車の調子が悪いとき【エンジンメンテナンスを確認!】:サムネイル

「買ったときはもっと車に元気があったのに、最近だめだなぁ」なんて感じることありませんか?

特に坂道なんかだと、踏み込んでいるのになんだかもたつくような嫌な感覚。

こんなときにはエンジンの調子が悪くなっている可能性があります。

車は機械部品の集合体ですから、定期的に修理やメンテナンスをしなければ当然性能が落ちてきますね。

ただ、ちゃんと整備すればエンジンの調子も戻ります。

こちらでは、日常で感じる車の不調についてお話していきます。

まずは、車を保有するならばいつでも気にしたいエンジンからみていきましょう。

車エンジンの調子とオイル交換

車エンジンの調子が悪いときはまずはオイル交換を疑います。

当たり前ですがエンジンオイルはちゃんと交換してください。

人間でいうと血液のようなもので、循環することでエンジン部品の消耗を軽減させることが出来ます。

最近の車は昔の車に比べて頑丈にできていますので、少し整備を怠るぐらいでは故障しなくなりました。

しかしながら壊れるときはいきなり壊れるため、その予兆を判断することが難しくなってきているのは良くも悪くもといったところでしょうか。

エンジンオイルは必ず交換したい

エンジンオイルのメンテナンスを怠るとエンジンへのダメージが大きくなります。

これは取り返しの付かないことになりますから絶対に交換を怠らないようにしてください。

車の使い方にもよりますが走行距離では5000km~10000kmで、期間では半年に1回のいずれかになります。

オイルゲージで色や粘度の確認が出来る方なら、車のエンジンが不調だと感じたときに必ず見たいものです。

エンジンオイルの種類と耐用距離

エンジンオイルの種類と耐用距離は変わってきます。

エンジンオイルと耐用距離
  • 鉱物油:5000㎞ほどで最も耐用距離が短い
  • 部分合成油:6000㎞から8000㎞ほどで中間の品質
  • 化学合成油:10000㎞ほどと耐用距離が長い

上を見てみると当然化学合成油が最も良いエンジンオイルになりますが、その分エンジンオイルの価格が高価で、コスパの面で悪いです。

反面、鉱物油は品質の面で最も劣ることになりますが、純正オイルが鉱物油である場合も多く、エンジンに悪いかといえばそんなことはありません。

品質について一つ言うことがあれば、粘度の維持と品質に相関性があるので、こまめにメンテナンスが出来る人ならどちらでも良いと言えます。

また、特に高温状態におけるエンジン稼働では、品質によって粘度が落ちた場合にエンジンへのダメージが大きくなります。

その点でスポーツ走行をする人などは化学合成油を利用することが多く、エンジンを高回転まで回すことが多い方は化学合成油がおすすめということになります。

エンジンオイルの汚れ具合確認

ボンネットを開けるとオイルレベルゲージといって、オイルがどのぐらい入っていて汚れ具合はどの程度か調べる部品があります。

たいしたものではありませんが、車が動いているときにあけるとオイルが飛び出してきて危ないので絶対に止まっているときに行ってください。

その棒を引っ張り出すとオイルがどの程度のところまで入っているか確認することが出来ます。

またキッチンペーパーや布によってオイルを拭くことでオイルの色を確認することが出来ます。

オイルレベルゲージという棒についたオイルを確認してオイルが入っている量と品質を確認します。

オイルが入っている量はLとHの間でオイルが切れていればOKです。

汚れているオイルの特徴

オイルの汚れ具合についてはふき取った後のオイルを見てください。

黄金色が正常な状態で、汚れてくると焦げたような黒になっていきます。

ここまで来ると交換時期ということになります。

後は、オイルが熱い状態だとやけどの心配もありますので、走った後は注意してくださいね。

エンジンオイルの汚れ具合の確認については以上になります。

オイルフィルタの交換してますか?

エンジンオイルの交換はしていても、オイルフィルタの交換はしっかりとしていますか?

