1024px-Mazda_Atenza_Sportswagon_(GH)_front
Tokumeigakarinoaoshima [CC0], from Wikimedia Commons
アテンザ買取価格相場のポイント
  • アテンザを高く売りたいならば4年落ちまで、満足いく査定額で売りたいならば7年落ちまで
  • 8年落ち以降は車価値が相当落ちるため、状態によっては査定額が付かないことも覚悟する
  • 事故車とそうでない車との買取価格差は「10万円から35万円」が目安

⇒アテンザ買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

アテンザ:3年落ちから10年落ちの買取価格相場

アテンザセダン年式別買取相場1
アテンザセダン年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
アテンザセダン年落ち別買取相場
アテンザ セダン
0年落ちNA
1年落ち180.56 ~ 180.56
2年落ち142 ~ 159.2
3年落ち106.32 ~ 113.2
4年落ち72.1 ~ 120.88
5年落ち70.46 ~ 99.5
6年落ち45.44 ~ 77.3
7年落ち39.64 ~ 60.18
8年落ち29 ~ 49.64
9年落ち11.6 ~ 21.92
10年落ち9.36 ~ 19.2

以上はアテンザセダンの買取相場表で、次はアテンザワゴンです。

アテンザワゴン年式別買取相場1
アテンザワゴン年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
アテンザワゴン年落ち別買取相場
アテンザ ワゴン
0年落ちNA
1年落ち158.32 ~ 191.44
2年落ち125.2 ~ 151.8
3年落ち121.1 ~ 142.5
4年落ち77.4 ~ 116.96
5年落ち84.84 ~ 113.8
6年落ち34 ~ 90.52
7年落ち29.68 ~ 70.88
8年落ち43.8 ~ 56.16
9年落ちNA
10年落ちNA

以後、補足がない場合には「アテンザセダン」のデータでグレードなどの買取相場を説明しています。

アテンザの買取価格を見るときには「5年落ち」「8年落ち以降」に注目してください。

まず5年落ちについては、それまでも買取価格の下落は大きかったわけですが、価値が低くなるごとにその下落速度は減っていく傾向にあり、その速度変化が5年落ちにあるというわけです。

このことは上のグラフを見てもらうとよくわかると思います。

また8年落ち以降に関しては価値が下がりきっていることもあって価値下落は進みませんが、逆に車を満足いく買取価格で売ることが難しい状況になっています。

特に10年落ちを超えると査定が付かないようなシーンも増えてくるでしょう。

このようにアテンザの買取価格ポイントについては、5年落ちまで下落が価値下落が早く、その後は8年落ちまでは少し落ち着くという珍しい傾向を確認できます。

高く売りたいと考えるならば出来るだけ早めに行動することが望ましいでしょう。

アテンザ5年落ちは相場が落ちやすいので注意したい

アテンザ5年落ちを買取に出すにしても下取りに出すにしても、相場が変動しやすい5年落ちにおいて適正価格を把握することが難しいです。

そういった状況で車を売るわけですから、安売りしてしまわないように注意しなければいけません。

このことは車買取業者も下取りディーラーも最初から高い査定額は出さないという特徴があるからです。

つまり、車が適正価格で売れるかどうかは交渉をしっかりできるかに掛かっているといえます。

その点で相見積もりをとることで、業者間の査定額が分かりますので、そのうえで交渉をすることが出来るというわけです。

今はネットから相見積もりを簡単に取れるようになりましたので、アテンザ5年落ちを高く売りたい場合は使ってみてください。

アテンザグレード別買取価格相場

アテンザ5年落ちグレード別買取相場
アテンザ5年落ち:買取価格比較できるグラフ
アテンザ5年落ち買取価格相場表
平成27年式(2015年式)
20S60.8 ~ 60.8
20S プロアクティブ80.88 ~ 95.04
25S Lパッケージ80.32 ~ 92
XD
XD Lパッケージ78.7 ~ 96.6
XD プロアクティブ55.04 ~ 76.16

アテンザ5年落ちの買取価格データを使って、どのグレードが高く売れるのかをみていきたいと思います。

アテンザには、ディーゼルモデルがあるので、「XD」「XD Lパッケージ」が高く売れるグレードであり、逆に安いグレードは「20S」であることが分かります。

ボディカラー別の買取価格比較

アテンザ5年落ちボディーカラー買取相場
アテンザ5年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

アテンザの高く売れるボディカラーは「ダークブルー」「レッド」「グレー」でした。(2019年1月データに基づく)

