福井県福井市で債務整理・任意整理をするときの事務所一覧です。

福井県福井市で借金相談をする場合に役立ててください。

【28事務所比較でおすすめ!】弁護士で比較的費用が安い全国展開の事務所
C-ens法律事務所は、弁護士事務所で比較的費用が安い事務所です。任意整理費用が他が1社あたり55,000円であるところ、1社あたり22,000円とお得です。

「借金を減らしたいけど費用も気になる…」という方には、28事務所を比較した結果に基づき、総合的に「C-ens法律事務所」がおすすめなので参考にしてください。

C-ens法律事務所の費用一覧
相談料「0円」(無料)
任意整理費用(着手金+報酬金)「1社当たり22,000円~」+「減額定率報酬11%」(税込)
完済過払い(着手金無料)「1社当たり22,000円」+「返還額の22%」 ※訴訟の場合は27.5% (税込)
自己破産(着手金+報酬金)「440,000円~」(税込)
個人再生 (住宅ローン特別条項非適用)「550,000円~」(税込)
個人再生 (住宅ローン特別条項適用)「660,000円~」(税込)

※その他、実費・諸経費が加算

cens300_250

⇒C-ens法律事務所の詳細を見る

福井県福井市で債務整理・任意整理の費用が安いと評判の事務所を選ぶべき?

福井県福井市で債務整理・任意整理の費用が安いと評判の事務所を選ぶべきでしょうか?

もちろん、福井県福井市の近所で選ぶことで連絡を取りやすいなど便利な点はあります。

一方で、特に任意整理の場合には交渉を行う必要があるので、案件を多くこなしている分だけ交渉の落とし所も心得ています。

そのため、債務整理の処理件数が多い全国対応事務所がおすすめです。

多くの方が知らない事務所選びの重要なポイントとは

債務が約137万円減った画像1
弁護士の先生からいただいた借金減額成功の報告書

私の身内は、任意整理で「総借金額は4,578,289円から3,204,455円」に減り、「月の支払い額は10万円から5万円台」と無理なく払える額に減らせて、さらに督促も止まりました。

事務所選びで重要なのは「債務整理を多くこなしているかどうか」です。

実は意外と知られていないことですが、任意整理は裁判所が判断する自己破産や個人再生と違い、借金減額について法的な強制力はありませんから、交渉がうまくいかないことも当然あります。

つまり、借金先にたいして利息カットの交渉をして相手が同意する必要があるため、事務所選びによってあなたの借金問題解決に影響があるというわけです。

交渉によって借金減額の和解を取るなら、交渉数が多い事務所を選ぶほうが安心で無難ですよね?

この点から、債務整理を比較的多くこなしている全国展開の事務所から考えるのをおすすめしています。

当サイトでは、主に全国対応している28事務所を比較しました。(以下画像が比較表へのリンクになっています。見づらいですが自分で比較したい方は参考にしてください)

債務整理の事務所選び比較表
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1g3yWdJToPJLPhm2rM8a4SSmApA-RZ90PikLXFpcw-QY/edit?usp=sharing

そのなかで、事務所費用について費用が安いことと融通が利くことについて、相談が無料のおすすめ事務所を2つ挙げましたのであなたに合った事務所選びの参考にしてください。

■弁護士事務所で比較的相談費用が安い「C-ens法律事務所

債務整理 離婚 相続 遺言作成なら - C-ens法律事務所
C-ens法律事務所は、任意整理の費用が着手金11,000円と成功報酬11,000円であり、他の弁護士事務所と比較して安いのが特長です。

任意整理の大雑把な相場としては、弁護士事務所では債権者1社あたりの着手金と成功報酬を合わせて55,000円であり、C-ens法律事務所は1社あたり22000円と、他と比較して費用が安いか分かります。(事務所の比較表を見てもらうと分かります)

