法定24ヵ月点検をしないと車検が受からない?:サムネイル

車の定期点検はしていますか?

最低でもタイヤ、ブレーキ、エンジンは見たいところですよね。

ただ、ここでいう定期点検は車検に必要な24ヶ月定期点検整備になります。

さて、この点検をしなくても車検は受かるのでしょうか?

今回の質問はそんな内容です。

質問の内容

Q:私の車は購入してから5年を経過しようとしています。

ここでやってくるのが車検ですが、正直車検整備に回せるお金がありませんのでユーザー車検を利用しようと思っています。

このときに、法定24ヶ月点検は絶対に必要なのでしょうか?

車検を通すという観点からどうぞよろしくお願いします。

法定24ヶ月点検はある程度決まった内容であり、車検のときはしっかりと確認されます。

この整備がうまくできていることについて確認するのが車検ですからね^^;

では、この24ヶ月点検は絶対に必要なのかといえばちょっと答えは変わってきます。

法定24ヵ月点検をしなくても車検は可能

A:平成6年の規制緩和により、車検合格後において点検を実施するということができるようになりました。

そのため、車検前に必ずしも法定24ヶ月点検が必要ではなくなったために車検を通すという点については条件を満たせば車検を受けることが出来るでしょう。

その場合においても、必ず整備工場で点検整備を実施するという流れになります。

つまりは、車検を通すことは可能ではあるけれども、(なんだか面倒な話ですが…)整備する義務はあるということになりますね。

分かりづらいのでこの点について詳しく説明します。

法定24ヶ月点検は車オーナーの義務

ここまで見てきたように車検を通すことは出来ますが、法定24ヶ月点検は行わないといけません。

これは車オーナーの義務であり、走行中に故障することによって発生する損害などについて車オーナーにこれを防ぐ義務があると考えてください。

このことを広げて考えると、法定24ヵ月点検以外においても車オーナーは車の整備をしておかなければいけない義務があります。

その点を24か月目で不良になりやすい部品について項目を定めているのが「法定24か月点検」というわけなのです。

法定24ヵ月点検の名前について

そもそも紛らわしいのは「法定」という名前が付くからなのではないでしょうか。

現在では乗用車について車検は新車から3年、そして以後2年ごとですが、過去においてはこの年数が現在と異なりましたので、法定24ヵ月点検であるとも言えます。

そして一番困るのが新車登録から2年目で、「車検がないのに法定24ヵ月点検?」となってしまいますが、歴史を知ることでその由来がわかってきますね。

あわせて車検に関しては後整備でも可能になったということで、車検時に法定24ヶ月点検についてあまり言及されなくなったというだけです。

実際に保安面では、車は機械部品の集合体ですから正常に稼動しているのならまだしも、いつ故障するか分かりません。

このリスクを最小にするためには常に点検と修理を行う必要があります。

車を保有して運用するというのは、車自体の保守に関しても責任を伴いますので注意してください。

金がないときに車検を通す方法

「保安面で必要なのはわかったが車検が必要で今のところすぐに整備できるだけのお金はない!」というケースもあるでしょう。

そのために、あまり推奨は出来ませんが特にユーザー車検で引っかかるところを説明したいと思います。

私は過去に数箇所改造した日産スカイラインとVFR400Kというバイクをユーザー車検に出したときのお話を簡単にしたいと思います。

ただ、これは5年以上前に当時車について無知な私がインターネットや知人に教えてもらって一夜で車検を通した技術ですから、現在も使えるかは正確にわかりません。

ただ、エッセンスとしては変わっていませんからお役立ていただけたらと思います。

ユーザー車検で注意するポイント

まず、車検で引っかかるような部分については大体決まっています。

改造したり社外品をつけているなら、そのパーツが車検に適用しているのかが重要です。

バイクのマフラーならJMCA対応であったりと見るべきポイントはいくつかあります。

それにJMCA対応だとしても必ず車検に通るという保証があるわけではないですが、車検対応マフラーということですから、老朽化や不具合などが無いかそれ以外のところについても調べてみるでしょう。

車体の寸法が変わるような改造は申請が面倒なので極力ノーマルに戻してください。

私のスカイラインは大型のリアウィングが着いていたのでこれを外しました。

またシートをレカロフルバケットシートという社外品に変更していて、シート後ろの保護が無いことについて指摘されたので、100円でフェルトシートを買ってセロテープでとめました。

シフトノブの変更があってパターンが書いていないショートタイプに変更していたので、シフトパターンを紙で書いて適当なところに張っておきました。

消耗部品についてはタイヤは当然スリップサインが出ているようなタイヤはNGです。

タイヤを動かす部分にステアリングブーツというゴム部品があるのですが、これが破れていると車検が通りませんので、少し割高になりますが車屋で修理してもらってください。

オートバックスなどで車検に取り合えず通したいから消耗部品を交換して欲しいといえば、協力してくれる可能性はあります。

光軸関連は自分で整備は難しい

あとは最後に、ライト関連がちょっと面倒です。

ライトの色と光量については、適合するものをつけるというところで終わりなのですが、光軸については素人が合わせられるものではありません。

そこで車検場外の予備車検場というところで光軸を合わせてくれる職人がいるので、お金を払って合わせてもらってください。

費用は確か私のときは2000円程だったと思います。

素人がやっても基本的に時間の無駄なので2000円が惜しいという気持ちもあるでしょうけど頼ったほうが賢明です。

こんなところだったと思います。

前日より前に車検の予約を任意の運輸支局で行いましょう。

なお、細かいところについては次のページでまとめていますので確認してください。

車の定期点検と車検:まとめ

車検の費用などについて様々な事情があるとは思いますが、法定24ヶ月点検は車オーナーの義務ですから、速やかに行うように心がけてください。

そしてお金がないときはないなりの方法がありますので、あきらめずに良い方法を選択するようにしてくださいね。

無車検である場合は自賠責保険も同様に入らない状態になる場合が多く、この時に公道を走ると大きな不法行為の罰がありますので、車検なしで車に乗るようなことはないようにしましょう。

なお、休日に車検を依頼したいという方は最近は車検チェーン店がありますので詳細を確認してみてください。

⇒ほどほどの費用で休日でも車検が受けられるサービス詳細はこちら