白いN-box画像

N-BOX買取価格相場のポイント
  • 2018年半ばに買取相場下落が起こっていて今後のN-BOX相場下落に懸念がある
  • N-BOXのリセールバリューは3年落ちで4割超と優秀
  • 事故車とそうでない車との差は10万円から20万円

⇒N-BOX買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

N-BOX:3年落ちから10年落ちの買取価格相場

N-BOX年式別買取相場1
N-BOX年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
N-BOX年落ち別買取相場
N BOX
0年落ち111.72 ~ 127.46
1年落ち97.42 ~ 120.16
2年落ち82.4 ~ 113.6
3年落ち68.44 ~ 95.92
4年落ち58.38 ~ 82.8
5年落ち48 ~ 72
6年落ち45.08 ~ 66.6
7年落ち37.6 ~ 56.88
8年落ち32.64 ~ 54.48
9年落ち30.52 ~ 41.76
10年落ちNA

人気のある車は3年落ちや5年落ちに大きな相場下落がないことが特徴です。

N-BOXに関しては2年落ちに多少相場下落が確認できるものの、やはりまだまだ人気軽自動車ということで良い買取相場が続いていることが確認できます。

「まさか、相見積もりしない!?」見逃せない損失があります!


相見積もりしない場合

業者比較しないと平均17万円の損(かんたん車査定ガイド2019年2月回答アンケートより逆算)

下取りとの比較をしないと平均18万円の損(かんたん車査定ガイド2018年12月回答アンケートより逆算)

なぜ相見積もりで損が回避できる?

査定額は最初から上限を出すことはないため競争させて他社に勝てる高い金額を付ける理由を作ることが大切!

業者業者

他の業者と勝負できる査定をつけなきゃならない…しんどいけど仕方ない…


安売り防止の安心機能:概算価格表示

車価値の概算額が45秒で分かる
申し込み後、すぐに概算価格が表示される!

「査定額に納得すれば売る」でOK!

売値を気にするなら今すぐ確認!【無料】

bnr01_320_100JADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者

N-BOXグレード別買取価格相場

N-BOX7年落ちグレード別買取相場
N-BOX7年落ち:買取価格比較できるグラフ
N-BOX7年落ち買取価格相場表
平成25年式(2013年式)
21.36 ~ 37.84
G Lパッケージ31.2 ~ 49.84
G SSパッケージ41.26 ~ 57.8
G ターボLパッケージ42.96 ~ 42.96
G ターボSSパッケージ44.56 ~ 51.2
G ターボパッケージ33.78 ~ 55.26
SSパッケージ36.74 ~ 52.44
カスタム G33.04 ~ 47.48
カスタム G Lパッケージ37.28 ~ 57.2
カスタム G SSパッケージ49.2 ~ 64.16
カスタム G ターボSSパッケージ40.76 ~ 59.8
カスタム G ターボパッケージ38.56 ~ 59.32
カスタム SSパッケージ54.32 ~ 58.64
カスタム ターボSSパッケージ41.2 ~ 45.76
ターボSSパッケージ41.74 ~ 48.58
モデューロX G45.6 ~ 45.6
モデューロX G ターボパッケージ54 ~ 55.6

N-BOX7年落ちの買取価格をグレード別に比較した場合、「カスタムG ターボパッケージ」が有利に売れることが分かります。(2019年1月データに基づく)

あわせて、カスタム系はかなり有利な相場で取引されていますね。

ボディカラー別の買取価格比較

N-BOX7年落ちボディーカラー買取相場
N-BOX7年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

N-BOX7年落ちの車体色で買取価格を比較した場合には、「ガンメタ」「グレー」と男性に好まれそうな車体色が人気です。(2019年1月データに基づく)

また、「パール」も有利な買取相場であり、黒系一辺倒の車体色が有利でない点は面白いところですね。

型式別の買取価格比較

N-BOX7年落ち型式買取相場
N-BOX7年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

N-BOXの高く売れる型式は「JF2」です。

基本的には、型式の買取相場は型式の番号が大きいほど有利なことが多いので他の車種においても参考にしてください。

1年間の買取価格変動

N-BOX年間の相場変動
N-BOXの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

近年最も人気がある軽自動車といえば、ホンダN-BOXですが、2018年の7月に大きな相場変動がありました。

それ以降はかなり下げ相場となっていますので、売る場合には注意が必要でしょう!

