1024px-Daihatsu_Wake_102
Tennen-Gas [GFDL または CC BY-SA 3.0], ウィキメディア・コモンズより
ウェイク買取価格相場のポイント
  • ウェイクの買取価格は2018年末から下落が始まり2019年4月まで続く見込み
  • 1年落ちで最も売られる車であるために、相場が維持できなくなるタイミングで大きく相場下落があると予想
  • 事故車とそうでない車の差は10万円から20万円

⇒ウェイク買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

ウェイク年式別の買取相場一覧表

ウェイク年式別買取相場2

ウェイク
0年落ち125 ~ 125.24
1年落ち106.92 ~ 119.6
2年落ち85.12 ~ 107.56
3年落ち78.36 ~ 99.38
4年落ち58.88 ~ 90.6
5年落ち54.72 ~ 80.32
6年落ち54.56 ~ 71.36
7年落ちNA
8年落ちNA
9年落ちNA
10年落ちNA

2018年12月のウェイク買取価格相場は「85万円前後」で、「先月よりも2万円安」でした。

3年落ちにおいては、残価設定型クレジットの満期や車検タイミングで車を売るという形で、ウェイク中古車の流通量が増加することによって、買取相場下落が進むということもあって、全体の相場は下がっている状況にあります。

次に見るグラフは、ウェイク買取価格の1年分推移になりますが、気になるポイントは2018年末からの動きです。

ウェイク年間の相場変動

通常、年末においては価値下落は進まないのですが、今年は少し異例の動きをしているように見えます。

他車種でもそうですが、人気があった車の価値見直しがされることによって、年末に相場を下げていると予想しています。

ウェイク年間の流通量

ウェイクの流通量を見てみると、特別に売られているわけではありませんから、やはり価値下落は流通量増加によるものではないということが考えられますね。

近年は軽自動車の人気が高かったために、特に人気がある車は相場が高くなっていましたが、ここにきて軽自動車人気も陰りが見え始めたのかもしれません。

ウェイク:下取り相場と買取相場の比較

ウェイクの下取り相場表
ウェイクの下取り相場表 調査日:2019年2月26日 出典:トヨタ下取り参考価格情報 https://toyota.jp/service/tradein/dc/top

ウェイクの下取り相場は「107」万円でした。

これに対応するウェイクの買取相場は「89.54 ~ 95.58」万円であり、ウェイクを売るならば約「11.5」万円ほど「下取り相場」が有利であることが分かりました。

ただし、下取り査定をするとしても満額の査定額がいつも出るとは限りませんので、買取査定をする業者との比較をしたうえで売るようにしてください。

「まさか、相見積もりしない!?」見逃せない損失があります!


相見積もりしない場合

業者比較しないと平均17万円の損(かんたん車査定ガイド2019年2月回答アンケートより逆算)

下取りとの比較をしないと平均18万円の損(かんたん車査定ガイド2018年12月回答アンケートより逆算)

なぜ相見積もりで損が回避できる?

査定額は最初から上限を出すことはないため競争させて他社に勝てる高い金額を付ける理由を作ることが大切!

業者業者

他の業者と勝負できる査定をつけなきゃならない…しんどいけど仕方ない…


安売り防止の安心機能:概算価格表示

車価値の概算額が45秒で分かる
申し込み後、すぐに概算価格が表示される!

「査定額に納得すれば売る」でOK!

売値を気にするなら今すぐ確認!【無料】

bnr01_320_100JADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者

ウェイク:買取価格相場の動き

ウェイク数年の相場変動

ウェイク数年分の買取価格相場変動をグラフにしました。

2018年末の下落はやはり少し気になるものであり、基本的に1月から3月は相場を下げるので、さらにウェイクの価値が下がることを予想しています。

反面、反動で2019年4月以降は多少相場の上昇がありそうですが、全体として買取相場は下落するものと予想しています。

ウェイク数年の流通量

ウェイクの流通量を数年分で見てみると、2016年初頭が最も多く、2018年初頭も多少増えていることが分かります。

これらは前のウェイクの数年分買取価格変動グラフと対応してみると、買取価格変動と流通量の対応が見えてきますね。

ウェイクグレード別買取価格相場

ウェイク3年落ちグレード別買取相場

平成29年式(2017年式)
G ターボ SA267.5 ~ 92.9
G ターボ SA3
G ターボ レジャーエディション SA289.04 ~ 101.2
L SA262.76 ~ 79.48
L SA3
L レジャーエディション SA2

