1024px-Toyota_Land_Cruiser_Prado_120_004
Tennen-Gas [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons
ランドクルーザープラド買取価格相場のポイント
  • ランドクルーザープラドは3年落ちで最も多く売られている車なので高く売りたいなら「2年落ちまで」、ほどほどの査定額で売りたいなら「4年落ち」までに売ること
  • 古いモデルのランドクルーザープラドでも、海外需要があるために査定が付かないことはほとんどないため、安売りをして損をしないように注意!
  • 事故車とそうでない車の買取価格差は「5万円から30万円」が目安

⇒ランドクルーザープラド買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

ランドクルーザープラド買取相場推移2019年版

ランドクルーザープラド年間の相場変動
ランドクルーザープラドの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

ランドクルーザープラドの買取相場変動を1年分見てみると、車体価格の割には変動が小さくなっています。

ランドクルーザープラド年間の流通量
ランドクルーザープラドの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

ランドクルーザープラドの流通量は2018年1月から3月まで多い状況でしたが、その後は落ち着いています。

流通量が増えるタイミングで車の相場が変化していることを、上の二つのグラフを比較して確認してください。

ランドクルーザープラドのリセールバリュー【5年・7年に注目!】

ランドクルーザープラド年式別買取相場1
ランドクルーザープラド年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

ランドクルーザープラドのリセールバリューはきれいな右肩下がりのグラフになっています。

ランドクルーザープラドのリセールバリューで注目したいのは一般の車と異なる点があり、5年落ちと7年落ちの相場下落がないことです。

一般に車検のタイミングで車を手放す人が増えるので、車価値下落が起こるはずなのですが、グラフを見るとその傾向がありませんね。

このことは、ランドクルーザープラドが何年で売られているのか、年落ち別に流通量を見てみると理解の助けになります。

ランドクルーザープラド年式別流通量比較1
ランドクルーザープラドが何年で売られているかわかるグラフ

ランドクルーザープラドの売られる年数はかなり特殊であり、3年落ちが最も売られている状況で、次は5年落ちとなっています。

このことは新旧モデルが混在しているからと判断していて、売却する場合もどちらのモデルなのかを考えたうえで、相場を調べるようにしてください。

なお、新モデルは比較的早い時期に売却されているような状況ですが、ランドクルーザープラドは需要がある車なので、極端に多く売られなければ値崩れはしないでしょう。

ただし、それにしても3年落ちと5年落ちで売られすぎている状況なので、少し早めに売却検討するというのは、車を高く評価させるうえでとても重要なことです。

ランドクルーザープラドのリセールバリューが適切に保たれているのは、流通市場に売れ残りが少ないからだと考えています。

早期に売る人も多い中で中古で買う人もいて、そのセカンドオーナーが比較的長く乗っていることでランドクルーザープラドのリセールバリューが保たれているものとみることができますね。

ランドクルーザープラド:3年落ちから10年落ちの買取価格相場

ランドクルーザープラド年式別買取相場1
ランドクルーザープラド年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
ランドクルーザープラド年落ち別買取相場
修復なし修復有り
0年落ちNANA
1年落ち284 ~ 316.4
2年落ち237.68 ~ 282.8
3年落ち213.06 ~ 248.36214.44 ~ 222.2
4年落ち202.7 ~ 238.6194.64 ~ 194.64
5年落ち182.8 ~ 208.8172.6 ~ 179.52
6年落ち176.08 ~ 192.8146.72 ~ 166.92
7年落ち152.64 ~ 186.4124.96 ~ 124.96
8年落ち127.2 ~ 140.32112.08 ~ 112.08
9年落ち128.76 ~ 137.4126 ~ 126
10年落ち75.32 ~ 106.4

ランドクルーザープラドの買取相場は良好であり、いつ売ってもそれなりに良い価格で売れる車です。

ただし、気を付けなければいけない点は、多くの方が車を売るタイミングで一緒に車を売ってしまうことです。

相場は流通量が多くなれば、相場下落が起こる要因として機能して車を売ることについて悪い影響を与えます。

そして、ランドクルーザープラドの良く売られる年数は後に詳しく話しますが「3年落ちと非常に短い」のが特徴です。

以上より、ランドクルーザープラドを売る場合には高く売りたい場合は「2年落ちまで」、そこそこの査定額で売りたい場合は「4年落ちまで」に売却検討する必要があるでしょう。

「まさか、相見積もりしない!?」見逃せない損失があります!


相見積もりしない場合

業者比較しないと平均17万円の損(かんたん車査定ガイド2019年2月回答アンケートより逆算)

下取りとの比較をしないと平均18万円の損(かんたん車査定ガイド2018年12月回答アンケートより逆算)

なぜ相見積もりで損が回避できる?

査定額は最初から上限を出すことはないため競争させて他社に勝てる高い金額を付ける理由を作ることが大切!

業者業者

他の業者と勝負できる査定をつけなきゃならない…しんどいけど仕方ない…


安売り防止の安心機能:概算価格表示

車価値の概算額が45秒で分かる
申し込み後、すぐに概算価格が表示される!

「査定額に納得すれば売る」でOK!

