株式会社Ai
取引銀行三菱UFJ銀行 みずほ銀行 三井住友銀行 十六銀行 りそな銀行 百五銀行 商工中金 伊予銀行 愛知銀行 名古屋銀行 大垣共立銀行
従業員数1,394名 ( ※2018年2月末現在 連結、臨時従業員を除く)

事業内容を見るとわかるように、新車販売や中古車販売など売るほうがメインであることが分かりますね。

そして損害保険代理店をやっているということで、車関連の事業を抑えていることが分かります。

やっぱり車はしっかりと顧客を囲い込むと儲かるのですね。

また、従業員数が1000人超というのは、なかなかすごい会社だと思いませんか?

その分しっかりと収益を出す必要はありますが^^;