1024px-2009_Nissan_Z34_Fairlady_Z_01
Hatsukari715 [Public domain], via Wikimedia Commons
フェアレディZ買取価格相場のポイント
  • フェアレディZを高く売るならば「4年落ち」までが有利で、満足いく査定額で売りたいならば流通量が多くなる「13年落ちよりも前」に売ることが望ましい
  • フェアレディZの流通量が少ないことにより、リスク回避から買取業者により査定額が大きく異なる
  • 事故車とそうでない車との買取価格差は「15万円から60万円」が目安

⇒フェアレディZ買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

フェアレディZ:3年落ちから10年落ちの買取価格相場

フェアレディZ年式別買取相場1
フェアレディZ年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
フェアレディZ年落ち別買取相場
修復なし修復有り
0年落ちNANA
1年落ちNA
2年落ちNA
3年落ちNA
4年落ち180.08 ~ 202.68NA
5年落ち181.98 ~ 203.54NA
6年落ち131.44 ~ 149.24NA
7年落ち172.48 ~ 201.68NA
8年落ち100 ~ 150.32
9年落ち112.96 ~ 174.4
10年落ち83.48 ~ 128.44NA

フェアレディZの年落ち別買取価格グラフを見てもらうと分かるのが、相場が安定していないことが分かります。

こちらでは実データを使ってグラフを描写しているので、3年落ちの買取相場が4年落ちの買取相場よりも負けている状況がありますが(2019年1月データより)、このようにフェアレディZの買取相場は安定していません。

そういった状況であっても、フェアレディZの買取相場についてみて欲しいポイントは「5年落ち」「7年落ち」です。

これらは車検タイミングであり、車を手放すか、それとも車検をとって乗り続けるかを選ぶタイミングでもあります。

そのこともあって、買取価格下落も大きいのですが、それにしても他車種の5年落ちや7年落ちの価値下落割合と比較すると相場下落が大きい状況にあります。

このようなことから、フェアレディZを売る場合には車検時期と重なる5年落ちや7年落ちよりも、1年や半年早い4年落ちや6年落ちで売却準備を進めていくことが、損なく車を売ることに役立つでしょう。

フェアレディZのリセールバリュー

フェアレディZ年式別買取相場1
フェアレディZ年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

フェアレディZのリセールバリューを見るならば、何年でこの車が売られているのかを見ることは大切です。

フェアレディZ年式別流通量比較1
フェアレディZが何年で売られているかわかるグラフ

フェアレディZが本格的に売られるのは、13年落ち以降になるのですが、年数としては9年落ちから売りが多くなっていることが分かります。

相場データが使いづらい以上は、このフェアレディZを手放す年数を見て車売却時期を考えるのが適切でしょう。

上のグラフを見る限りでは、フェアレディZを高く売りたいならば4年落ちまでが有利であり、13年落ちまで行くと低い査定額も覚悟しなければいけないという状況になっています。

フェアレディZは13年落ちで危険!

フェアレディZのリセールバリューは高いもので、10年落ちにおいても100万円をキープしているのは、一般の乗用車と違いますね。

ただ、このフェアレディZの高いリセールバリューも13年落ちで多く売られていることに注目すれば、その時点において大きく相場を下げることが予想できます。

また13年落ちほどではありませんが、7年落ちにおいてもフェアレディZが少し売られていることが確認できます。

この変動は6年落ちのうちから進んでいる可能性があり、新車で買った人が7年目の車検前に売っている動きと判断しています。

以上のように、フェアレディZのリセールバリューは7年落ちと13年落ちで大きく動くために、これからその年落ちで車を売るという方は注意して相場を追ってください。

車体価値が高いフェアレディZを売るときの注意点

フェアレディZは10年落ちにおいても買取相場100万円を超える価値を持っているため、うっかり安売りをして損をするということは他の車と比較になりません。

それに対して車を売る方は買取業者や下取りディーラーの査定額を信じやすい傾向にあります。

というのも、車の査定額は最初から車の適正価値で出るわけではなく、むしろ安い額を提示されます。

これは車を高く買うという宣伝をしている業者であっても本音では安く買いたいのであり、仕入れ値が安くなれば利益はその分増えますから、基本的に優良業者かそうでないかは別として行うことです。

こういった状況において、車価値が高いとその分だけ安く買い取る余地が増えるので、フェアレディZを売るときには注意しなければいけないということです。

これに対する対処法としては相見積もりをとることであり、他の業者と競争しなければいけないときに遠慮した査定額など出せませんので、車を安く売って損をするという状況を防ぐことに役立ちます。

また今はネットから簡単に相見積もりが出来ますし、個人情報の管理などはリクルートグループのカーセンサーを使うことで安心して相見積もりを依頼できます。

もしあなたがフェアレディZを適正価格で売りたい場合には、相見積もりを必ずとるようにしてくださいね。

フェアレディZグレード別買取価格相場

フェアレディZ10年落ちグレード別買取相場
フェアレディZ10年落ち:買取価格比較できるグラフ
フェアレディZ10年落ち買取価格相場表
修復なし
バージョンS106.1 ~ 114.3
バージョンST124.4 ~ 148.08
バージョンT60.1 ~ 63.66
ベースグレード83.48 ~ 93.22

 

フェアレディZの高く売れるグレードは「Version ニスモ」です。

 

このことは特別仕様のグレードなので当然といえば当然でしょう。

ボディカラー別の買取価格比較

フェアレディZ10年落ちボディーカラー買取相場
フェアレディZ10年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

