車を売るときのガソリン:サムネイル

車を売るときにガソリンは満タンにしておかなければいけないのでしょうか?という質問が意外に多かったので回答いたします。

確かに、レンタカーを借りたりしたときはガソリンを満タンにして返却することから、このような疑問が起こるのでしょう。

ただし、車を売るときには最良の答えがあります。

相見積もりをしないのは損?

車を売るときには下取りが損と聞きますよね?これってどういうことか知っていますか?
下取りでは相見積もりをしないことが多いから、高い査定額が出にくいのです。相見積もりをすれば下取り査定も限界はありますが、高い査定額も狙えるというわけなのです。

下取りに限らず、相見積もりをしていないなら、市外などの業者を巻き込んで損なく車を売ってください。

⇒カーセンサーで「あなたが見落としてしまう」相見積もり可能な業者を探す【無料】

車を売るならガソリンは少なくてOK!

レンタカーの場合と異なり、車を売るときにはガソリンを満タンにする必要はありません。

それどころか、ほとんどガソリンが入っていない状態であっても全く問題ありません。

ただし、満タンで返したほうが良いだろうとする考え方があることも事実です。

ガソリンが少ないとタンクが錆びる

昔から、ガソリンは満タンのほうが良いといわれています。

その理由は、ガソリンタンクが錆びるからということです。

確かにガソリンが入っていないよりは、入っているほうがタンクは錆びにくいそうです。

現在の進歩したガソリンタンク

現在はガソリンが入っていようが入っていまいがさほど変わらないようです。

セルフスタンドでガソリンを給油したことがある方は分かると思いますが、キャップをひねってあけたときに「シューッ」という音がしますよね?

これはタンク内と外気との圧力が違うことの表れで、タンク内が密閉されていることを表しているともいえます。

そのため、現在の車であればガソリンが入っていない状態でも、問題ないという場合が多いといえるのです。

ガソリンが少なくても査定額へ影響無し

ガソリンが少ないことは、車の査定額に影響はしません。

そのため、ガソリンが入っていようが入っていまいが査定額が変わらないのでガソリンを満タンにする必要は全くないのです。

ただし、ガソリンが空でエンジンがかからないとなると損害賠償などされる可能性も否めませんので、最低限入れておけば問題ありません。

ガソリンが少なくて文句を言われるのか?

基本的に、ガソリンがいくら少なくても文句は言われません。

ただし、先ほども書きましたがガソリンが全く入っていない状態では、車査定業者は車の引き取りができません。

そのため、もちろん文句を言われますし場合によっては自走で引き取りならば損害賠償請求される可能性すらあります。

そのため、ガソリンが全く入っていないという状況は避けるべきでしょう。

納車されるのときも基本的にはガソリンは入っていない

もし燃料が少ない状態で、車を引き渡すことについて気が引けるなら納車時のことを見て欲しいと思います。

納車のときにはガソリンはほとんど入っていないことがほとんどです。

メーカーの看板を掲げているディーラーですらそうしているわけです。

車を売るときには、ガソリンが少なくてもかまわないということを理解してもらえたでしょうか?

なお、車営業マンが自主的に動いている外車関連のディーラーでは、営業マン自ら車を乗ってきて納車をするのでガソリン満タンで納車されることもあるようです。

ガソリンよりも気にしたい相見積もり

ガソリンを満タンにすることは無駄ということで、これだけでも1万円前後の節約になります。

しかしながら、車を売るときに気を付けたいのは相見積もりをすることです。

というのも、車を売るときに査定額の交渉をするかしないかで売却額が数十万円変わることもあります。

つまり、相見積もりをしないで売却することはガソリンについて気にすることよりも数十倍大切ということになります。

なぜ相見積もりをするの?

相見積もりをする場合には、複数業者から査定を受けて、その査定額をもって他の業者へ交渉することになります。

このことは個別に交渉するよりも有利で、何も交渉材料がないのに高く買ってくれといっても業者は聞く耳を持ちません。

ただし、他の業者よりも高い査定額を出さなければ車の買取が出来ないということであれば、この交渉に乗らざるを得ません。

そのため、交渉が不得意であったとしてもある程度の結果を出せるのが相見積もりによる査定額交渉といえるのです。

相見積もりでどのぐらい査定額が変わるのか

相見積もりをすることでどの程度の査定額に変化があるのでしょうか。

相見積もりで変わる査定額
  • 下取りと買取店で相見積もり⇒平均18万円アップ
  • 買取店同士で相見積もり⇒平均17万円アップ

※かんたん車査定ガイドアンケート結果より

相見積もりで変わる査定額は平均で17万円から18万円ということですので、ガソリンと比べると20倍近く効果があることが分かります。

 

さらに平均ということは相場の安い車も高い車もありますので、3年落ちや5年落ちの車ではもっと差が開くことと予想されます。

相見積もりの方法

相見積もりをする方法は簡単で、複数業者から査定を受けてその結果を比較するだけです。

とはいえ、複数業者から査定を受けるのは少し手間がかかるので、こういった場合には1回の申し込みで相見積もりが取れる方法を使いましょう。

自分で車を高く売ろうとした場合
自分で車を高く売ろうとした場合

個別に申し込むと全て自分でやらなければいけないので、1週間ほど期間を使いますし、正直疲れてしまいます。

そういったことを解決する方法がネットから1回で相見積もりが申し込めるサービスです。

車一括査定の流れ
基本的に引き渡しまで受け身で相見積もりができるので手間がかからない

ネットから相見積もりを申し込んで、来た業者に対して高く買う業者に売るという旨を伝えれば大丈夫です。

なお、ネットから相見積もりを申し込むサービスは多々ありますが、安心して使えるサービスを使うべきであり、またせっかく車を売るならば少しでも高く売れるサービスを使うべきですよね。