なお、費用を比較するならこちらでおすすめしている事務所に限らずに、地域も含めていくつかの事務所に相談をして決めるのが良いでしょう。

とはいえ比較するためには、比較できる対象をはじめに決める必要があります。

まずは全国展開であり、弁護士事務所で比較的費用が安いC-ens法律事務所をみて、あなたの借金問題解決にあう事務所を探してみてください。

C-ens法律事務所の概要
事務所名弁護士法人 C-ens法律事務所(シーエンス)
所在地東京都新宿区西新宿7丁目1−12 クロスオフィス新宿802
取り扱い業務債務整理、離婚・復縁、相続・相続準備、遺言作成、企業顧問契約、コンプライアンス、IT・IoT・Fintech法務、代理店・業務提携法務、労働問題、マーケティング法務、ベンチャー法務、資金調達法務
営業時間10時〜18時(休日:土日祝日)
電話番号03-6721-1597
代表弁護士森崎 秀昭(第二東京弁護士会所属)登録番号39914
対応地区全国対応
借金問題の相談受付ホームページから24時間受付可能
債務整理の相談料無料
cens300_250

⇒C-ens法律事務所の詳細を見る

福井県福井市で債務整理・任意整理が出来る事務所一覧

福井県は南部と北部で事務所比較をする状況が変わってきます。

いずれの場合においても、近隣県の事務所と比較をすることであなたにあった事務所を探すことに役立ちます。

一方で、福井県内の南北で比較をすることは地理的に難しいでしょう。

事務所名
春江法律事務所
司法書士法人ist(イスト) 坂井事務所
田島義規司法書士事務所
山本法律事務所
えちぜん 法律事務所
たけふ法律事務所
司法書士・行政書士 前川事務所
市川法律事務所
谷口総合法律事務所 鯖江支所
斉藤司法書士事務所
高村弘人司法書士事務所
福井さくら法律事務所
山本法律事務所
弁護士法人福井スカイ法律事務所
九頭竜法律事務所
弁護士法人ふくい総合法律事務所
あすわ法律事務所
高志法律事務所
杉原・きっかわ法律事務所[SUGIHARA&KIKKAWA LAW OFFICE]
剱法律事務所
ist(司法書士法人)福井事務所
佐藤島田法律事務所
永田廣次司法書士事務所
山川・法律事務所
みどり法律事務所
まつみや司法書士事務所
若狭法律事務所
司法書士大谷弥生事務所
杉谷総合司法書士事務所
竹森茂治・司法書士事務所
上野進法律事務所
堺法律事務所
山口法律事務所

 

債務整理のよくある質問

債務整理についてよくある質問をまとめました。

よくある質問について短く答えていますので参考にしてもらえたら幸いです。

なぜ貸主は債務整理(任意整理)に応じてくれるのですか?

貸主が、債務整理(任意整理:利息カット交渉)に応じる理由は「破産などされると取りっぱぐれるため」です。

任意整理とは、債権者(貸主)に対して「破産による免責で元本回収が出来なくなるために利息カットを交渉する」といった合理的な判断を債権者に行うものです。

つまりは、債務者が破産されると借り入れ先は元本の回収が出来ないので、それなら債権者は利息カットで妥協しようというのが交渉に応じる理由です。

破産法

第二百五十三条 免責許可の決定が確定したときは、破産者は、破産手続による配当を除き、破産債権について、その責任を免れる。

https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=416AC0000000075

とはいえ、任意整理の場合には交渉が必要であり、個人が借り入れ先と交渉してもほとんどの場合に相手にされません。

特に消費者金融やカード会社であれば、任意整理の交渉に実績がある弁護士や司法書士に任せることで和解をしてもらうというのが望ましいといえます。

債務整理の手続き流れはどんな形ですか?

借金減額診断から実際に弁護士・司法書士に減額を依頼する場合には、以下のような流れで債務整理手続きが進んでいきます。

  1. 相談
  2. プランの提案
  3. 受任契約
  4. 債務整理手続き開始
  5. 解決

借金減額診断は相談の手続きに含めて考えることが出来ますね。

相談を経てあなたの状況に合わせたプランを提案され、事務所比較などをしたい方はそれぞれの費用やプランを比較したうえで、気に入った事務所に債務整理を依頼します。

受任契約で正式に債務整理をすすめていくことになり、主に事務所に費用を払うのはこの段階からということになります。

任意整理の場合には以後事務所が借り入れ先と交渉をして、解決後に借金の支払いを行うという流れになります。

解決までどのぐらいの時間が掛かりますか?

