2代目トヨタbb
By Mytho88 [GFDL or CC BY-SA 3.0 ], from Wikimedia Commons
bB買取価格相場のポイント
  • 7年落ちまでが売り時
  • 2018年初頭までに価格が下がりきっている
  • ほとんどの旧式bBは査定が付かない

⇒bB買取価格相場のニュース速報を【年式別】に詳しく見る

bB:10年落ちまでの売却相場表

bB年式別買取相場1

bB年落ち別買取相場
BB
0年落ちNA
1年落ちNA
2年落ちNA
3年落ちNA
4年落ち27.92 ~ 27.92
5年落ち42.62 ~ 58.3
6年落ち39.32 ~ 47.4
7年落ち17.12 ~ 33.84
8年落ち9.44 ~ 32.8
9年落ち5.92 ~ 22.28
10年落ち5.2 ~ 23.64

bBの買取相場は年式によって分けてみる必要があります。

bBの3年落ちから4年落ちでは「60万円ほど」の買取価格で、5年落ちと6年落ちに関しては広い範囲で「30万円ほど」、7年落ち以降は「20万円以下」が多くなっています。

上のグラフを見てわかるように、bBは古い車でありすでに絶版になっていますので、売り時を間違えると査定が付かないので注意が必要です。

「まさか、相見積もりしない!?」見逃せない損失があります!


相見積もりしない場合

業者比較しないと平均17万円の損(かんたん車査定ガイド2019年2月回答アンケートより逆算)

下取りとの比較をしないと平均18万円の損(かんたん車査定ガイド2018年12月回答アンケートより逆算)

なぜ相見積もりで損が回避できる?

査定額は最初から上限を出すことはないため競争させて他社に勝てる高い金額を付ける理由を作ることが大切!

業者業者

他の業者と勝負できる査定をつけなきゃならない…しんどいけど仕方ない…


安売り防止の安心機能:概算価格表示

車価値の概算額が45秒で分かる
申し込み後、すぐに概算価格が表示される!

「査定額に納得すれば売る」でOK!

売値を気にするなら今すぐ確認!【無料】

bnr01_320_100JADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者

bBグレード別買取価格相場

bB10年落ちグレード別買取相場

bB10年落ち買取価格相場表
平成22年式(2010年式)
3 ~ 4.52
S HIDセレクション
S エアロGパッケージ9.68 ~ 18.08
4.04 ~ 5.52
Z Lパッケージ4.36 ~ 9.48
Z エアロGパッケージ9.2 ~ 32.8
Z エアロパッケージ6.48 ~ 31.28

bBの10年落ち買取相場についてはさすがに高く売るのは難しいですが、一方で「Sガーネットエディション2」に関しては状態次第で多少高く売れる可能性もあります。

とはいえ、上の相場はbB10年落ちのものですが、どのグラフを見ても10万円台の買取相場となっていますので、やはり高く売るということは難しい状態であることは変わりません。

