Honda_osyssey_rb3_absolute_1_f
Toyotacoronaexsaloon [CC BY-SA 4.0], from Wikimedia Commons
オデッセイ買取価格相場のポイント
  • オデッセイを高く売るなら2年落ちまで、満足いく査定額で売りたいならば6年落ちまでが目安
  • 10年落ち以降では状態やグレード次第だが査定額が付かないことも多くなる
  • 事故車とそうでない車の買取価格差は「10万円から40万円」が目安

⇒オデッセイ買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

ホンダオデッセイは、トヨタアルファードやトヨタヴェルファイア、日産エルグランドのライバル車として戦っていました。

しかし流通量を見る限りでは、年々減少傾向にあるために、車価値下落が従来よりも大きく推移しているものと見ています。

この点については、ページ後半にホンダオデッセイの流通量変化を2年分見ることが出来ますので、詳しく知りたい方はご確認ください。

オデッセイ10年落ちまでの買取価格相場

オデッセイ年式別買取相場1
オデッセイ年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
オデッセイ年落ち別買取相場
修復なし修復有り
0年落ちNANA
1年落ち223.8 ~ 226.2NA
2年落ち169.46 ~ 179.36NA
3年落ち158.2 ~ 185.1
4年落ち132.88 ~ 162.5652.2 ~ 88.08
5年落ち106.4 ~ 144.486.3 ~ 109.7
6年落ち79.98 ~ 134.5866.8 ~ 77.2
7年落ち18.84 ~ 37.78NA
8年落ち13.2 ~ 39.44
9年落ち13.72 ~ 32.77.64 ~ 12.28
10年落ち8.16 ~ 24.088.28 ~ 11.16

オデッセイの買取価格年落ちグラフで見て欲しいポイントは「3年落ち」「7年落ち」「8年落ち以降」です。

オデッセイが新車登録から初めて売られるタイミングは3年落ちなのですが、車価値が大きく変わる年数なのを上のグラフで確認してください。

また同様の理由ですが7年落ちも6年落ちの段階も含めて買取価格が一気に落ちています。

さらに8年落ち以降は場合によっては満足いく査定額が付かない場合がありますので、売り時を間違えないようにしたいものです。

オデッセイ10年落ちを有利に売る方法

残念ながらオデッセイ10年落ちの買取相場は厳しく、高く売ることは出来ないでしょう。

ただし、全く査定が付かないかといえばそんなことはありません。

確かに状態が悪かったり、低いグレードであったりすれば不利になりますが、数十万円で評価される車もある以上はあきらめることはないでしょう。

というのも、査定額というのは車の価値まで付くことは珍しいことで、多くの場合には相場よりも相当安いところで車を売っているからです。

これを防ぐためには相見積もりをとって、受けた査定額が適正価格なのかを知る必要があります。

昔は相見積もりを取るのも面倒だったので適当に妥協して下取りに出すオーナーも多かったですが、最近ではネットから簡単に相見積もりが取れるようになりました。

ネットで相見積もりというと個人情報の流出は心配ですが、リクルートグループのカーセンサーなら安心して相見積もりできます。

オデッセイを有利に売りたい場合には、相見積もりをとって適正価格かどうか判断してから売るようにしてくださいね。

オデッセイ:下取り相場と買取相場の比較

オデッセイの下取り相場グラフ
オデッセイの下取り相場 調査日:2019年2月26日 出典:トヨタ下取り参考価格情報 https://toyota.jp/service/tradein/dc/top

オデッセイの下取り相場は「5」万円でした。

これに対応するオデッセイの買取相場は「10.08 ~ 26.64」万円であり、オデッセイを売るならば約「21」万円ほど「買取相場」が有利であることが分かりました。

ただし、査定を行う業者は査定額を車価値まですぐには出しませんから、交渉をスムーズにするためにも、業者間の競争は忘れず行うようにしてください。

オデッセイグレード別買取価格相場

オデッセイ10年落ちグレード別買取相場
オデッセイ10年落ち:買取価格比較できるグラフ
オデッセイ10年落ち買取価格相場表
修復なし修復有り
6.02 ~ 15.049.28 ~ 10.6
Li25.44 ~ 25.44NA
7.32 ~ 14.79.12 ~ 10.6
M エアロパッケージ20.68 ~ 41.32NA
M ファインスピリット
M ファインスピリット エアロパッケージ7.44 ~ 7.44
M・SNA
アブソルート10.56 ~ 267.6 ~ 8.24

こちらでは、オデッセイの10年落ちでグレード間の買取価格を比べていきたいと思います。

 

オデッセイを高く売れるグレードは「アブソルート」系が圧倒的に良い傾向が確認できます。

 

それ以外のグレードに関してはドングリの背比べみたいなものですが、データ数が少ないこともあって、傾向が把握できる程度になっていること、また10年落ちなので査定が付かないような状況の車も増えています。

ボディカラー別の買取価格比較

オデッセイ10年落ちボディーカラー買取相場
オデッセイ10年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

 

オデッセイの買取価格をボディカラー別に見てみると、「ワインレッド」「ブラウン」「グリーン」と意外な色が人気です。

 

ただ、このグラフも情報も月次で変わっていますので、この情報は2018年12月データに基づいています。

 

そのため、来月には色が変動していることもありますので、その際はグラフに出ている情報が最新です。

型式別の買取価格比較

オデッセイ10年落ち型式買取相場
オデッセイ10年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

 

オデッセイの買取価格を型式別に比較してみると、それほど大きな違いは確認できませんでした。

 

