【メーカーオプションとディーラーオプション】違い:サムネイル

車を買うときに困るのはグレード選びに加えてオプション選びがあることです。

最も大きな関心である車購入金額がオプションの選択で変わってくるので、どのオプションを選べばよいのか?と考えてしまいますよね。

こちらでは、メーカーオプションとディーラーオプションの違いを簡単解説して、さらにそれらの違いによる値引き引き出し方法も説明していきますので、車を買うときのオプション選びで役立てくださいね。

メーカーオプションとディーラーオプションの違い

少し雑な説明なのですが、お金と手間がかかるのがメーカーオプションで、簡単にしかも安く付けられるのがディーラーオプションという考え方でも問題ないでしょう。

販売店の方に怒られるかもしれませんが、このような認識で大丈夫です。

とはいえ、販売店から苦情が来ても困るわけで、続きで詳しく説明していきます。

ちなみにメーカーオプションは、車を作る段階で追加するオプションで、ディーラーオプションは販売店で付けられるオプションということになります。

車好きには良いですが好きでもないのにオプションをどうしますか?なんてあれもこれも説明されたところで、「メーカーオプション高けー!」なんて思うぐらいしかないでしょう。

なお、販売店でなぜか簡単に取り付けられるディーラーオプションを勧めてくるのは、販売店利益につながるからです。

ある意味で、サンルーフをつける改造など明確な目的が無い方にオプションを勧めるのは、販売店の都合でしかないケースがほとんどで、必要が無いオプションに申し込むことはありません。

オプションは知っての通り、結構高いですからね。

メーカーオプションの種類

メーカーオプションの種類は先付けのものになるので、基本的に車を発注する前に決めなければいけないオプションと考えてください。

メーカーオプションの種類例
  • サンルーフ
  • 純正カーナビ(一体型)
  • セキュリティーシステム
  • キーレスエントリー(鍵なしの電子装置)
  • 追加エアバッグ
  • 安全運転支援装置

    他にもあげればキリがありませんが、こんなところがメインでしょう。

    メーカーオプションは製造段階で考慮するものばかりですから、サンルーフなど大掛かりなものは納期が延びることに注意してください。

    同様に、当然ですが大掛かりなオプションほど代金も高く付きます。

    ディーラーオプションの種類

    ディーラーオプションは後付けのものであり、メーカーオプション以外のものと考えるほうが分かりやすいかもしれません。

    ディーラーオプション種類例
    • フロアマット
    • オーディオ
    • カーナビ(分離型)
    • エアロパーツ
    • シートカバー
    • 洗車グッズ

    ディーラーオプションはメーカーオプションと比べると簡単なものばかりですね。

    まさしく後付のオプションという印象でしょう。

    当然、ディーラーオプションはメーカーオプションよりも安価なものばかりですが、エアロパーツなどの大きなものはそれなりに取られます。

    とはいえ、車に興味が無い方に対してエアロパーツを勧めることはないでしょうから、ディーラーオプションは後付のもので費用が安いと思っていただいて差し支えないです。

    納期に関しても後付けとなりますので、メーカーオプションほどずれたりはしませんし、比較的手のかかるものでも数週間ずれるということはなさそうです。

    グレード選びとオプション

    グレードによって最初から付いているオプションが異なるわけですが、自由に設定できる下のグレードのほうが交渉の余地があるかといえばそんなことはありません。

    基本的に標準装備しているグレードなら、そちらを使ったほうが無難であるケースが多いためです。

    そのため、交渉をするためにわざわざ一番下のグレードを選ぶというのはあまり賢い方法ではないということなのです。

    また、上のグレードでないと選択出来ないオプションというものもありますが、こちらは交渉に十分に使うことが出来るはずです。

    メーカーオプションとディーラーオプションの違いはありますが、特に高いグレードで付けられるディーラーオプションの場合には、交渉の材料にしっかりとつかっていきたいところですね。

