車を手放すときローンが残っていても売れる?:サムネイル

車ローンが残っていても手放すことは出来る?3行まとめ
  • ローンが残っていても車を手放すことは出来るが「所有権留保解除手続き」という面倒なものが必要
  • 車売却代金でローンを完済できないと新しくローンを組むことになる
  • 大手車買取業者であればだいたいローン途中で売却可能!

車ローンが残っているときに車を売る場合には、ローンの残債も気になりますし、何よりも契約上売れるのか?という点が疑問ですよね。

こちらでは、車のローンが残ってるけど手放せるか?ということを詳しく解説していきます。

なお、車ローン途中で手放す方法を詳しく解説しますが、大雑把な判断では次の2つで分けて考えてください。

分割払いはどこで行ったか?
  • 銀行マイカーローン利用⇒問題なく普通に車を売ることが出来る
  • ディーラーローン利用⇒対応する業者を利用することで車を売ることが出来る

⇒詳しい説明は必要ない場合:対応する業者一覧をすぐに見たい場合はこちら

車を手放すときローンが残っていても売れる

車を手放すことはローン残債が残っていた場合でも可能です。

ただし、注意しなければいけないのは法的に所有者はローン会社であることが多く、あなたは使用者として登録されている場合には、原則としてあなたは車を売ることが出来ません。

このことは、車を買う時の契約によって車の所有権があるかどうかの違いがあるためです。

つまり、車の所有権がないならば車を勝手に売ることは出来ませんが、逆に車の所有権があれば車を売ることが可能です。

車の所有権があるか確認する方法

車の所有権は車検証を見ればすぐに確認することが出来ます。

車検証「所有者」「使用者」の欄を見てください。

所有権のない車検証の例
所有者は車検証の「所有者の氏名又は名称」で確認できる

車検証の「所有者の氏名又は名称」にあなたの名前があれば、所有権はあなたにあるので車を売ることが可能です。

また、車検証の「所有者の氏名又は名称」にローン・信販会社の名前があり、使用者にあなたの名前があると、あなたに所有権が無いことになります。

車検証の所有者が自分名義の場合

車検証の所有権が自分名義であれば、問題なく車を売ることが出来ます。

この場合には、特に注意する点はなく、下取りに持ち込むなり買い取り店に売るなり制約はないと言うことです。

なお、所有権があなたにある場合は車を買う契約において「ローン契約」であることが分かります。

銀行などでローンを組んだ場合にはローン契約になる場合が多く、銀行マイカーローンを使った場合にはそのまま売れるケースが多いということになります。

車検証の所有者が信販会社などの場合

車検証の所有権が信販会社などであれば、あなたは勝手に車を売ることが出来ません。

とはいえ、法的には所有権はないとしても実質的には車の分割払いをしていること、またローン完済後は所有権を得られるということから、絶対に車を売ることが出来ないというわけではありません。

オリエントコーポレーションで分割払いをしている場合など、ディーラーローンを利用しているときには「クレジット契約」であることが多く、所有権は一度信販会社などが預かる状況(所有権留保)になり、分割払い終了時に所有権を返してもらえるという構造となっています。

この分割払い終了後に所有権を返してもらうことを所有権留保の解除手続きと言います。

所有権留保解除とクレジット契約のあらまし

クレジット契約の関係図

ローン会社が車の所有者となっている場合に、車を売るためには所有権留保解除という手続きを行う必要があります。

所有権留保解除とは車をクレジット契約によって購入した場合に、所有権をクレジット会社が持つことになるが、これを「所有権留保」という。さらに車の分割払い(ローン・クレジット)が終了したときに、クレジット会社が保有する所有権を、車購入者に移すことを「所有権留保解除」という。

