1024px-Nissan_Cube_Z12_001
Tennen-Gas [CC BY-SA 3.0], from Wikimedia Commons
キューブ買取価格相場のポイント
  • キューブを高く売るならば「2年落ち」まで、ほどほどの査定を期待するならば「7年落ち」までが最終ライン
  • キューブは早期に売られる車であることから、中期的に相場下落が起こる見通しで現在も厳しい状況にいる
  • 事故車とそうでない車との買取価格差は「3万円から25万円」が目安

⇒キューブ買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

キューブ10年落ちまでの買取価格相場

キューブ年式別買取相場1
キューブ年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
キューブ年落ち別買取相場
修復なし修復有り
0年落ちNANA
1年落ち67.28 ~ 84.9NA
2年落ち28.66 ~ 4020.88 ~ 21.68
3年落ち50.26 ~ 65.9
4年落ち33.42 ~ 53.718.6 ~ 23.32
5年落ち15.9 ~ 39.311.98 ~ 19.14
6年落ち8.88 ~ 25.95.34 ~ 12.32
7年落ち6.72 ~ 23.042.8 ~ 8
8年落ち6.02 ~ 19.443.9 ~ 8.6
9年落ち4.14 ~ 13.763.72 ~ 8.08
10年落ち3.06 ~ 122.18 ~ 5.96

キューブの買取相場を見るならば、「3年落ち」「7年落ち」に注目してください。

キューブが高く売れるのか、それともほどほどの査定になるのか、という分岐点が3年落ちということです。

また7年落ち以降は満足に査定が付きませんし、場合によっては査定自体が付かないということも起こります。

そのため、キューブの買取相場を見るならば3年落ちの前後と7年落ち以降で見るようにしてください。

キューブ10年落ちでは下取りは厳しい

ここまで見てきたようにキューブ10年落ちの相場は厳しい状態です。

通常は買取査定のほうが有利なのですが、市場価値が低くなりすぎている場合には下取り査定のほうが有利な場合があります。

というのも、下取りの場合には新車値引きの意味合いがありますので、販売促進費の意味合いが強いので、市場価格よりも高い金額で評価してくれることがあるためです。

とはいえ、キューブ10年落ちの下取り査定のおいても厳しいことは変わらないですので、実際には見積もりを取ってみるのが早いでしょう。

ラビット店舗から来たメール
ラビットから来たメール、…厳しい。

メールで見積もりをくれる業者もいるので話が早くて助かります。

キューブグレード別買取価格相場

キューブ7年落ちグレード別買取相場
キューブ7年落ち:買取価格比較できるグラフ
キューブ7年落ち買取価格相場表
修復なし修復有り
15GNA
15S16.14 ~ 17.7NA
15X6.12 ~ 15.984.88 ~ 4.88
15X FOUR2.88 ~ 6.96NA
15X FOUR Mセレクション34.08 ~ 34.08NA
15X FOUR VセレクションNA
15X FOUR インディゴ+プラズマ
15X FOUR コモレビグリーンセレクションNA
15X Mセレクション9.68 ~ 21.88NA
15X Vセレクション5.68 ~ 14.822.3 ~ 4.02
15X インディゴ+プラズマ8.1 ~ 27.22.76 ~ 7.64
15X インディゴセレクションNA
アクシスNA
オーテック ライダー6.52 ~ 14.56NA
オーテック ライダーブラックライン8.88 ~ 8.88NA

キューブの高く売れるグレードはデータ数が少ないので判明しませんでした。

 

どうやら「15X インディゴ+プラズマ」などの売れ筋のグレードとそうでないグレードに分かれるようですね。

ボディカラー別の買取価格比較

キューブ7年落ちボディーカラー買取相場
キューブ7年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

 

キューブの高く売れるボディカラーは「ホワイト」でした。(2019年1月データに基づく)

 

毎月データが入れ替わるので、最新の情報は上のグラフを見てください。

型式別の買取価格比較

キューブ7年落ち型式買取相場
キューブ7年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

 

キューブの高く売れる型式を比較しようとしたのですが、「NZ12」のデータ数が少ないので傾向しか分かりませんでした。

1年間の買取価格変動

キューブ年間の相場変動
キューブの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

 