ボディカラー別の買取価格比較

bB10年落ちボディーカラー買取相場

車体色について比べるとしても中央値が最大で13万円あたりにあることを考えると、業者の利益を考えれば良くて5万円あたりの査定額になるのではないかと予想します。

型式別の買取価格比較

bB10年落ち型式買取相場

型式で比べると分かるのが、QNCのあとに続く数字が大きいほど、高く売れる可能性があるということですね。

一応傾向として出ているので、bBを売るときに役立ててください。

1年間の買取価格変動

bB年間の相場変動

先ほどは3年間のbB買取相場でしたが、今年だけを大きく見てみると1月は若干上がり、その後急落した後にまた戻しているという動きがありますね。

これは3月前に車を買い替える人が多いことが原因であり、そのことは今年のbB流通量を見ると分かります。

bB年間の流通量

すでにお気づきの方もいると思いますが、bBを売るなら周りの人と同じ時期に行動することは望ましくなく、少し早めに動くことで高い買取相場で売ることが可能になります。

以上がbB全体からの買取相場情報でした。

次に具体的にbBの買取査定価格情報を見ていきます。

まずは年落ち比較でbBの買取相場を確認したのちに、最も売られる可能性が高い年落ちの年数でさらに詳しく見ることが出来ます。

5年落ちの買取価格相場

bB5年落ち買取相場の変動

5年落ちのbB買取相場は4月まで下降したのちに多少安定しています。

下のグラフは流通量を月々で見ることが出来ますので、上のグラフと比較してみてください。

bB5年落ち中古車流通量

bB5年落ちは、製造販売終了した車ということもあり、流通量は少ない状況になっています。

こういった状況で車を多く売られると相場が大きく動きますので、これから車を売るという方は注意が必要です。

7年落ちの買取価格相場

bB7年落ち買取相場の変動

7年落ちのbB買取相場の変動について、年内の動きを見てみると秋前まで下落したのちに上昇している点が確認できます。

ただし、単位を見てみると分かると思いますが2万円の差ですので、個々の車体についてはあまり気にすることはないでしょう。

可能性として、良質なbBが売られることによって全体の相場が上がっている可能性もあるからです。

つまり、売り時として高値で売れそうな冬前を狙うというのはあまり望ましいことではないということです。

bB7年落ち中古車流通量

上の流通量のグラフを見てわかるように3月あたりで売るのは一番危険なことが分かりますね。

基本的に消費増税や補助金などの打ち切りなどがなければ、例年通りの流通量増減となりますので参考にしてください。

10年落ちの買取価格相場

bB10年落ち買取相場の変動

10年落ちのbB買取相場については、多少の変動はあれど下落をしていることが分かります。

とはいえ、もうここまでくると査定が付かないという点では変わらないために、それほどシビアに見る必要はないのかもしれません。

bB10年落ち中古車流通量
bB10年落ち:流通量がわかるグラフ

なお、bB10年落ちの流通量は2018年4月付近まで多くなっているのは1年前の9年落ち時車検において売られたからです。

同様に11年落ちにおいても車検があるので、低くなった相場にここでとどめを刺されるでしょう。

bBのリセールバリュー

bB年式別買取相場1

リセールバリュー残価率
3年落ち60万円35.7%
5年落ち36万円21.4%
7年落ち20万円11.9%

※bBの新車価格は「134万円から202万円」であり、この中心である「168万円」で残価率を計算

※リセールバリューは中央値で判断

こちらはbB10年間分のリセールバリューですが、2016年にbB は生産中止をしていますので、登録の関係で翌年繰り越しのようなことはありますが、2年落ち以降が一番新しい年式になります。

bBの買取査定価格について、グラフや表で見てわかるように生産中止した車で価値を維持できる車は珍しく、当然ですがbBも価値の維持という点ではあまり望ましくない結果となっています。

昔は多くの方に人気があった車であるbBですが、現在では特殊なデザインのコンパクトカーになってしまっていますので、どうしても価値が落ちてしまいますね。

そのことがbBの3年落ち買取価格相場に表れていて、残価率は35.7%とあまり高くありません。

bBを売るときは売り時を間違えないようにしたいものです。

bB年式別流通量比較1

特にbBの売り時となっているのは5年落ちの部分であり、変動幅が大きいところが確認できました。

このことはbBが売られている量を見てみると明らかで、5年落ちで売られている量が増加し、さらに7年落ちでは相当量の車が売られていることが分かります。

そして、bBは比較的古い車でも価値があるなんて言いますが、実際のところは10年落ちでは査定が付かないことがほとんどです。

上で示した金額は業者の取り分を割合で引いた買取相場のグラフとなっていますから、業者として利益を残すならば10年落ち以降の車では、ほとんど査定が付けられないのは普通に考えると分かることですね。

ほとんどの人が9年落ちや10年落ちで車を手放していることが分かります。

冒頭でまとめで言ったように、bBを売ってお金にするならば7年落ちまでが勝負になります。

旧式bBの買取価格は厳しい?

旧式トヨタbB
By Kuha455405 [GFDL or CC-BY-SA-3.0], from Wikimedia Commons
最初に言ったように旧式のbBについては買取価格を期待することはできないでしょう。

もちろん車としてつかえるかどうかは別として、逆にあなたが今の車を買うとしていくら出せるかを考えたうえで、そこから中古車屋の利益を引いてみてください。

年落ちとしてのデータは載せていませんが、走行距離での買取価格解析を載せますので、取引価格の参考にしてみてください。

bB走行距離買取価格1

そのうえで、bBの下取り査定の付けられた価格が有利なのか不利なのかを考えることもできますね。

以上がbBの買取価格相場の傾向です。

最初に言ったようにbBを売ってお金に期待したいならば、7年落ちまでであり、それ以降は相当状態が良くなければ厳しい結果になります。

思い入れがある車の価値が低いとなればあまり良い気持ちはしないかもしれません。

しかし、それを受け入れたうえで買取査定額交渉や下取り査定交渉をすることで、相手側も多少譲歩してくれるかもしれませんので、参考にしてみてください。

bBの買取価格相場まとめ

bB数年の相場変動

2018年初めまではデータをならしているので、なめらかに下降しているのが分かります。

2018年からはならさずにグラフ化していますので変動が目立ちますが、これは1月から3月まで流通量が増えるので価格が下がることを表しています。

bB数年の流通量

上のグラフは月間の流通量を3年分表示しているもので、累積から考えるとすでに売りつくしたところであるといっても良いのかもしれません。

というのもbBは絶版の車となっていて、トヨタトールが後継車として登場していることが大きな原因であると考えています。

bBは過去に人気があった車であるということ、そして現在の人気トレンドは別の方向であることを考えると、相場としては不利になります。

リセールバリューを見てわかったのは、3年落ちで相場が3割強とあまり良くないことが、人気がない車ということを表しています。

bBはすでに生産中止となった絶版車であり、人気がある車とは言えないので乗りつぶすか、一番良い売り時で売るかを判断しなければいけない車と言えます。

このことは、良く売れる車を例に出すと分かります。

例えば、トヨタアクアであればどの年式においても一定の需要があるので、市場での価格は安定していますが、売れない兆しがある車では市場におけるマイナスの期待感から、相場自体を下げてしまうということになります。

つまりは、何度も言っていることですが、bBを売る場合は売り時を間違えないようにするということが大切であるということを覚えておいてください。

以上、お役立てください。