車庫証明のタイミングはいつまで?:サムネイル

車庫証明のタイミングはいつまで?3行まとめ
  • 車庫証明の取得するタイミングは「車購入契約」をしたあと
  • 自分で車庫証明を行う場合は代行費用が1万円から2万円ほど節約できる
  • 車庫証明の代行をする前提で車を売っている業者がいるのでトラブルに注意

よくある質問シリーズで、今回は車庫証明を取得するタイミングに関する質問です。

まずは、質問内容からみてください。

質問の内容

車を購入に際して車庫証明が必要ですが、これはいつ取っておけば良いのでしょうか?

車庫証明の発行は車を買うときの前提ですが、納車前に取る必要があると思います。

調べたら意外に早く取得することが出来るのですね。

いつもは販売店に任せていましたが、今回は自分で取ってみようと思っています。

そこで車庫証明をいつ取得すればいいのか、その時期について教えてください。

よろしくお願いします。

質問した方は自分で車庫証明を取得するということで、いつ取得するべきかというタイミングを考えているわけですね。

確かに代行を依頼すれば手間もなく楽が出来るのですが、逆に代行をすることを前提として購入するような場所では、いざ自分で取得するといったらその手前やり方を聞きづらいところもわかります。

こちらでは、車を買うときにいつ車庫証明を取得するべきかをお話します。

買う前に知りたい
業者が保証を付けたがらない理由

セツコ

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。

「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。

逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。

またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。

もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

車庫証明のタイミングは納車前に行う

車庫証明のタイミングは納車前に行いますが、車を買うことを決めた契約後に行います。

その理由は、車庫証明の申請には次の情報が必要であり、買う車を決めていなければ申請が実質的にできないというわけです。

車庫証明に必要な車情報
  • 車名
  • 形式
  • 車台番号
  • 車の寸法

このように、車庫証明の申請書には車台番号を記入しなければいけませんので、特定の駐車場と車に関連する書類であることが分かると思います。

そのため、買う車によって取得する車庫証明の中身も変わってくるので、契約した後が望ましいでしょう。

それよりも前に車台番号さえ分かっていれば車庫証明の申請を行うことが出来ますが、ローン審査が通らなかったり、契約前に気変わりした場合には何の意味もなくなってしまいます。

もちろん、取得したとしても何か継続的に必要というものではありませんから、お荷物になるようなものではありませんが、申請には費用も手間もかかりますので出来れば無駄なく行いたいものです。

車庫証明の取得には、その地域を管轄している警察署に申請を出します。

車購入時以外の車庫証明取得タイミング

車庫証明の取得タイミングについては主に車購入時ですが、引っ越しがある場合にも同様に必要です。

取得する車の情報が分からない場合には、車庫証明の取得申請が実質的にできませんが、引っ越しの場合には少し様子が異なります。

また、車購入時以外においても、無料で車を譲り受けるなどした場合には、車購入時同様に車情報が分かったタイミングで車庫証明の取得申請を行います。

車庫証明の取得方法と流れ

車庫証明の取得については次の流れになります。

車庫証明の取得方法と流れ
  1. 車の購入や取得を確定して車情報を得る
  2. 駐車場の確保
  3. 警察署で車庫証明の申請
  4. 警察官による調査等で1週間から2週間ほど
  5. 警察署で車庫証明を受け取り