まず解決とは、借り入れ先との交渉をして和解をすることを指します。

借り入れ先の数によって変わってきますが、任意整理の場合には解決まで3ヶ月から6ヶ月、自己破産や個人再生では1年ほど解決まで時間が掛かります。

また、一般的な認識である「借金問題の解決(完済)」でいえば、任意整理・個人再生は3年から5年で支払いをおこなう債務整理なので、これらの手段においては全体として4年から6年で完済の目安になります。

一方で自己破産の場合には免責された場合に完済となりますので、復権など考える必要もありますが借金の完済という点でいえば1年ほどと考えることが出来ます。

家族や職場に内緒で債務整理出来ますか?

家族や職場に内緒で債務整理出来るかは、現在の状況や債務整理の方法によって変わってきます。

まず、現在の状況についてですが、自宅や職場に対して督促や催促が行われる場合には借金問題がばれてしまうわけですから、多くの方にとって債務整理を内緒にするという前提事態がどうでも良くなってしまいます。給料振り込みの銀行口座が差し押さえなど凍結した場合には、当然職場にばれる可能性が大きくなります。

この場合には速やかに債務整理を行うことで催促や督促を止めて家族や職場に借金問題をばれないようにしたいところです。

一方で、債務整理の方法によって家族にばれる場合がありますが、任意整理の場合にはほとんどの場合に事務所では内密な処理について最大限の配慮が得られます。

例えば自宅に送られる書類などを郵便局留めにするなどです。

ただし、個人再生や自己破産の場合には裁判所からの手紙を自宅に送られるために、どうしてもこの点はあなたの努力でなんとかする以外の方法はありません。

また、配偶者に内緒で借金を処理したいと考えている方のほとんどは最終的にばれることが多いため、多少後ろめたさがある場合でも早期に説明をして理解を得られる努力をすることも検討するこをおすすめします。

住宅や車を手放さずに債務整理出来ますか?

住宅や車を手放さずに債務整理が出来るのかは債務整理の方法によって変わってきます。

まず自己破産については住宅や車は、基本的に諦めるしかありませんが、そのような場合において住宅を持っている方については個人再生を利用するケースが多いです。

個人再生は、裁判所の介入によって債務を1/5まで圧縮して、これを3年から5年で払っていくものであり、「家を残して債務整理する方法」として代表的な方法です。

また任意整理については、交渉先を選ぶことが出来るので、例えば消費者金融などの債務を整理する一方で、住宅の債務はそのままにするということも可能ですので、住宅を残すことは可能です。

あわせて、車がクレジット契約である場合などについても、任意整理については交渉先を選ぶことが出来るので、車の使用権を残したまま債務整理を行うなどが可能です。

お金が手元にないのですが債務整理の依頼は出来ますか?

手元にお金がない場合にも、後払いや分割払いで対応が可能な事務所はあります。

最も良いのは身内に頼ることで、比較的長期かつ多くの場合には無利息で工面できます。

一方で、換金出来る物品がある場合には換金や質入れを行って債務整理の費用を工面することも昔からよく行われています。

私の身内は電話加入権を抵当に入れて資金を調達しましたが、現在では電話加入権に価値はありませんので、貴金属など換金出来る物品があればそれを利用するのも手です。

間違えても闇金など利用しないように注意してください。

最近過払い金の話を聞かなくなりましたがなぜですか?