 

フェアレディZの高く売れるボディカラーは「パール」「ブルー」でした。(2019年1月データに基づく)

 

ブルーはスポーツカーなので当然の人気の車体色ですが、パールのような保守的な色が選ばれるような状況を考えると、この車がスポーツカーよりもラグジュアリー趣向が大きいことが分かりまs。

型式別の買取価格比較

フェアレディZ10年落ち型式買取相場
フェアレディZ10年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

フェアレディZの高く売れる型式を見ようとしたのですが、「HZ34」のデータ量が少ないため比較になりませんでした。

1年間の買取価格変動

フェアレディZ年間の相場変動
フェアレディZの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

 

フェアレディZの1年間の買取価格変動グラフです。

 

1年で買取相場が3万円ほど上昇していますね。

フェアレディZ年間の流通量
フェアレディZの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

 

なお、フェアレディZの流通量は多くありません。

 

上のグラフで見てわかるように近年徐々に減っているのは、スポーツカーブーム、またラグジュアリーカーならば別の車のほうが良いという選択の現れであると判断しています。

3年落ちの買取価格相場

フェアレディZ3年落ち買取相場の変動
フェアレディZ3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

フェアレディZ3年落ちの買取相場変動を1年分グラフで見てみると、多少の変動はありますが最終的にはほとんど変わっていないことが分かります。(2019年1月データに基づく)

 

フェアレディZ3年落ち中古車流通量
フェアレディZ3年落ち:流通量がわかるグラフ

 

ただしフェアレディZ3年落ちの流通量が少ないので、これはたまたま売られた車がその価格であったと判断するほうが良いでしょう。

 

このようにフェアレディZ3年落ちは流通量が少ないので、少し売られるだけで相場が大きく動くのが特徴といえるかもしれません。

5年落ちの買取価格相場

フェアレディZ5年落ち買取相場の変動
フェアレディZ5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

フェアレディZ5年落ちの買取相場は1年を通じてそれほど変化はありませんでした。

 

ただし、流通量を見るとその理由がはっきりします。

フェアレディZ5年落ち中古車流通量
フェアレディZ5年落ち:流通量がわかるグラフ

 

フェアレディZ5年落ちの流通量は年間を通じて数十台程度にとどまっています。

 

このことから買取相場データの安定性は少ないものになり、また流通量が少ないことは相場が安定しないために、査定額はあまり有利でないことがありますので注意してください。

7年落ちの買取価格相場

フェアレディZ7年落ち買取相場の変動
フェアレディZ7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

フェアレディZ7年落ちの買取価格変動を見てみると、1年を通じてそれほど変動はありませんでした。

 

ただし流通量が少ないのでデータの信頼性は低いものとなっています。

 

フェアレディZ7年落ち中古車流通量
フェアレディZ7年落ち:流通量がわかるグラフ

 

フェアレディZ7年落ちの流通量は見てわかるように少ないので、たまたま売られた車の相場が上の買取相場グラフを作っているとも言えます。

 

また、こういった車の場合には買取業者も査定額を低くせざるを得ませんので、その分だけ査定額が目減りするということを覚えておきましょう。

10年落ちの買取価格相場

フェアレディZ10年落ち買取相場の変動
フェアレディZ10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

 

フェアレディZ10年落ちの買取相場は1年を通じて10万円ほど安くなっています。(2019年1月データに基づく)

 

この点を流通量の点で確認してみます。

フェアレディZ10年落ち中古車流通量
フェアレディZ10年落ち:流通量がわかるグラフ

 

フェアレディZ10年落ちはほかの年式よりも流通量が多いので、少しは安定したデータとなっていますが、まだまだサンプル数が少ないので予測が難しい状況です。

 

実はこの状況は車買取業者も同じであり、あまり流通していない車は車価値ギリギリの査定額を付けづらい現状がありますので、フェアレディZ10年落ちを売る場合には、買取業者によって査定額が大きく異なる場合があります。

事故車のフェアレディZ買取価格相場差

フェアレディZ走行距離買取価格1
フェアレディZを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

 

フェアレディZの事故車とそうでない車との買取価格差は「15万円から60万円」が目安です。

 

車価値が高ければこの差は大きくなっていることを、上のグラフから確認することが出来るでしょう。

フェアレディZの買取価格相場まとめ

フェアレディZ数年の相場変動
フェアレディZの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

 

フェアレディZは流通量が多くない車なので、買取相場が把握しづらい車といえ、このことが実は車買取額を下げる要因になっています。

 

つまり、いくらで売れるのか分かりやすいならば、買取業者はそのギリギリまで査定額を上げられるのですが、そうでない場合には守りに入らなければいけません。(あなたが買取業者の立場ならそうするはず)

フェアレディZ数年の流通量
フェアレディZの流通量が数年間わかるグラフ

一般に流通量が多くないことは悪くないことに思われるかもしれませんが、市場価格の把握ができないほど流通量が少ないのは大きな問題です。

 

フェアレディZに関しては時代の流れとともに流通量は減っていて、この流れはこの先続く見通しですので、フェアレディZを有利に売りたいと考える方は売り時を逃さないでくださいね。

 

まとめると、フェアレディZを高く売りたいならば4年落ちまでが勝負で、遅くても多くの方が手放す13年落ちよりも前に売却することで、有利な査定額で車を売ることが出来ます。

 

以上、お役立てください。