無理して車を買わないで!:サムネイル

車を買うときには車体価格ばかり気になりますけれども、実は買ってからも相当お金が掛かるのをご存知ですか?

いや、知っているとは思いますが、実のところ車を買うことにモチベーションが高くなっていて軽視しがちな傾向があるようです。

例えば、家族が増えるからミニバンを買おうと思っていて、5ナンバーのほどほどなもの(例えばトヨタヴォクシーなど)を買おうと思ったのだけど、友人がトヨタヴェルファイアを買ったから自分もトヨタアルファードを買ってしまったなんていうのはよくある話です。

まあ、実際のところは奥様に反対されて結局ヴォクシーになるのですが・・・(涙)

ところで、なぜ奥様方は家やマンション・リフォームをするときは前向きなのに、車になると厳しくなるのですかね^^;

今回は幸運にも大型ミニバンを買うことが出来たときのお話となりますが、せっかく買った車も後々掛かる費用を意識しないとなかなか車が乗り回せないなんていうことも少なく無いようです。

無理して車を買わないほうが良い理由

ここでは車の買い方から買ってから維持費がどの程度かかるのかということを項目別にみていきたいと思います。

高い車を買うことは非常に良いことですけども、資金ぎりぎりというのは大変よろしくないことです。

どうしても欲しいなら資金をある程度貯めてから買うか、今ある車を高く売るといったお金を用意する方法が必要でしょう。

車買い方の種類

大きく3つの買い方がありますが、実のところ現金で買うことに利点が少ないのをご存知ですか?