N-BOX年間の流通量
N-BOXの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

N-BOXの流通量を調べてみたのですが、2018年7月に買取相場下落の理由を探すことは出来ませんでした。

こういった場合には、人気が他車種に移ったとも考えることが出来ますが、それもないところを見ると人気があってよかった相場が見直されたと考えるのが妥当です。

3年落ちの買取価格相場

N-BOX3年落ち買取価格相場表
平成29年式(2017年式)
2トーンカラースタイル G SSパッケージ
47.4 ~ 52.2
40.32 ~ 67.2
G EX ホンダセンシング84.16 ~ 94.8
G L ターボ ホンダセンシング70.8 ~ 70.8
G L ホンダセンシング66.1 ~ 93.7
G Lパッケージ58.88 ~ 74.8
G SSパッケージ60.62 ~ 79.5
G ターボLパッケージ62.3 ~ 77.84
G ターボSSパッケージ57.76 ~ 73.36
G ホンダセンシング69.2 ~ 81.54
SSパッケージ55.28 ~ 74.32
カスタム 2トーンカラースタイル G SSパッケージ83.18 ~ 88.74
カスタム 2トーンカラースタイル SSパッケージ
カスタム G EX ターボ ホンダセンシング119.76 ~ 126.8
カスタム G EX ホンダセンシング85.2 ~ 106.16
カスタム G L ターボ ホンダセンシング99.12 ~ 121.92
カスタム G L ホンダセンシング97.44 ~ 108.8
カスタム G Lパッケージ81.52 ~ 91.68
カスタム G SSパッケージ74.2 ~ 90.28
カスタム G SSブラックスタイルパッケージ78.2 ~ 90.64
カスタム G ターボLパッケージ57.88 ~ 88.4
カスタム G ターボSSパッケージ81.8 ~ 93.8
カスタム G ターボSSブラックスタイルパッケージ80.68 ~ 99.32
カスタム SSパッケージ67.78 ~ 89.02
カスタム ターボSSパッケージ70.16 ~ 92.88
ターボSSパッケージ66.92 ~ 71.16
N-BOX3年落ち買取相場の変動
N-BOX3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

N-BOX3年落ちの買取価格変動を1年単位で見ると、2018年末から急激に落ちていることが確認できます。

2か月ほどで5万円下落しており、さらに2019年1月から3月まで下落することを予想すると、2019年3月には70万円を下回る可能性があります。

N-BOX3年落ち中古車流通量
N-BOX3年落ち:流通量がわかるグラフ

多くの車が売られる場合には、買取相場が落ちるということなのですが、N-BOX3年落ちが2018年末に下落した理由はいまいちわからないですね。

そのため、元々高い相場だったものが普通より少し高い相場に見直されたと考えるのが妥当です。

5年落ちの買取価格相場

N-BOX5年落ち買取価格相場表
平成27年式(2015年式)
2トーンカラースタイル G Lパッケージ38.44 ~ 53.4
2トーンカラースタイル GターボLパッケージ
2トーンカラースタイル カスタム G Lパッケージ75.16 ~ 86
2トーンカラースタイル カスタム GターボLパッケージ75.22 ~ 90.4
28.28 ~ 43.16
G Lパッケージ44.3 ~ 62.4
G SSパッケージ54 ~ 62.68
G ターボLパッケージ44.48 ~ 62.04
G ターボSSパッケージ77.2 ~ 77.2
G ターボパッケージ45.12 ~ 45.12
SSパッケージ40 ~ 63.2
カスタム 2トーンカラースタイル ターボSSパッケージ
カスタム G42.06 ~ 55.84
カスタム G Aパッケージ55.24 ~ 72.2
カスタム G Lパッケージ52.4 ~ 75.36
カスタム G SSパッケージ56 ~ 75.92
カスタム G ターボAパッケージ50.66 ~ 60.78
カスタム G ターボLパッケージ69.32 ~ 84.78
カスタム G ターボSSパッケージ68.7 ~ 80.94
カスタム G ターボパッケージ50.48 ~ 50.48
カスタム SSパッケージ60.18 ~ 81.04
カスタム ターボSSパッケージ54.72 ~ 79.88
ターボSSパッケージ46.6 ~ 52.38
モデューロX G ターボパッケージ76.64 ~ 76.64
N-BOX5年落ち買取相場の変動
N-BOX5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

