私有地の飲酒運転は道交法違反になるのか:サムネイル

道路で飲酒運転をしてはいけないのはご存知の通りです。

最近は飲酒運転についてさらに厳しくなり、数年間免許を取れないような処分は特に郊外のような生活に車が必要な地域では致命的な罰則だと思います。

もちろん、罰則があるからやらないというわけでもなく、泥酔状態では運転能力に支障がありますので、安全を確保するためにも厳罰化の流れは当然でしょう。

ただ、飲酒運転が良いか悪いかは置いておくとして、私有地における飲酒運転についてはどのような扱いになるのでしょうか?

ちょっと車を移動させなければいけないようなときもあると思います。

こちらでは、私有地において泥酔状態での運転の可否、または妥当な方法をみていきます。

私有地敷地内で道交法は原則として適用されない

泥酔状態で運転することは思わぬ事故につながりますから本来望ましいことではありません。

ただ、法的な話であれば、私有地では原則として道交法の適用が無いので法律違反にはなりません。

第一条 この法律は、道路における危険を防止し、その他交通の安全と円滑を図り、及び道路の交通に起因する障害の防止に資することを目的とする。

道路交通法は公道において適用される法律であるため、公道以外の適用はないということで、私有地であれば酒気帯び運転については取り締まりの適用はないということになります。

ただし、この「原則として」というところに注目してください。

私有地であっても、不特定多数の人が利用するような駐車場なら、公道として道路交通法が適用される場合もあります。

不特定多数が利用する駐車場とは

私有地であっても不特定多数の人が利用する駐車場とはどういった場所なのでしょうか。

分かりやすい例はスーパーやデパートの駐車場です。

しっかりと区分をするとしたら、制限を加えることなく入出が比較的自由にできる駐車場といえばよいでしょうか。

つまりは、私有地で立ち入りを禁止することやそれに近いことで、入出に制限があればよいということになります。

入出が制限されているかが判断ポイント

例としてはモータースポーツで利用するサーキットなどは当然に入出は制限されていますから公道としての適用はなく、そのため速度制限などは受けないわけです。

反面、サーキットの公道とつながった駐車場では公道として適用される場合がありますので、駐車場で事故を起こした場合や何かがきっかけで取り締まりを受けた場合には、酒気帯び運転の違反が問われる可能性があるということになります。

ところで、私有地で立ち入りが制限されているにもかかわらず私有地にいる場合には、当然ですが飲酒運転の問題より相手の不法侵入のほうが重大な問題となるケースがありますよね。

こういった場合に金銭的な損得で争いが法廷に持ち込まれた場合には、少しややこしいことになりそうです。

私有地でも事故を起こした場合

ま駐車場内などで起こした事故について賠償問題として扱われるときに、泥酔状態であることは考慮されるので全く良いことはありません。

特に金銭的な争いとなる場合には損害賠償請求で不利になりますので、いくら道路交通法の適用がないといっても酒気帯び状態での運転は望ましいことではありませんね。

特にこの状況に合致するケースといえば、飲んでしまったときの広い駐車場の整備だと思いますが、出来ることなら他の飲酒していない人に任せるか、酒気が抜けてから動かすことが望ましいでしょう。

過去に判断が迷った飲酒時の私有地運転

完全に余談ですが、同じような状況が昔ありました。

結局、車を動かさなくても良い策を取ったのですがそのときには、次の2点で選択に困ってしまいました。

私有地で車を動かすとき、どっちがマシか
  1. 酒を飲んだ人でも私有地なので気をつけて動かせばよい
  2. 免許がなくても私有地だから良い

    つまり、酒を飲んでいる泥酔者と免許を持っていない未熟者のどちらに車の移動を任せるかということで、意見が割れたのを覚えています。

    あなたは、この2つしか選択できないとしたらどちらのほうが妥当と思いますか。

    私どもは飲酒運転について厳罰化したばかりだったこともあり、2番のほうがまだマシなのではないかという結論で落ち着きましたけれども、どうなのでしょうかね^^;