とはいえ、ローンの支払い中に車を売るわけですから、当然所有権はローン・クレジット会社が持っていることになり、売ることは出来ません。

これを解決するためには、車買取業者などが間に入ることにより、残債を一括で返済をして、所有権留保の解除を仲介してくれる流れになります。

なお、車買取価格でローンの残債が全て片付けば良いのですが、そのような状況にならないことがあります。

ローンが残ったまま車売却した場合

多くの車買取業者では、車を買い取った後にローンを一気に払ってしまい所有権を取得する場合がほとんどです。

そのため、所有権がローン会社であってもほとんどの場合、問題なく車を手放すことができるわけです。

ローン残債について、精算をした後に残った買取金額をあなたは取得することができるというわけです。

しかしながらここで問題になってくるのが、買取額よりもローン残債が多い場合にはどのようになるのかということです。

車売却額が残債を上回る:代金を現金でもらえる

車売却額がローン残債を上回る場合は、新たな問題が起こることなく、車買い替えの場合においては総支払額の値引きになり、車売却の場合には差額を得ることが出来ます。

車売却額がローン残債を上回る場合の例としては次のような場合です。

ローン残債車売却額結果
50万円60万円+10万円

実質的な話をすれば、このようにローン残債が車売却額よりも大きくなるのは分割払いの回数によって変わってきます。

一概には言えないところもありますが、60回払いを境目として、それよりも支払回数が少ないならば車売却額が多くなる可能性が高いです。

このことは車のリセールバリューを考えると、3年落ちで50%ほどの車価値となりますので、36回払いで元金が5割ぐらいというケースが多くなってくるからです。

さて、めでたく車売却額が残債を上回った場合には問題はありませんが、車売却額が残債を下回った場合のケースも見ていきましょう。

車売却額が残債を下回る:ローン組み直し

車売却額がローン残債を下回る場合には車買取業者と残った残債について新しくローンを組みなおすことになります。

車売却額がローン残債を下回る場合の例としては次のような場合です。

ローン残債車売却額結果
50万円40万円-10万円

このような場合においては残債について一括で支払を行うか、もしくは新たにローンを組んで残債の返済を行うことになります。

ローンが残っていても車売却できる!車査定・売却に関するQ&A
出典:ガリバーの公式ページ「ローンが残っていても車売却できる!車査定・売却に関するQ&A」 https://221616.com/satei/faq/loan/

ここで乗り換えを前提としない場合の車売却において、残った残債についてローンを組むとなれば、金利が高くなるという欠点があります。

車買取!残債が残っていてガリバーに持って行ったら残債を払わない... - Yahoo!知恵袋
出典:車買取!残債が残っていてガリバーに持って行ったら残債を払わない… – Yahoo!知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1332906693

そのため、ローン中でも車が売れるということにあわせて、車売却時に残債が残った場合の処分についても考えておく必要があります。

車ローンが払えないときの売却は不利?

車売却額がローンの残債を下回った場合には、ローンが残ることになります。

そして、新しくローンを組んでまで売る必要があるなら車を売る意味は無いという意見があります。

確かにその通りでもありますが状況から考えると必ずしも悪いこととはいえません。

なぜなら、車を売ることでローンの支払い額を減らすことができますし、なにより車の維持費というものは非常に高いです。

そのため、車を売らなければならない状況において、残債の取り扱いは気がかりではあるものの、それを気にしている状況でないこと。

また、車を売らなければならない状況の問題に比べると、残債の取り扱いによる損得は小さい問題となるケースが多く、金銭的な損得は車の売却時において考える必要はありません。

所有権の移転が困難な場合

契約の内容によっては、所有権の移転が困難になる場合があります。

例えばクリーンエネルギー自動車補助金を取得した場合には3年から4年の保有義務があります。

またローン契約において、契約の満期を迎えないといけない場合もあるでしょう。

このように、所有権の移転が難しい場合がありますので契約書を確認するか、買取業者に契約書を見て確認してもらえるように査定時には用意しておけば間違えないでしょう。

ローン精算はどの業者が出来るか?

ここまでみてきたように車買取代金をローン残債に充てて、お金が残るかローンが残るかによって、結果はかなり変わってきますが、その入り口である対応している業者はどのような業者でしょうか。

ローンについては一度支払いをするような手続きになりますので、それなりにお金を用意できる業者に限られます。

もちろん、車買取業者に運転資金がないということはありませんが、中小の業者では対応していない場合もあるからです。

また、全国にチェーン展開しているような大手車買取業者ではこのような手続きは日常的に行われていますので、対応していないというところはほとんどありません。

このことから、ローン中の車を売る場合には大手車買取業者から査定や相談をするのが望ましいといえます。

ローン途中で売却できる業者一覧

所有権移転が留保されている状態であっても、大手車買取業者であれば精算手続きをしてくれるために、ローンが残っている車であっても車を売ることが可能ということでした。

では実際にどの業者がローン中の車を売ることが出来るのかを調査しましたのでその結果を見てください。

業者売却の可否掲載場所とリンク
ガリバーサービス名:車買取店のローン返済サービス
ビッグモーター「Q&A」で回答
カーセブン「クルマの売り方」8番の売却代金振り込みの前提にあり
カーチス「よくあるお問い合わせ」にて回答
アップル「買取疑問Q&A」にて回答

調査した大手車買取業者は「一般社団法人 日本自動車流通研究所(通称:JADRI)」に加盟している業者で、全国展開している買取業者ではほとんど対応していることが分かりました。

カーセブンにおいては売却の可否で「△」となっていますが、明示こそないものの振込の前提条件になっていることを考えるとローン中の車でも売却できるでしょう。

なお、ローン中の車を大手車買取業者に売却したい場合には、ネットから連絡することが可能です。

ローンが残っている車を手放す:まとめ

様々なローン契約があるために、ほとんどのケースでは車買取業者が処理してくれます。

そのため、ローン残債が残っていたとしても車を手放すことはできるでしょう。

今、車を手放す方は「一括査定のかんたん車査定ガイド」利用によって、査定依頼申し込み後すぐに概算査定額を提示してもらえますのでローン残債があるようなケースでは最適です。

この一括査定サービスは、最終的に車を売らなくても無料で使えるという点についても、いくらで売れるか分からないローン残債が残っている車を手放すという状況にはベストなサービスとなっています。

ちなみに中小の買取業者であってもローンを精算してくれるかもしれませんが、査定を受けてから無理ということでは面倒ですから、最初から大手業者に査定依頼したほうが時間も手間もかかりません。

おまけに概算額を見るのもお金もかかりませんから、ローン中の車を手放したい方は一度査定業者に聞いてみてください。

車査定業者ロゴ

⇒ローンが残っている車の査定を受けるときはこちら【無料】

お役立ていただけたら幸いです。