ただ、「RB4」など番号が大きいほど有利になる傾向があるようですが、10年落ちの買取価格なので傾向の把握程度しかできませんね。

1年間の買取価格変動

オデッセイ年間の相場変動
オデッセイの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

 

オデッセイの買取価格変動を1年分で見てみると、それほど大きく変わらない状況でした。

 

2019年現在もミニバンは人気なので、オデッセイもそれによって相場が安定しているものと考えています。

オデッセイ年間の流通量
オデッセイの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

 

オデッセイの流通量を見てみると、2018年1月から3月までは多くなっている反面、それ以外については平均的に売られている状況ですね。

 

この点でオデッセイの買取価格変動と流通量を合わせてみても、特徴的な動きがないので将来の買取価格を読み解くデータとはならないのは残念なところです。

3年落ちの買取価格相場

オデッセイ3年落ち買取相場の変動
オデッセイ3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

オデッセイ3年落ちの買取価格は1月から3月まで下げ相場であり、それ以降は少し上昇している状況にあります。

 

正直オデッセイは大型ミニバンの中でもホンダ好きに選ばれる反面、トヨタアルファードやトヨタヴェルファイアなどの見た目が大きいものが有利なので、ちょっとオデッセイは人気が劣るかと思ったのですが、そんなことはないようです。

オデッセイ3年落ち中古車流通量
オデッセイ3年落ち:流通量がわかるグラフ

 

オデッセイ3年落ちの流通量は1月から3月までは多くなっていますが、それ以外は少ないのが特徴ですね。

 

そのこともあり、買取価格は年末に向かって上昇を確認できました。

5年落ちの買取価格相場

オデッセイ5年落ち買取相場の変動
オデッセイ5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

オデッセイ5年落ちの買取価格は1月から3月まで130万円から120万円へ下げましたが、その後は安定しています。

 

これは流通量から説明出来る場合がありますのでさっそく見てみましょう。

オデッセイ5年落ち中古車流通量
オデッセイ5年落ち:流通量がわかるグラフ

 

意外ではありますが、オデッセイ5年落ちの流通量にそれほど差はありませんでした。

 

通常は1月から3月で売られるものなのですが、そもそも5年落ちでオデッセイを売るオーナーが少ないのかもしれません。

7年落ちの買取価格相場

オデッセイ7年落ち買取相場の変動
オデッセイ7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

オデッセイ7年落ちは2018年7月以降に多少持ち直しているものの、年内を通じて64万円から44万円に下落しています。

 

ただ、データ数が少ないのでデータ信頼性は少し劣りますね。

オデッセイ7年落ち中古車流通量
オデッセイ7年落ち:流通量がわかるグラフ

 

オデッセイ7年落ちの流通量は2018年を通じて売られているようですが、売られている量としてはそれほど多くありません。

 

オデッセイは7年落ちで売られる車ではないのかもしれませんね。

10年落ちの買取価格相場

オデッセイ10年落ち買取相場の変動
オデッセイ10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

オデッセイ10年落ちの買取価格を1年分見てみると、27万円から15万円に下がっています。

 

これは状態やグレードによっては査定額が付かない車も存在する可能性がありますので覚悟が必要です。

オデッセイ10年落ち中古車流通量
オデッセイ10年落ち:流通量がわかるグラフ

 

オデッセイ10年落ちの流通量を見ると、年末に売られている状況が確認できます。

 

2019年1月から3月まで売りが多くなることを予想していて、2019年のオデッセイ10年落ち買取価格は厳しい状況を予想しています。

オデッセイのリセールバリュー

オデッセイ年式別買取相場1
オデッセイ年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

 

オデッセイのリセールバリューを見るならば、どの年落ちで売られているかを見る必要があります。

オデッセイ年式別流通量比較1
オデッセイが何年で売られているかわかるグラフ

 

オデッセイが一番売られているのは13年落ちであり、その次は11年落ちと保有期間が長い車であることが分かります。

 

このことを考えるとオデッセイを一番高く売れるのは2年落ちまで、次のポイントとしては6年落ちまでが、流通量から見た場合の売り時になります。

事故車のオデッセイ買取価格相場差

オデッセイ走行距離買取価格1
オデッセイを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

 

オデッセイの事故車と事故車でない車の買取価格差は「10万円から40万円」が目安になります。

 

走行距離5万キロからこの差は小さくなっていき、走行距離10万キロではさらに差が小さくなっていきます。

 

買取価格差と走行距離の関係は上にあるグラフを見ると確認できます。

オデッセイの買取価格相場まとめ

オデッセイ数年の相場変動
オデッセイの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

 

オデッセイの買取価格相場変動について数年分のグラフを見ると、多少落ちているもののそれほど不利な状況にはなっていません。

 

ただ、2018年半ばぐらいから下落が進んでいる状況を見ると、ミニバン人気に多少陰りが出ているのかもしれません。

オデッセイ数年の流通量
オデッセイの流通量が数年間わかるグラフ

2018年3月付近にオデッセイの買取価格相場が下落している状況を確認できますが、それは流通量が増えていた状況で説明が付きます。

 

また近年は流通量が徐々に減りだしていて、車保有期間の長期化に伴うこと、もしくはミニバン人気がSUVと二分するようになってきたのが理由かもしれません。

 

まとめると、オデッセイを高く売りたいならば2年落ちまでが最も有利であり、それなりに満足いく額で売りたいならば6年落ちまで、10年落ち以降は査定額が付かない可能性もあるので覚悟するということでいかがでしょうか。

以上、お役立てください。