過払い金は10年で時効となってしまうので、2021年現在で過払い金請求が出来るのは、40代以降で長く消費者金融などと取引がある方のみです。

あわせて、過払い金ブームで該当する債務者(過払い金でいえば逆に債権者)は請求を行ったことを考えると、以上2つの点から現在は過払い金を請求できる人はかなり限られてくると言えます。

その点で、最近は過払い金請求を行うという事例が減ったことが、過払い金について話を聞かなくなった理由です。

法律事務所・法務事務所に払う費用の内訳を教えてください。

法律事務所・法務事務所に払う費用については主に次の5つがあります。

  • 基本報酬
  • 着手金
  • 成功報酬
  • 減免額の報酬
  • 実費など

事務所を選ぶうえで比較したいのは、基本報酬と着手金、成功報酬は借り入れ先1社ごとに一定額で増えますが、借り入れ先が多いと多少安くなる事務所が多いです。

これは、借り入れ先が少ない場合に手続きの手間があるのに報酬が少なくなってしまうといった客単価と費用・想定利益といった事務所側の都合でもあり、逆に借り入れ先が多ければその分だけ報酬が取れるので営業効率が良くなるため安くなるというわけです。

減免額の報酬はすべてに該当するわけではありませんが、主に弁護士事務所では設定があり、司法書士事務所ではないという傾向があります。

これらに出張費や日当などの実費も加算されます。

注意したいのは基本報酬と着手金の取り扱いですが、この点は次の質問で説明します。

着手金とは何ですか?

着手金というと「内金」「前払金」のように思えますが、実際には相談事案の成功にかかわらず請求されるものであり、その性格は基本報酬と同じです。

一方で、着手金の支払いが終わってから借金の支払いがスタートするという事情から、実は着手金がある事務所のほうが「事務所費用と借金支払いの重複」という事態を避けることが出来るので有利です。

債務整理をする事務所を選ぶ際には一件すると、着手金0円というのは有利に見えますが、その分は基本報酬で徴収されている可能性がありますので、気になる方は必ず事務所にどのような料金体系になっているのかを確認するようにしてください。

督促はいつ止まりますか?

督促については最短で当日止まると申込みページに書いている事務所もありますが、実際には受任契約から1週間から10日前後かかる場合がほとんどです。

これは借り入れ先に受任通知を送って、相手が受け取ってはじめて督促が止まるからです。

この点を考えると、家族や職場に借金問題についてばれなくない場合に、督促が始まっている場合には速やかに事務所選びをして受任契約を行うことが重要です。

どの方法で債務整理をすれば良いですか?

債務整理については、借金減額診断をすることで最適な方法を選ぶことが出来るので、借金問題を解決したい場合には診断すれば問題ありません。

とはいえ、一つの判断基準としては任意整理と個人再生は債務を3年から5年で返済するために、一定の収入を得られる算段が必要になります。

これが難しい場合には自己破産を選択するという判断基準が一般的です。

細かくは、任意整理では利息カットだけなので元本の圧縮が必要な個人再生を選ぶなどの判断は、借金減額診断先と相談して決めるのが良いでしょう。

全国対応していますか?

当サイトで案内する借金減額診断はほとんど全国対応しています。

当サイトでは、借り入れ先と交渉慣れしている事務所を選ぶことをおすすめしていますが、地元の業者を選ぶというのも悪い判断ではありません。

24時間受付対応していますか?

借金減額診断は24時間受付対応しています。

ただし、これはメールやツールの対応は当然に24時間使えるということであり、最終的に事務所から連絡があるのは事務所の営業時間であることがほとんどです。

弁護士と司法書士のどちらに債務整理を依頼するべきですか?

弁護士と司法書士のどちらに債務整理を依頼するべきかという点は、費用と状況、また実際にいくつかの事務所に相談をして気に入った事務所を探すというのがおすすめです。

まず費用は弁護士よりも司法書士のほうが比較的安いことが多いですが、これは交渉能力が弁護士のほうが高いためではありませんし、債務整理を専門にしている司法書士のほうが有利な場合があります。

一方で、司法書士では債務額が140万円以下の事案しか取り扱えないことなど、一部業務について制限があります。

ただし、冒頭でもいったように実際に診断や相談をしたうえで気に入った事務所を利用するというのが最も良い依頼先を決めるポイントになります。

おまとめローンと債務整理はどちらが良いですか?