N-BOX5年落ちの1年間における買取価格相場変動のグラフです。

1月から3月までは下落が進みますが、2018年末の下落は少し気になる動きです。

N-BOX5年落ち中古車流通量
N-BOX5年落ち:流通量がわかるグラフ

基本的には流通数と中古車市場価格は連動するものですが、年末に多く売られたわけでもないのに、NーBOXの相場が下がっています。

そのため、他でも取り上げましたが、元々相場が高かったものが見直された結果として相場下落をしていると考えるのが妥当です。

7年落ちの買取価格相場

N-BOX7年落ち買取価格相場表
平成25年式(2013年式)
21.36 ~ 37.84
G Lパッケージ31.2 ~ 49.84
G SSパッケージ41.26 ~ 57.8
G ターボLパッケージ42.96 ~ 42.96
G ターボSSパッケージ44.56 ~ 51.2
G ターボパッケージ33.78 ~ 55.26
SSパッケージ36.74 ~ 52.44
カスタム G33.04 ~ 47.48
カスタム G Lパッケージ37.28 ~ 57.2
カスタム G SSパッケージ49.2 ~ 64.16
カスタム G ターボSSパッケージ40.76 ~ 59.8
カスタム G ターボパッケージ38.56 ~ 59.32
カスタム SSパッケージ54.32 ~ 58.64
カスタム ターボSSパッケージ41.2 ~ 45.76
ターボSSパッケージ41.74 ~ 48.58
モデューロX G45.6 ~ 45.6
モデューロX G ターボパッケージ54 ~ 55.6
N-BOX7年落ち買取相場の変動
N-BOX7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

N-BOX7年落ちの1年間における買取価格変動は、データ数が少ないこともあってあまり信頼して使えませんが、1年間で20万円ほどの下落となっています。

N-BOX7年落ち中古車流通量
N-BOX7年落ち:流通量がわかるグラフ

年末に多少多めに売られたように見えますし、2018年9月あたりから売却数が増えていることも確認できますね。

ただし、グラフの量を見てみると2台前後が多いことを考えると、N-BOXはまだまだ売りは少ない車といえるでしょう。

事故車のN-BOX買取価格相場差

N-BOX走行距離買取価格1
N-BOXを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

N-BOXの事故車とそうでない車の買取価格差は、「10万円から20万円」です。

走行距離が進むにつれてその差は小さくなっていくことが確認できますね。

長く乗る前提で車を買う方も多いので、事故車であるということは車価値を大きく下げる要因の一つのようです。

N-BOXのリセールバリュー

N-BOX年式別買取相場1
N-BOX年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
リセールバリュー残価率
3年落ち74万円44.1%
5年落ち57万円34.0%
7年落ち54万円32.2%

※N-BOXの新車価格は「138万円から197万円」であり、中間値の「167.5万円」で残価率を算出

※リセールバリューは年落ちデータの中央値を採用

※7年落ちはデータ数が少ないので信頼性は悪い

N-BOXのリセールバリューはかなり優秀であり、軽自動車であることを考えると4割超えはすごい!と言わざるを得ません。

5年落ちに関しても3割を超えているので、高く売れる軽自動車といえばN-BOXと言ってもよいと言えます。

N-BOX年式別流通量比較2
N-BOXが何年で売られているかわかるグラフ

N-BOXがいつ売られているのかを見たら驚いたのが、0年で売られているという結果に驚いています。

これは、いわゆる新古車が多いのか、それともユーザーが飽きて売ったのかはさておき、もしかすると人気に陰りが出始めている可能性も否定できません。

N-BOXの買取価格相場まとめ

N-BOX数年の相場変動
N-BOXの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

ページ始めでも説明したように、「人気があり高い相場だったことが2018年半ばに見直された」ということで考えている下げ相場を確認することが出来ます。

N-BOXはまだまだ新しい車ですので、全体の相場で見ると安定しないとも言えるのでしょう。

N-BOX数年の流通量
N-BOXの流通量が数年間わかるグラフ

N-BOXは2018年1月付近で良く売られたわけですが、その時の市場反応はそれほど大きなものではありませんでした。

また2018年4月には、少し下がりすぎた相場が戻っている状況を見ると、なぜ2018年に買取価格相場が下落したのか少し不思議ですね。

N-BOXはまだまだ高く売れる車なのですが、0年目での売却数が多いことは気になるところです。

というのも、車は販売計画があってそれを達成するために、販売店が自分で買って目標を達成するということが行われることは、人気に陰りが出始めたと考えることもできるからです。

2018年7月付近のN-BOX相場下落の原因は、もしかするとこの自爆営業が原因だとしたら、今後中古車市場に出回ることによって、人気があるということで高値で推移していた買取相場が継続的に下がっていく可能性があります。

これからN-BOXを売るという方は少し早めに行動することをおすすめします。

以上、お役立てください。