1024px-Mazda_Roadster_ND_rear
TTTNIS [CC0], via Wikimedia Commons
ロードスター買取価格相場のポイント
  • ロードスターの現行モデルは1年落ちから売られている車なので「出来る限り早く」売却検討することが望ましい
  • ロードスターの旧モデルは11年落ちで多く売られているので「10年落ち」までが相場で有利
  • 事故車とそうでない車との買取価格差は「5万円から30万円」が目安

⇒ロードスター買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

ロードスター:3年落ちから10年落ちの買取価格相場

ロードスター年式別買取相場1
ロードスター年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
ロードスター年落ち別買取相場
ロードスター
0年落ちNA
1年落ち102.8 ~ 102.8
2年落ち153.5 ~ 163.9
3年落ち122.1 ~ 132.68
4年落ち113.6 ~ 133.2
5年落ち109 ~ 134.2
6年落ち98.76 ~ 118.76
7年落ち53 ~ 89.8
8年落ち89.6 ~ 101.6
9年落ち39.2 ~ 47.6
10年落ち54 ~ 72

ロードスターはモデル違いによってかなり相場が異なります。

こちらでは主に現行モデルについて話していますが、旧モデルについても(上のグラフでいうところの7年落ち以降)情報が得られますので、どうぞロードスターを売る上で情報を役立ててください。

ロードスターの相場についてはかなり良い相場となっていて、4年落ちまでは査定額が期待できる状況になっています。

スポーツカー全般に言えることですが、業者によって査定額が大きく異なる可能性があるので、高く買う業者を探すようにして、査定額に納得しないようならば売ることを冷静に考えることも重要になってきます。

そのためにこちらのロードスター買取相場情報を役立ててくださいね。

「まさか、相見積もりしない!?」見逃せない損失があります!


相見積もりしない場合

業者比較しないと平均17万円の損(かんたん車査定ガイド2019年2月回答アンケートより逆算)

下取りとの比較をしないと平均18万円の損(かんたん車査定ガイド2018年12月回答アンケートより逆算)

なぜ相見積もりで損が回避できる?

査定額は最初から上限を出すことはないため競争させて他社に勝てる高い金額を付ける理由を作ることが大切!

業者業者

他の業者と勝負できる査定をつけなきゃならない…しんどいけど仕方ない…


安売り防止の安心機能:概算価格表示

車価値の概算額が45秒で分かる
申し込み後、すぐに概算価格が表示される!

「査定額に納得すれば売る」でOK!

売値を気にするなら今すぐ確認!【無料】

bnr01_320_100JADRI業者一覧

JADRI(一般社団法人日本自動車流通研究会)加盟の優良業者

ロードスターグレード別買取価格相場

ロードスター3年落ちグレード別買取相場
ロードスター3年落ち:買取価格比較できるグラフ
ロードスター3年落ち買取価格相場表
平成29年式(2017年式)
NR-A129.6 ~ 129.6
RS
112.38 ~ 115.54
S スペシャルパッケージ124.88 ~ 130
S レザーパッケージ

ロードスターで高く売れるグレードは「RS」です。

スポーツカーらしく、スポーツグレードは当然に高値となっています。

ボディカラー別の買取価格比較

ロードスター3年落ちボディーカラー買取相場
ロードスター3年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

ロードスターの高く売れるボディカラーは「ガンメタ」「ブラック」となっています。(2019年1月データに基づく)

スポーツカーで採用される色が有利である反面、ラグジュアリー感が出るワインレッドはあまり相場が良くないのは注目したいところですね。

型式別の買取価格比較

ロードスター3年落ち型式買取相場
ロードスター3年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

ロードスターの高く売れる型式を調べようとしたら、ロードスター3年落ちについては「ND5RC」しかありませんでした。

そのため、上のグラフはロードスター3年落ち全体の買取相場傾向を把握するために使ってください。

1年間の買取価格変動

ロードスター年間の相場変動
ロードスターの買取価格変動1年間分を見ることが出来るグラフ

ロードスターの買取相場変動を1年分見てみると、2018年9月付近に上昇していることが確認できますが、その後は一転して下落している状況が分かります。

ロードスター年間の流通量
ロードスターの流通量を1年間分見ることが出来るグラフ

ロードスターの流通量は平均的であり、期間的な差異はありません。

ところで、これら2つの情報を出しておいて難ではありますが、数世代にも及ぶ車において総合的な相場判断はあまり有意な情報とはならないため、ロードスターに関していえば流通量が少ないということだけ確認できれば良いでしょう。