おまとめローンと債務整理については、信用情報機関に異動登録されることで、以後金融取引などに支障が出るかどうかという点で判断したいところです。

また、債務整理についておまとめローンよりも有利な金利で工面出来る同様のローンがありますので、支払いを少なくしたい場合は債務整理を選びたいところです。

主に、以上2つの点でおまとめローンか債務整理かの選択判断が良いでしょう。

怒られたり難しい質問はされますか?

まず怒られるということはかなり珍しいことで、事務所にとってあなたはお客さんなのでそういったことはめったにないといえます。

めったにないというのは、何事にも例外があるのでそういったお節介な人もいる可能性があるからです。

また、難しい質問をされるという点についても必要以上に構えることもなく、分からないことについては質問することで適切な回答が得られます。

債務整理をするデメリットはありますか?

債務整理をした場合には、主なデメリットとして次の4つがあります。

  • 任意整理で5年、個人再生・自己破産で5年から10年はクレジットカードや分割払いの審査が通らない
  • 個人再生・自己破産を行うと官報(誰も読まない新聞)に名前と住所が載る
  • 資産(主に車・家など)の一部を失う場合がある
  • 自己破産の場合は復権までに制限が掛かる(主に職業)

この中で最も気にすることが多いのは、通称ブラックリストに載ること(実際には信用情報機関に「異動」として登録されること)でクレジットカードなどが作れないという点です。

しかし、最終的に破産するぐらいなら早めに債務整理をして生活を再建したほうが良いのはいうまでもありません。

他のデメリットについても、結局数年後に債務整理を仕方なくすることになった場合には同じ状況になります。

特に給与で生計を立てている方の場合は、いきなり給料が上がる見込みがあれば良いですが、多くの方にとってはそれが難しいから借金の問題があるわけです。

債務整理をためらうのは、結局数年後に債務整理をした場合にその期間に払った利息が無駄になってしまうので、決断は早いほうが良いですし、そのために都合良く借金減額診断を使ってもらったらと考えています。

弁護士・司法書士の費用相場はどのぐらいですか?

弁護士と司法書士の費用について、借り入れ先の数によって費用の相場が変わってきますので、その点を考慮すると以下のような状況でした。

  • 基本報酬・着手金:1社あたり1万円から5万円前後
  • 成功報酬:2万円前後
  • 減免額の報酬:11%(主に弁護士事務所)
  • 実費:状況による

以上は、28事務所を比較した結果であり、その比較表を見たい方はスマホだと見づらいですが下がありますので事務所選びの参考にしてください。

債務整理の事務所選び比較表
https://docs.google.com/spreadsheets/d/1g3yWdJToPJLPhm2rM8a4SSmApA-RZ90PikLXFpcw-QY/edit?usp=sharing

一般的に弁護士のほうが割高であり、一方で司法書士は割安であることが多いです。

特に減免額の報酬については、弁護士事務所では11%、司法書士事務所ではなしという場合が多いです。

一方で、弁護士事務所においても着手金や成功報酬が比較的安い場合や、司法書士事務所で費用全体が比較的高い場合もあります。

費用について気になる場合は事務所選びはいくつか診断をしたうえで比較して決めるのが良いでしょう。

なお、複数の事務所を比べた結果、当サイトおすすめは「C-ens(シーエンス)法律事務所」で、1社当たりの費用が22,000円であり、標準的な1社当たりの費用が55,000円と比べてお得です。

借金減額も「詳細な個人情報不要」でスマホ・パソコンからプラン診断が出来るのも利点です。

債務が約137万円減った画像1
弁護士の先生からいただいた借金減額成功の報告書

私の身内は、任意整理をして「総借金額は4,578,289円から3,204,455円」に減り、「月の支払い額は10万円から5万円台」と無理なく払える額に減らせて、さらに督促も止まりました。

診断は無料なのでよかったら試してみてください。

cens300_250

⇒借金と支払いがいくら減るのか試してみる【無料】

福井県の債務整理:公共機関等連絡先一覧