エンジンオイル交換の2回に1回はオイルフィルタを交換しなければいけません。

とはいえ、普通に整備していれば問題はないのですが、整備を怠ってしまっている場合には要チェックです。

エンジンの調子が戻らないとき

正直オイル交換をしたぐらいですぐに車の調子が戻るかといえばそんなことはありませんが、電気系が原因の場合にはすぐに調子が回復する可能性があります。

最近の車は電子制御によって燃料噴出しを行いますので、比較的調子は安定しています。

ただ、噴出し元や燃焼室周りにゴミが付着して性能が悪くなってくることもありますので、これを洗浄したり部品交換したりすることで昔の調子を取り戻すことが出来ます。

分かり易いところでは、スパークプラグを交換することで、これが原因の場合には見違えるほどのアクセルレスポンスを感じることが出来るでしょう。

エンジンの調子が悪いときは電気系もある

スパークプラグとは、エンジン燃焼室で任意のタイミングで爆発を起こさせるときに利用します。

これを性能が高いイリジウムプラグなどに交換すれば、燃費も向上しますし出力も上がる可能性が高いです。

また燃焼室周りの掃除をすることで、エネルギー回収効率向上や、燃焼効率の最適化が出来ます。

これをエンジンリフレッシュというらしいですが、もう名前の通りですね^^;

整備工場によって名前が違いますが、いずれにしても燃焼室周りの掃除ということで覚えて置いてください。

運転の仕方とエンジンダメージ

運転の仕方によってエンジンへのダメージは変わってきます。

急にエンジンをまわしたりすることはご法度です。

一気に回転数をあげるような場合にはエンジンに負担が大きいのです。

高速道路の合流では、一気に加速しなければいけませんからこんなときは仕方がないにしても、日ごろから荒く運転することでエンジンへの負担が大きくなります。

特に理由も無いのに、大きく踏み込んで加速するようなことは避けたほうが車を長く使うことが出来るでしょう。

また、エンジン始動時においてはオイルが循環しきっていませんから、こんなときに思い切りエンジンを動かすとこれまたダメージが大きくなります。

エンジンを大切にするなら暖機運転を心がける

始動時には10秒待ってから車を動かすようにしてください。

今は昔の車ほど性能が悪いわけではありませんから、長い暖機運転までは不要ですが寒い時期にはいきなり踏み込んで動かすようなことはしないほうが無難でしょう。

乗り方によってエンジンの持ちが変わってきます。

せっかく買った車ですから、大事に乗りたいのでしたらエンジンへのダメージを考えて乗るのも悪くないでしょう。

エンジンの整備に合わせて運転も見直してみてください。

タイヤ周り変化で違和感発生有り

最終的に道路と車を結びつけているのはタイヤであり、これに異常が出るならば車の操縦で違和感を感じることがあるでしょう。

空気圧調整が最もお手軽なわけですが、他にもタイヤの向きや設置角度など、意外に狂うポイントが多いのもタイヤ周りなのです。

そのため、エンジンなどにダメージが及ぶような乗り方をしていないのに調子が悪いと感じるときは、ホイールやタイヤのアライメント調整を依頼してみてください。

また、必要に応じてタイヤの交換も必要になると思いますが、車によってはタイヤの値段は高くつきますので、車の不調については簡単に判断できる部分から試してみるというのは金銭的な面から大切です。

車の調子が悪いとき:まとめ

車は機械部品で、消耗しながら使われることが前提です。

交換周期の早いエンジンオイルなどは、イメージとして消耗品であることは理解できるのですが、実際はエンジンも同様です。

そのため、全体として古くなってしまったならば、これを何とかしようとするよりも新しく車を購入するほうが、原因を特定するよりも良い場合が多いです。

長く愛用してきたものを大事にすることも大切ですが、我々にも寿命があるために、その期間で利用できうる機械などを最大限に利用して、生活を豊かにするのは大切な考え方です。

どうしても、車の性能に不満があるときや心配があるときには買い替えを検討するために、また気分転換にも試乗に出かけてみてください。