    グレードでどこまで標準装備にするか異なる「メーカーオプション」

    近年の車は安全装備がついているものが多いですが、これはメーカーによっても姿勢が違います。

    例を挙げると日産は安全装備について充実していて、安全装備は基本的に標準装備という車も少なくありません。

    標準装備をされているわけですから、オプションで選ぶ必要が無くなる反面、交渉時などの自由度は低くなるわけですね。

    とはいえ、当然ですがわざわざオプションで選ぶよりも標準装備されている場合のほうが多くの場合で得であって、この場合の交渉は日産車を引き合いに出して他の業者と交渉する場合に有効といえるでしょう。

    販売会社によっても異なる「ディーラーオプション」

    現在の車販売はある一定のグループに各社さまざまな車を販売しているので、車販売も一筋縄にはいきません。

    そのため、日産の例のようにメーカーや販売会社によって異なるサービスを行っていることも多いです。

    ここで見たいのは販売店が用意している融資プランの金利交渉です。

    意外にローンやクレジットで購入するときの金利が交渉できる場合が多く、このときにオプションを交渉材料に出すことも考えたいところです。

    お金を借りて車を買う場合が多くなった現在、金利を交渉することは少しでも家計を助けるために重要なことですからね。

    ディーラーオプションは値引き交渉しやすい

    ディーラーオプションは値引きの交渉に利用できるという話をしてきましたが、本当に必要なオプションをうまく交渉するということになります。

    つまり、最初からつけて欲しいと言ってしまうと交渉が難しくなります。

    最初は少ないところから予算に限りがあるということで交渉していき、後付でオプションを載せていくようにしましょう。

    それにあわせていえるのが、不必要に一番下のグレードや一番上のグレードから交渉を開始しないということもいえますね。

    一番下のグレードだと他のグレードで付いているオプションが付いていないから交渉の余地があると思いきや、あまり儲からない顧客として扱われると損ですから^^;

    このバランスは難しいですが、いわゆる大衆グレードの一番ランクが下のところから始めるとうまくいく場合が多いです。

    良く聞くのは「オプションをどうすればよいかわからない・・・」という質問ですが、実際にはメーカー側がある程度売れるグレードというのを決め込んでリリースしていますので、良心あるディーラー担当者ならば要望を言えばそれの一番良い車を探してくれます。

    ただ、すべて業者に任せるのは少し気がかりであるという方のために選び方を見ておくとしたら、その時代に必要なオプションがあると思いますので、それが付かないグレードの一つ上から見るようにしましょう。(過去ではナビ、少し前では自動ブレーキなど)

    松竹梅でもそうですが、多くの場合「竹」を選ばせるように、松と梅は当て馬設定であることが多いです^^;(そして利益は「竹」が高くなっている・・・しかしその時代に必要な装備は欲しい・・・)

    いらないオプションはつける必要なし

    ファーストフード店にいくと、ご一緒にポテトもいかがですか?なんて聞かれますよね?

    オプションもこれと一緒で、フロアマットやカーナビなどを一緒にというところになります。

    販売店側の都合でいえば、顧客単価を高くするためにやっているわけですね。

    こんなときに販売店では、「せっかく買うなら○○も買わないと損ですよ!」「多くのお客様はご選択されています」なんていいますけど、あまり口車に乗らないほうがよいでしょう。

    例えば最近はスマホでカーナビの代わりになったりしますから、車を出来る限り安く買いたいと思っているところに高いカーナビは必要ないでしょう。

    そのため、安く済ませたいなら本当に欲しいオプション以外は検討する必要はありませんので、車購入の商談のときに無駄な買い物をしないように気をつけてください。

    ところで、車に興味が無いとしても、ボディーの色だけは慎重に決めてくださいね^^;

    車を処分するときに色だけで査定額が変わってしまうので、特に決めていない方は【黒・白・銀】のいずれか近い色を選べば良いでしょう!

    お役立ていただけたら幸いです。