中古車のエアコンが効かないとき:サムネイル

車を買って最初から壊れていたとしたら、販売店は修理などをする義務がありますね。

ただ、時が経っていた場合にはどうでしょうか?

今回の質問はそういった内容になります。

質問の内容

Q:冬に中古車を買ったときには、夏になって問題になるのがエアコン関連。

実際に動かしてみると思ったよりも効きが悪い・・・

「この生ぬるい風はいつになったら涼しくなるのだろう」と待っていても結局そのまま生ぬるい風が吹くだけ。

ここで初めて、エアコンが効かないことが分かるということは結構多いですよね。

こういったときにはエアコンを無償で直してもらうことが可能なのでしょうか?

納車されたときにはすべての機能が正常に動作するのかを確認する義務はあります。

ここでいうエアコンも冬であったとしても動作するか確認することが望ましいでしょう。

とはいえ、エアコンを使っていないはずで壊れたとしたら何かしらの言い分はあるはずです。

こちらでは納車時の故障はどこまで修理させることができるのかというところをみていきます。

買う前に知りたい
業者が保証を付けたがらない理由

セツコ

意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。

「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。

逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。

またネットだと有利な事が多く「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。

もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。

スマホから簡単1分入力で非公開車両を見る【完全無料】

ズバット車販売バナー

故障ならOKだが効かないという程度では難しい

A:例えば、全く動かないような状態や温風が出てきてしまうというものであればこれは故障になるでしょう。

車の窓ガラスや仕様書に「エアコン」とあればエアコンが使えることを示唆するものであるために、無償で修理を依頼することも可能になってくると思います。

ただし、効かないという程度であると話は変わってきます。

効かないというのはあいまいなために、故障に該当するのか経年劣化によるものなのか分からないものです。

さらに夏に買う車の場合にはエアコン動作も確認するでしょうけど、冬に買う場合にはどうしてもチェックが甘くなりますし外気の関係でなかなかわからない場合も多いです。

冬にかって半年以上たってから、夏になってエアコンが効かないとなれば無償修理が難しくなるかもしれません。

エアコンは車を動かす要素とはならない

例えばエンジンに故障があったときには、車を動かすための要素になりますので車という商品自体の価値が損なわれますので賠償の対象になるでしょう。

ただし、エアコンは快適装備に該当しますので、車の主な機能や価値とはひとつ離れたところにあります。

そのため、契約時にエアコンが使えることが明記されていないなら文句をいうことは出来ません。

とはいえ、現代の車でエアコンが使えないとなるとレース仕様の車や業務用の車以外は、常識的に考えてエアコンは使えて当たり前というところになります。

冒頭でいったようにエアコンが故障していればよいですが、効かない程度だと難しいかもしれませんが・・・

エアコンの修理費用

項目料金(円)
クーラーガス交換・補充4000
真空引きガス交換・補充9000
ガス漏れ修理23000
ガスつまり修理20000
コンデンサー修理38000
コンプレッサー修理50000
エバポレータ修理50000

※「ガス交換・補充」と表しているのは、ガス漏れがあればガス不足による補充だが、そうでなければ交換になるため

本格的に故障したエアコンの修理は非常に高く付きますが、エアコンガス補充などの軽いものならそれほどお金が掛からない場合がほとんどです。

実際、効かないエアコンを無理に動かして燃料を消費するよりも、しっかりとエアコンが効く状態まで回復させてから動かしたほうが快適ですし燃費も良くなります。

そのため、中古車においてはエアコンが効かないということが後から分かった場合にも、ある程度の妥協が必要なのではないかと思います。

中古車のエアコンが効かないとき:まとめ

実は中古車でよく問題にあがるのがエアコンの効きですが、簡単に修理できるものなら通常よりも安く買うことが出来た代償ぐらいに考えておいたほうが精神衛生上良いでしょう。

やはり、冬場に中古車を買う場合にはエアコンがどこまで効くか確認が難しい場合も多いですし、いざ夏になってみないと分からないというのも事実です。

もちろん、コンプレッサーなどの高価なものが故障していたとなっては損害賠償をすることや無償修理の依頼に対してモチベーションがあがると思いますが、効き程度なら近くのカーショップに相談してしまったほうが早いでしょう。

どの程度で、エアコンの機能が回復するのかどうかを確認してから販売店に対して文句を言うか決めると良いと思います。