車エアコンスイッチの外気導入と内気循環は、車に乗ったことがある方なら一度はガチャガチャ操作したことがあると思います。

 

そもそも、どっちが良いのかはわかりませんが、なんとなく内気循環にしているという方が多いのではないでしょうか。

 

でも実はこれら2つのエアコン空調管理には使い分けがあるのです。

 

両者の違いは、スイッチの名前の通りなのですがどのような使い分けをすれば良いのでしょうか?

 

まずは概要から確認してそれぞれ具体的にどのようなシーンで使うのかを確認していきます。

買う前に知りたい
業者が保証を付けたがらない理由

セツコ

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。

「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。

逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。

またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。

もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

エアコンの外気・内気の違い

スイッチひとつで空気の取得元を変えることができるのですが、うまく使い分けられているケースは少ないといわれています。

 

内気循環と外気導入は、エアコンを利用するという意味ではどちらでも良いのかもしれませんが、しっかりと使い分けることであなたのカーライフを快適にしてくれるでしょう。

 

とはいうものの、どういうときにどちらを使えばよいの?ということになりますよね。

 

次はそれぞれの利用シーンについて確認していきます。

 

まずは内気循環の利用シーンです。

内気循環の利用シーン

内気循環は車内部で空気を循環させますので、外気を取り込みたくないシーンや車内部の空気を循環させたいシーンで使うのが望ましいといえます。

 

内気循環の利用シーンは、

 

  • 外気が汚れているとき
  • 花粉を吸い込みたくないとき
  • エアコンを効果的に使いたいとき

 

といったシーンで使うことができるでしょう。

 

主にエアコンの有効利用と排気ガスなどで外気が汚れているときに内気循環を利用すると良いということになります。

 

次に外気導入の利用シーンについてみていきます。

外気導入の利用シーン

外気導入は車外部の空気を取り込みますので、外気の影響を受けることになります。

 

内気循環のデメリットの裏返しが外気導入のメリットや利用シーンとなることになります。

 

外気導入の利用シーンは、

 

  • 内気循環では酸素が薄くなるので外気を取り込みたいとき
  • タバコなどの臭気が気になるときの空気入れ替え
  • 窓の曇りを取りたとき

 

内気循環では酸素が薄くなるということに気が付いていないことが多いです。

 

高速道路など単調な道が続く場所では、外気導入を利用することで酸素低下による眠気を抑えることができるでしょう。

利用シーンに合わせて空気導入経路を変える

基本的には、内気循環にしている人が多いのではないでしょうか?

 

私も、以前はずっと内気循環で外気導入を選ぶのは、気が向いたときだけ利用するといった形でした。

 

そもそも、このスイッチになにか有効な使い方があるとは知らず、暖房や冷房を使うときは内気循環で使えば良いという認識で、特に効果的に利用しようとは思っていませんでした。

 

しかしながら、酸素低下などを考えると外気導入も積極的に利用したほうが良いということが分かったため、それ以後では外気導入をよく使うようにしています。

 

また内気循環では、車エアコンのカビ等の影響を受けますのでずっと内気循環にするよりも外気導入をデフォルトにしたほうが良いということもあげられるでしょう。

内気・外気循環と燃費

エアコン利用時には内気循環を利用することから、こちらのほうが燃料を消費すると考えていましたが、実は外気導入のほうが燃費が悪くなるという報告もありました。

 

空気抵抗の影響から燃費に悪い影響があるかもしれないのですが、これは本当なのでしょうかね^^;

 

どちらかに偏った使い方をするよりも、メインで使わない空気導入も時々使うことで機械故障を防ぐことができますので、次車に乗るときに利用シーンに合わせて使い分けてみてはいかがでしょうか?

 

以上、「車エアコンの外気導入と内気循環の違い」でした。

 

あなたのカーライフにお役立ていただけたら幸いです。