3年落ちの買取価格相場

ロードスター3年落ち買取価格相場表
平成29年式(2017年式)
NR-A129.6 ~ 129.6
RS
112.38 ~ 115.54
S スペシャルパッケージ124.88 ~ 130
S レザーパッケージ
ロードスター3年落ち買取相場の変動
ロードスター3年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

ロードスター3年落ちの買取相場変動を1年分見てみると、155万円から135万円と20万円安であることが分かります。(2019年1月データに基づく)

ロードスター3年落ち中古車流通量
ロードスター3年落ち:流通量がわかるグラフ

ただし、流通量に関してはかなり少ないために、買取相場の情報は参考程度に見ておくことがおすすめです。

5年落ちの買取価格相場

ロードスター5年落ち買取価格相場表
平成27年式(2015年式)
NR-A
RS
RS RHT
82.36 ~ 91.08
S スペシャルパッケージ111.22 ~ 129
S レザーパッケージ107.68 ~ 134.68
ロードスター5年落ち買取相場の変動
ロードスター5年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

ロードスター5年落ちの買取相場は2018年9月付近まで上昇していたものの、その後は反転して2019年1月には100万円を下回っています。

ロードスター5年落ち中古車流通量
ロードスター5年落ち:流通量がわかるグラフ

ただし、買取相場情報も流通量は少ないこともあり、データの信頼性に欠けるために、傾向だけ把握して利用するようにしましょう。

7年落ちの買取価格相場

ロードスター7年落ち買取価格相場表
平成25年式(2013年式)
NR-A
RS RHT122.8 ~ 122.8
S RHT
ロードスター7年落ち買取相場の変動
ロードスター7年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

ロードスター7年落ちの買取相場を1年分どのように変動しているかを見てみると、2019年1月には80万円ほどと7年落ちの車としては悪くありません。

ロードスター7年落ち中古車流通量
ロードスター7年落ち:流通量がわかるグラフ

ただ、流通量は多くありませんから、相場傾向を見る程度にとどめて参考利用することが望ましいです。

10年落ちの買取価格相場

ロードスター10年落ち買取価格相場表
平成22年式(2010年式)
20周年記念車
NR-A
RS75.92 ~ 75.92
S RHT62.48 ~ 62.48
VS RHT54 ~ 54
ベースグレード
ロードスター10年落ち買取相場の変動
ロードスター10年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

ロードスター10年落ちの買取相場を見てみると、80万円ほどで推移していることが分かります。

ロードスター10年落ち中古車流通量
ロードスター10年落ち:流通量がわかるグラフ

ただ、ロードスターの流通量が多くないことはデータ信頼性に欠けるため、買取相場変動グラフも傾向の把握に利用する程度で使っていきましょう。

ロードスターのリセールバリュー

ロードスター年式別買取相場1
ロードスター年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

ロードスターのリセールバリューを考えるならば、何年落ちでどのぐらい売られているのかを見ることが重要です。

ロードスター年式別流通量比較1
ロードスターが何年で売られているかわかるグラフ

ロードスターは新旧のモデルが混在している相場を見るならばちょっと大変な車です。

新しいモデルについて実は1年落ちから売られていることが分かりまして、こういったことは中期的に相場維持が難しくなる可能性を示唆しています。

また旧モデルに関して言えば11年落ちで売られていることが分かります。

これらのことを考えると、新モデルのロードスターについては車を売るなら早いほうがよく、旧モデルに関しては10年落ちまでが有利ということで結論付けます。

事故車のロードスター買取価格相場差

ロードスター走行距離買取価格1
ロードスターを走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

ロードスターの事故車とそうでない車との買取価格差は「5万円から30万円」が目安です。

また、走行距離15万キロメートルほどになると、この差はかなり小さくなることを上のグラフから確認してください。

ロードスターの買取価格相場まとめ

ロードスター数年の相場変動
ロードスターの買取価格変動を数年間分わかるグラフ

ロードスターの買取相場変動を数年分見てみると、新モデルが売られ始めていることで、全体の相場が上昇していることが分かります。

上のグラフからはその様子が見て取れますね。

ロードスター数年の流通量
ロードスターの流通量が数年間わかるグラフ

ロードスターは新モデルが流通し始めていることで、流通量も増えています。

途中で見たように1年落ちから売られるような車ですので、今後年月が経つごとに流通量が増えて、市場への供給量が増えることで相場は不利な状況になるものと考えています。

もしロードスターを高く売りたいと考えるならば、あまり先延ばしにしないことがおすすめです。

まとめるとロードスターを売るならば、新モデルは早期にかなり売られている状況が確認できたので出来るだけ早いほうが有利であり、級モデルに関しては10年落ちまでが有利ということです。

以上、お役立てください。