売値を気にするなら今すぐ確認!【無料】

ateambannerJADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者

ランドクルーザープラドグレード別買取価格相場

ランドクルーザープラド3年落ちグレード別買取相場
ランドクルーザープラド3年落ち:買取価格比較できるグラフ
ランドクルーザープラド3年落ち買取価格相場表
修復なし修復有り
TX196.4 ~ 221.7NA
TX Lパッケージ228.7 ~ 243.9226.08 ~ 226.08
TX Lパッケージ G-フロンティア239.4 ~ 258.64
TZ-G249.48 ~ 264.96NA

ランドクルーザープラドは「TX」グレード以外は、高く売れる状況でした。

TXだけ少し安い相場になっていることを上のグラフで確認してください。

ボディカラー別の買取価格比較

ランドクルーザープラド3年落ちボディーカラー買取相場
ランドクルーザープラド3年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

ランドクルーザープラドの高く売れるボディカラーは「ブラウン」でした。(2019年1月データに基づく)

これは輸出を見越しての色なのかどうかわかりませんが、他の車体色よりも有利でした。

型式別の買取価格比較

ランドクルーザープラド3年落ち型式買取相場
ランドクルーザープラド3年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

ランドクルーザープラドの型式別買取相場を見てみると、多少の差はあるようですが、傾向としてはそれほど変わらないように見えます。

おそらくは番号が大きい型式ほど有利なので「GDJ151W」が高く売れるのでしょうけれど、データ数が多くないために明確に判別が出来ません。

3年落ちの買取価格相場

ランドクルーザープラド3年落ち買取相場の変動
ランドクルーザープラド3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

ランドクルーザープラド3年落ちの買取相場変動は、よく見る冬に落ちて夏に少し戻してその後下落するという状態を見ることが出来ました。

ランドクルーザープラド3年落ち中古車流通量
ランドクルーザープラド3年落ち:流通量がわかるグラフ

なお、流通量に関しては2019年1月に向けて増えている状況であり、2018年末においての相場下落理由は流通量が関係しているとも言えますね。

5年落ちの買取価格相場

ランドクルーザープラド5年落ち買取相場の変動
ランドクルーザープラド5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

ランドクルーザープラド5年落ちの買取相場は2018年6月付近まで上昇したのちに、2018年7ガルから一気に下落していることが分かります。

ランドクルーザープラド5年落ち中古車流通量
ランドクルーザープラド5年落ち:流通量がわかるグラフ

ランドクルーザープラド5年落ちの流通量に大きな変化はないようですので、大きな相場下落は2018年6月付近まで相場が上昇したことの反動と考えています。

7年落ちの買取価格相場

ランドクルーザープラド7年落ち買取相場の変動
ランドクルーザープラド7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

ランドクルーザープラド7年落ちの買取相場を1年分見てみると、2018年7月から安定して推移しています。

ランドクルーザープラド7年落ち中古車流通量
ランドクルーザープラド7年落ち:流通量がわかるグラフ

ランドクルーザープラド7年落ちの流通量は多くないこともあり、このような変わった相場になっている状況です。

なお、流通量が少ないときに多く売られる場合には、価値下落も大きく動くので注意が必要です。

10年落ちの買取価格相場

ランドクルーザープラド10年落ち買取相場の変動
ランドクルーザープラド10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

ランドクルーザープラド10年落ちの買取相場は流通量が少ないので、データの信頼性に若干ながら不安があります。

ランドクルーザープラド10年落ち中古車流通量
ランドクルーザープラド10年落ち:流通量がわかるグラフ

流通量を見るとかなり少ないことが分かりますね。

ランドクルーザープラド10年落ちで気を付けないといけないのは、来年は11年落ちであり車検時期で流通量が増えるので相場下落が予想されます。

少しでも高く車を評価されたいと考えるならば、10年落ちのうちに売却を検討するべきでしょう。

事故車のランドクルーザープラド買取価格相場差

ランドクルーザープラド走行距離買取価格1
ランドクルーザープラドを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

ランドクルーザープラドの事故車とそうでない車の買取価格差は「5万円から30万円」が目安です。

車価値からするとこの差は小さく見えますが、やはり海外需要があったり、国内流通においても人気があることが理由なのでしょうか。

ランドクルーザープラドの買取価格相場まとめ

ランドクルーザープラド数年の相場変動
ランドクルーザープラドの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

ランドクルーザープラドの買取相場変動を見てみると、新しいモデルが増えていることもあり、相場が大きく上昇していることが分かります。

ランドクルーザープラド数年の流通量
ランドクルーザープラドの流通量が数年間わかるグラフ

流通量の増減によって相場が上下していることを、上にある二つのグラフを比べてみてみるようにしてください。

まとめるとランドクルーザープラドを売るならば3年落ちで最も売られているので、高く売りたい方は2年落ち、そこそこで車を売りたいならば4年落ちまでに売るようにしてください。

また旧モデルは高く売れるほどではありませんが、海外需要などもありますので全く査定が付かないことは稀ですので、少しでも高く買う業者を探すようにしてくださいね。

以上、お役立てください。