キューブの買取相場変動を1年分見てみると、2018年4月あたりに急激な下落があります。

 

これを流通量の面から確認してみましょう。

キューブ年間の流通量
キューブの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

 

キューブの流通量を見ると2018年4月付近でよく売られていることが分かります。

 

これは2019年においても同様に3月付近で流通量が増える見込みであり、これから車を売るという方は注意が必要ですね。

3年落ちの買取価格相場

キューブ3年落ち買取相場の変動
キューブ3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

キューブ3年落ちの買取相場変動を1年分見てみると、右肩下がりで下落していることが分かります。

キューブ3年落ち中古車流通量
キューブ3年落ち:流通量がわかるグラフ

 

キューブ3年落ちの流通量は多くありませんが、2018年10月付近に多く売られていることもあり、相場下落が起こっていることを買取相場グラフで確認してください。

5年落ちの買取価格相場

キューブ5年落ち買取相場の変動
キューブ5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

キューブ5年落ちの買取相場変動を1年間グラフで見てみると、44万円から34万円と10万円安になっていることが分かります。(2019年1月データに基づく)

 

キューブ5年落ち中古車流通量
キューブ5年落ち:流通量がわかるグラフ

 

キューブ5年落ちの流通量は2018年末に若干増えていることが分かります。

 

相場もそれに合わせて動いていることを確認してください。

7年落ちの買取価格相場

キューブ7年落ち買取相場の変動
キューブ7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

キューブ7年落ちの買取相場変動は、2019年1月において23万円ほどになっています。

 

そのため、状態が悪い場合には査定が付かないようなケースも出てきているものと考えています。

キューブ7年落ち中古車流通量
キューブ7年落ち:流通量がわかるグラフ

 

キューブ7年落ちの流通量は増えている状況です。

 

流通量と買取相場は対応している関係にありますので、車を売ろうと考えている方は多く売られる前に準備したいところです。

10年落ちの買取価格相場

キューブ10年落ち買取相場の変動
キューブ10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

キューブ10年落ちの買取相場は2019年1月において13万円ほどになっていて、すでに多くの車が査定が付かないような状態になっているはずです。

キューブ10年落ち中古車流通量
キューブ10年落ち:流通量がわかるグラフ

 

キューブ10年落ちの流通量は減っているような状況ですが、来年の11年落ちで車売却数が増えるので、そこで相場にとどめを刺される状況になるでしょう。

キューブのリセールバリュー

キューブ年式別買取相場1
キューブ年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

 

キューブのリセールバリューを見るならば、何年でどれぐらい売られているかを確認する必要があります。

キューブ年式別流通量比較1
キューブが何年で売られているかわかるグラフ

 

キューブが売られているのは9年落ちと7年落ちであり、本格的に売られるのは5年落ち、また1年落ちも少し多く売られている状況です。

 

このことを考えると、キューブの相場は不利になりやすい車、率直に言えば人気のない車ということが言えます。

 

そのため、中期的に相場下落が起こるために、後になればなるほど不利な相場になると予想しています。

 

したがって、キューブのリセールバリューは悪い車ということが言えます。

事故車のキューブ買取価格相場差

キューブ走行距離買取価格1
キューブを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

 

キューブの事故車とそうでない車との買取価格差は「3万円から25万円」が目安です。

 

走行距離10万キロ付近において車価値が小さくなるために、この差が小さくなっています。

キューブの買取価格相場まとめ

キューブ数年の相場変動
キューブの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

 

キューブの買取相場を数年分見てみると、2018年3月付近で急落していることが分かります。

キューブ数年の流通量
キューブの流通量が数年間わかるグラフ

流通量を見るとやはり多く売られている状況でした。

 

このように多くの方が車を売るタイミングでは不利な査定になりやすいので注意が必要です。

 

まとめると、キューブを売るならば、高く売れるのは3年落ちよりも前に売ることであり、ほどほどに売れるのは7年落ち以前に売ること、それ以降は相場が厳しい状況になっています。

 

以上、お役立てください。