車庫証明取得の期間としては長いと1か月ほどかかってしまいますが、短くても2週間ほどかかります。

その理由は警察官による駐車場の調査などがあるので、その期間が比較的長めになるということです。

そのため、車庫証明の取得については余裕をもって進める必要があります。

なお、事前に警察署にいって車庫証明の書類を取得することが大切であり、提出する際に簡単に記載して済む書類ではないので、先に取得しておくようにしましょう。

車の購入や取得を確定して車情報を得る

前の段落で話したように、車台番号などが無ければ車庫証明を取得申請することが出来ません。

そのため、車購入や取得についてある程度確定した状況において車庫証明申請をすることになります。

なお、次に説明する駐車場の確保が車情報を得るよりも先でも問題はなく、むしろ車庫を自前で保有している場合はそれに該当しますよね。

駐車場の確保

駐車場の確保を行う必要があります。

自前で家に隣接されていたり、保有している土地を駐車場として利用する場合は、駐車場としての大きさを備えていれば特に問題になることはありません。

賃貸などで駐車場を確保する場合には「保管場所証明」という、他人の土地など施設を駐車場として利用できることを証明できる書類が必要になります。

多くの場合には不動産屋や大家に言えば取得することが出来ます。

駐車場の確保についても、審査などで日数が必要になる場合もあります。

このような点が何個かあることが車庫証明は時間が必要になるもの、というわけです。

警察署で車庫証明の申請

車の情報を確定して、駐車場情報も確定した場合には、警察署で車庫証明の申請を行います。

費用は3000円ほどで、期間は1週間から2週間ほどかかります。

これは次に話す警察官による駐車場として不備がないかどうかを確認調査するためです。

警察官による調査等で1週間から2週間ほど

警察官による調査等で、1週間から2週間ほど時間が掛かります。

これは、警察署で車庫証明の申請を行ったときに次にどれぐらいの期間でくればよいのかを言われるのですが、その間に行っています。

納車を急いでほしい場合において、この期間が非常にもどかしいのですが、事前に日数がわかっているだけマシと考えましょう。

警察署で車庫証明を受け取り

警察署で申請したときに告知された期間の後に訪れ、そこで車庫証明とステッカーをもらいにいくという流れです。

「えっ!ステッカーってなに?」と意外にも知らない方が多いものですが、あまりかっこいいとはいえない車マークのステッカーがもらえます。

実際に車に張る人はほとんどいないため、その存在も自分で車庫証明を取得するなどしなければ知らない方が多いようです。

車庫証明の取得方法など詳細についてはこちらをどうぞ。

申請は平日しか行うことが出来ない

車庫証明は販売店に依頼することができ、そのときには代行費用1万円~2万円かかるのが一般的です。

それでも警察署の申請は平日しか行えませんから、忙しい人は業者に代理で依頼することが多いようですね。

車の値引きを狙うならば車庫証明は自分でやると得なので、それほど難しくもなく申請自体も2時間ぐらいで準備できるので、挑戦してみても良いのではないでしょうか。

自分で車庫証明取得をやりたいという方のために、車庫証明の取得方法を簡単に説明します。

車庫証明は軽自動車では必要でない地域あり

軽自動車の場合には、「自動車保管場所届出書」と名称の変化があることに加えて、都道府県によっては車庫証明のような手続きが必要ない地域もあります。

軽自動車の車庫証明の届出は、東京や大阪の中心から30km圏内にある市、県庁所在地の市、人口10万人以上の市などが車庫証明の届出が必要な対象地域となり、つまりは人口が多かったり首都圏近くならば届出が必要ということなります。

人口は自動車の台数にも比例すること、またそれにあわせて土地が少ない場合には軽自動車保有について届出を必要とするような流れでしょう。

詳しくはこちらから確認することが出来ます。

車庫証明は自分でやるべき?

車庫証明は自分でやれば代行費用が掛からないので車を少しだけ安く買えます。

車庫証明を代理でお願いする方は別に良いとして、自分でやってみたいという方は少し注意が必要です。

実は販売店では車を売るときに車庫証明などを代行する前提で車を売っている場合があるからです。

そのため、車庫証明を自分でやりたいという方は、販売店に事前に確認しておくことが望ましいでしょう。

なぜこのようなことが必要かといえば、車庫証明の代行手数料について販売店は利益を想定している可能性があるためです。

車庫証明代理を拒否できないのは不当?

車庫証明ぐらい自分で取得したいという方もいると思いますが、特に車体価格が安い車ほど販売時の手数料で収益を想定しているので、いわゆる諸費用が掛かってしまうのは仕方なしと言えます。

「車庫証明なんて自分で出来るのに勝手に手数料を取るなんて!」と思うかもしれませんが、販売店にもあなたに車を売るかどうかを選択する権利があることを忘れないようにしてください。

特に中古車の場合には利益ぎりぎりでやっている場合もありますから、車庫証明代理による手数料をしっかりとりたい思惑もありますしね。

そのため、トラブルを避けるために車庫証明などの代理によるサービスはカットできるのかを契約前に確認しておくことが望ましいでしょう。

車庫証明のタイミングはいつまで?まとめ

車庫証明の取得タイミングについては、「契約後・納車前」に行います。

買う車が決まっていない段階では車庫証明の申請ができませんから、買うことが決まってから申請するようにしましょう。

以上、「車庫証明の取得するタイミング」でした。

お役立ていただけたら幸いです。