実はローンやクレジットを利用したときには、割引を受けられる可能性があるのに対して、現金一括なら割引してくれそうな気がしますが、実のところそんなことはないのです。

また、融資を受けるときには頭金を用意するかどうかで大分変わってきますし、ボーナス払いもあるのかどうかでも変わってきますね。

どれが良いというのは一概にいうのは難しいですが、頭金を出来る限り用意して利息をそれほど払わないようにすることは大切です。

頭金をたくさん用意して借入額を少なくして、小額のみをメーカー指定のローンやクレジットを組むという戦術が最も値引きが受けられるものとなるでしょう。

続きまして、それぞれの特徴をみていきたいと思います。

現金で車を買う

現金払いの最大の利点は、利息を払わなくて良いことです。

現金払いできるだけの資金があってわざわざフルローンを組む方がいらっしゃいます。

この方がおっしゃるのは、手元に資金を残しておきたいからそうしているということです。

実際にこの方法はそれほど悪いものではありませんが、長期的に見ると利息を払うことにほとんど意味がありません。

金利次第というところもありますが、年利2%を超える場合にはお金があるのに融資を受ける意味はそれほど無いでしょう。

対して金利1%未満なら手元にお金を残すという考え方も良いのかもしれません。

金利次第というところではありますが、出来れば利息は払わないことに越したことはありません。

私が低金利であると思える年利は1%~2%あたりだと思っています。

金利が高いのか安いのかの目安にご利用ください。

デメリットは値引きを受けにくいことでしょうか。

値引きが受けられないことについてはクレジット払いの段落で説明しますので、続きを確認してください。

ローンで車を買う

ローンとクレジットを混同してしまいますが、両者は実は異なるものです。

かなり適当に説明してしまいますと、ローンのほうがクレジットに比べて金利が安く審査が通りにくい・厳しいことが多いです。

融資元は銀行や公的機関などとなっています。

審査が厳しいのでローンを通すのは大変ですが、通りさえすれば金利が低いので有利な融資となるでしょう。

クレジットで車を買う

最近、テレビCMなどでも「残価設定型クレジット」というものを宣伝していますね。

残価設定型クレジットについては、簡単に説明するとあらかじめ決めた残価部分については利息しか払わない・満期日にまた車を買う・売るなどの契約を行うものになります。

この残価設定型クレジットは金利が低いものも多く、車購入者に対して様々な選択を出来るようになるのは良いことです。

ただし、残価設定型クレジットはデメリットもあります。

金利は銀行などで組むローンに比べて高めですが、審査が緩やかであるということもあり事情によってはこちらを選択することになるでしょう。

ただし、ディーラーで新車を買うなら大体は残価設定型クレジットを選ぶ方が多いでしょうから、従来型のクレジットは昔ほど組まれることは無いのかもしれません。

あと注意が必要なのが、ディーラー指定の残価設定型ローン以外のものは、年利7.8%などとても高い利率となっている場合がありますのでこちらは注意が必要です。

5年のローンなら安い金利のローンと高い利息のクレジットでは30万円前後利息が変わってくるケースもありますので、よく検討比較を行ってから決めるようにしましょう。

自動車保険は年齢で差が出る

最近はダイレクト型といって、インターネットから直接保険に入る(実際には保険商品を買う)ことが出来るようになりました。

代理店を通さないので、その分安いのですが自分で保険を設計することと有事のときに保険の請求を自分で行わなければいけないなどのデメリットがあります。

高い方で年間10万円ほど、安い方では年間2万円ほどとなっていますが、等級や若年・車種によっては安かったり非常に高かったりとかなり差が出ます。

余談ではありますが、サンデードライバーほど危険ではあるが(?)保険料が安いのでやはり乗れば乗るほど事故の可能性が高くなるからです。

危険であっても危険な期間が少ないなら保険料も安いわけですね。

ガソリン代と車の利用目的

「いやー、ガソリン高いでしょう!」という方もいらっしゃいますが、お金が無いときには出かけないですし、ガソリンも入れないので実はそれほど掛からないケースが多いのです。

車種や利用頻度によっても変わりますが、月間1万円~3万円程度というのが相場のようですね。

ハイブリッド車などのエコカーにおいてもこれが半額になるようなものなので、燃費が良いことが経済的に有利かどうかは高額な車体価格を考えると良いとはいえないのが分かると思います。

都市と郊外で異なる駐車場代

ガソリン代はそれほどでもないのに、駐車場代はなぜ高額なのかというところは気になるところです。

実はガソリン代と駐車場代は同じように1万円~3万円前後というのが相場ですが、比例的にかかるガソリン代はセーブできても駐車場代をこのようにセーブするのは難しいからです。

つまり、乗らなくても確実に掛かる駐車場代はとても大きな固定費であって、変動費であるガソリン代と比べるのはナンセンスといえるでしょう。

郊外では、それほど気にならない駐車場代ですが、東京都心では月7万円という駐車場代がかかるところもあります。

地方では、狭くないマンションの家賃になってしまいますね^^;

エコカー減税は最初だけ:自動車税も固定費

まず2つ申し上げることがあります。

自動車税の場合に減額措置がとられるのはエコカー減税ではなくグリーン化税制と呼ばれているものです。

ただし、あまり一般になじみが無いので、エコカー減税とさせていただきました。

そして減額措置は初年度登録の翌年度の税金となります。

自動車税は3月までの税金を月割で払うために、翌年度の自動車税について減額措置をすることはユーザーにとっても嬉しいことですね。

排気量や車種別によって変わってくるもので、普通車なら3万円~11万円ほどであり、軽自動車では年間10800円となります。

なお、軽自動車税については月割ではなく年額一括払いです。

車検代は実は高い

車を手放すことになる理由ナンバーワンは車検なんですよ。知っていましたか?

それほど車を売ってしまおうかと考えさせるほど高い費用となります。

実際に、車検自体の法定費用はそれほど多くないのですが、修理やら手数料やらを取られると10万円~20万円ほどになるようです。

法定費用には、自動車重量税や自賠責保険が費用の大半を占め、車検の検査費用自体は2000円でお釣がきます。

最近は車オーナー自身が車検をするユーザー車検がよく話題にあがりますが、まだまだやっている方も少ないのが現状のようです。

私がユーザー車検でスカイラインHCR32を6年前にユーザー車検で行った場合には修理費用を除けば6万円でお釣がきました。

ライトの調整は素人の私がやると時間がかかるので、外の予備車検場を利用で代金は2000円程でした。

車の知識がほとんど無い私でも出来たので、どうしても安く済ませたいという方はユーザー車検に挑戦してみるのも悪くないかもしれませんね。

なお、その場合においても車検前後においてしっかり整備することをオススメします。

無理して車を買わない:まとめ

車を買う機会というのはそれほど多くないですからどうせなら良いものをというのは分かりますが、それでも無理をして買うものではありません。

無理をして買った人がどのような結末になるか分かりますか?

大体は車に乗ることがなかなか出来ない、またはある一定の時期に車を売ることになっています。

車を売ることは悪くありませんが、せっかく買った車を売ってしまうのは大変もったいないことです。

そのため、無理なく車を買うためには頭金を用意することや低金利融資を探すこと、そして下取りを見直しして少しでも現金を用意することです。

利息で払う額を少なくすることで、家計や借入返済に回ることが出来ますから、余裕を持って車を保有することが出来ますね。

最後に申し上げておくと無理をして車を買うことは必ずしも悪いことではありません。

そういった無茶が出来る時期というのはそれほど多くありませんから、少し無理をすることで良い車を持つということで人生が変わる(?)ということもあります。

ここまであげた額に故障したときの費用を考えると最悪の事態に備えることが出来るのではないでしょうか。

お役立ていただけたら幸いです。