その後に一般的な「シルバー」「ブラック」などの車体色が続きます。

アテンザは少しスポーティーな車なので、そのことがダークブルーやレッドなどの車体色人気につながっているものと考えています。

型式別の買取価格比較

アテンザ5年落ち型式買取相場
アテンザ5年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

アテンザの買取価格を型式別に見て、高く売れる型式は「GJ2FP」ということが、データから判断されました。

データ数が多くないこともあって、多少の違いは出ると思いますが2019年1月の買取価格データからはこのような傾向が出ています。

1年間の買取価格変動

アテンザ年間の相場変動
アテンザの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

アテンザの買取価格変動を1年分見てみると、2018年8月ごろに上昇したのちに下落が進んでいます。

ただ、全体の価値としては少し上昇するという珍しい状況が確認できますね。

アテンザ年間の流通量
アテンザの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

アテンザは年間を通じて売られているようです。

決して流通量は多くありませんから、多く売られるようなことがあれば相場が一気に動くために注意が必要です。

3年落ちの買取価格相場

アテンザ3年落ち買取相場の変動
アテンザ3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

アテンザ3年落ちの買取価格変動を1年間グラフで確認すると、2019年1月に少し価値上昇している点が確認できます。

これは流通量の点で見るとどうなっているのでしょうか。

アテンザ3年落ち中古車流通量
アテンザ3年落ち:流通量がわかるグラフ

アテンザ3年落ちの流通量は年間を通じて多くありませんし、基本的には1月から3月まで流通量が増える傾向があるのに、多くなっている傾向を確認できません。

このことからアテンザの需要はあるのに供給はされていないということで、2019年1月に買取相場上昇したものと考えています。

5年落ちの買取価格相場

アテンザ5年落ち買取相場の変動
アテンザ5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

アテンザ5年落ちの買取価格は1年を通じて下落しています。

ただ、下落速度としてはそれほど早いものではなく、100万円付近から90万円を下回るほどですから、10%ほどの価値減少でした。

アテンザ5年落ち中古車流通量
アテンザ5年落ち:流通量がわかるグラフ

アテンザ5年落ちの流通量を見ても特に気になるポイントはありませんでした。

年間を通じて平均的に売られている状況が確認できます。

7年落ちの買取価格相場

アテンザ7年落ち買取相場の変動
アテンザ7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

アテンザ7年落ちの買取価格は2018年8月あたりから継続的に下落しています。

ただ、データ数は多くないのでデータの信頼度は高くありません。

アテンザ7年落ち中古車流通量
アテンザ7年落ち:流通量がわかるグラフ

アテンザ7年落ちの流通量を見てみると、特別に多く売られている時期というのはないようです。

また流通量自体は少ないので売られる量が増えれば相場も大きく動く可能性があるので注意する必要があります。

10年落ちの買取価格相場

アテンザ10年落ち買取相場の変動
アテンザ10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

アテンザ10年落ちの買取価格変動を1年分見てわかるのが、多少の変動があっても確実に価値下落が進んでいることです。

2019年1月には20万円付近まで下落が進んでいて、車によっては査定が付かないような車も出てくるでしょう。

アテンザ10年落ち中古車流通量
アテンザ10年落ち:流通量がわかるグラフ

アテンザ10年落ちの流通量はなぜか少なくなっています。

今後は増えるものと考えていますが、流通量が減っているのにもかからわず価値下落が進んでいるのは人気がないという可能性がありますので、売値が満足につかないことを覚悟する必要がありますね。

アテンザのリセールバリュー

アテンザ年式別買取相場1
アテンザ年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

アテンザのリセールバリューを見るならば、何年でどのぐらい売られているのかを対応してみる必要があります。

アテンザ年式別流通量比較1
アテンザが何年で売られているかわかるグラフ

アテンザが最も売られているのは13年落ちですが、これはそれほど珍しい傾向ではありません。

注目したいのは3年落ちと5年落ちで売却されている点です。

特に3年落ちで売られていることは問題であり、「思ったよりも面白い車ではなかった」ということを如実に表しているともいえます。

こういった車は長期的に買取相場を維持するのが難しい車になりますので、アテンザを売るならば出来るだけ早めに売却すると有利ということが分かりますね。

事故車のアテンザ買取価格相場差

アテンザ走行距離買取価格1
アテンザを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

アテンザの事故車とそうでない車の買取価格差は「10万円から35万円」が目安です。

走行距離が進むごとに車価値が減っていき、その状況の中で買取価格差は縮まっていくことが上のグラフから確認できます。

アテンザの買取価格相場まとめ

アテンザの流通量は多少の増減があれど、1年を通じて売られている特徴があります。

そのため、価値下落は流通量の増加によるものが大きな原因ではないと判断しています。

アテンザの買取価格についてまとめると、3年落ちで売られるような車なので売却時期は早いほうが望ましく、その目安は4年落ちまでです。

また、8年落ち以降は満足いく査定額が付かないので売るならば7年落ちまでが勝負ということになります。

以上、お役立てください。