ウェイクで高く売れるグレードは「G SA」「X SA」「XファインセレクションSA」です。

データ数が多くないので判断が難しい所ですが、「X」グレードについても高く売れる可能性があります。

反面、ウェイクで安い買取価格になってしまうのは、「L」「D」などの一般グレードであり、高く売れるグレードとの差は20万円近くあります。

ウェイクを売る場合に、あなたの車は高く売れるグレードなのかという判断に利用してください。

ボディカラーで買取相場を比較

ウェイク3年落ちボディーカラー買取相場

ウェイクの買取価格が高いボディカラーは「オレンジ2」「グリーン」であり、ウェイクの場合は一般色の「ブラック」などはそれほど人気がないようです。

一般色の中で高い買取価格となっているのは、「パール2」のようで車を売るときに役立ててください。

型式別の買取相場

ウェイク3年落ち型式買取相場

ウェイクの型式別買取価格を見ると、それほど大きな差がないように見えますが、「LA710S」のほうが有利と言えます。

ただし、データ数が多くないので信頼性としてはそれほど大きくありません。

ウェイクを売るときの傾向として利用してください。

3年落ちの買取価格相場

ウェイク3年落ち買取相場
平成29年式(2017年式)
G ターボ SA267.5 ~ 92.9
G ターボ SA3
G ターボ レジャーエディション SA289.04 ~ 101.2
L SA262.76 ~ 79.48
L SA3
L レジャーエディション SA2

ウェイク3年落ち買取相場の変動

ウェイクの3年落ち買取価格を1年単位で変動を見てみると分かるのが、1月から4月まで価値が下落していることです。

この傾向は毎年行われることであるので、2018年末から価値下落が始まっているウェイクは、さらに相場を下げてしまうことになります。

ウェイクをこれから売るという方は気を付けなければいけません。

ウェイク3年落ち中古車流通量

ウェイク3年落ちの流通量を見てみると、やはり1月から3月までの流通量は増えています。

市場の原理として、需要と供給で価値が決まりますので、多くの台数が市場に供給されると、当然価値は下落します。

やはり気になるのは2018年末の下落であり、流通量が増えているわけではないのに、価値下落をしている点ですね。

5年落ちの買取価格相場

ウェイク5年落ち買取相場
平成27年式(2015年式)
45.76 ~ 59.76
D SA48.82 ~ 50.94
72.62 ~ 83.94
G SA62 ~ 90
40.24 ~ 64.88
L SA52.04 ~ 65.92
L ファインセレクションSA32.4 ~ 32.4
60 ~ 78.4
X SA59.32 ~ 73.6
X ファインセレクションSA51.48 ~ 57.16

ウェイク5年落ち買取相場の変動

ウェイク5年落ちは年間10万円価値減少ということが、上のグラフから分かります。

多少の上下はありますが、1年を通じてウェイク5年落ちの価値が下落していますね。

ウェイク5年落ち中古車流通量

ウェイク5年落ちの流通量は2019年のあたりのデータがありませんが、一度取得をやめてしまったことが原因なので、全く売られていないというわけではありません。

年々、ウェイク5年落ちは流通量が増加している傾向にあり、全体の相場を下げる要因になるので、これから車を売るという方にとっては悪材料の要素です。

ウェイクのリセールバリュー

ウェイク年式別買取相場2

ウェイクのリセールバリューはそれほど悪くないものですが、2018年末の下落を考えると未来まで含めて予測する必要があります。

そのため、「ウェイクを何年落ち」で良く売られているのかを見て考えていきましょう。
ウェイク年式別流通量比較3

一般に車が良く売られるのは3年落ちの段階であるはずなのですが、実は1年落ちでウェイクは売られていることが分かります。

この理由は予想を超えることは出来ませんが、便利だと思って買った車が思ったよりも便利でないとして、手放して別の車を買った可能性があります。

そのため、筆者が予想するのは今後流通量が増える段階で、何とか持っている人気相場が崩れてくることを予想していて、そのタイミングは来年の5年落ちウェイクが流通するタイミングと予想しています。

事故車のウェイク買取価格相場

ウェイク走行距離買取価格2

事故車のウェイクとそうでないウェイクとの買取価格差は「10万円から20万円」です。

上のグラフは走行距離と買取相場をグラフにして、大きな事故を経験しているウェイクかどうかを分けて線にしています。

走行距離が進んだウェイクは、事故車とそうでない車との価値は小さくなっていくことが確認できます。

ウェイクの買取価格相場まとめ

ウェイクの買取価格相場については、2018年末の下落がとても気になるところです。

ウェイクのデビュー当初はCMなどの効果で売れた車だったわけですが、実際所有してみるとそれほど使い勝手が良くないのか、1年目で売られてしまう車という残念な結果となっています。

それでも実用がある車としてウェイクはまだまだ相場を維持している形ですが、やはりロングセラーのタントや派手な見た目でも支持が大きいN-BOXのほうが強い状況です。

このような要素から、ウェイクの買取価格相場は2018年末から2019年の4月前後まで一気に相場を下げてしまうと予想しています。

以上、お役立てください。