BMW_E89_Z4_sDrive23i
Thomas doerfer [CC BY-SA]
BMW Z4買取価格相場のポイント
  • 国産車とは違い車検時に大きく相場を下げない
  • 流通量が少ないが需要はあるので売られても相場下落が大きく起きない
  • 高く売りたいなら3年落ちまで

⇒BMW Z4買取価格相場のニュース速報を詳しく見る

BMW Z4:3年落ちから10年落ちの買取価格相場

BMW Z4年式別買取相場1
BMW Z4年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ
bmwz4の年落ち別買取相場
BMW Z4
0年落ちNA
1年落ちNA
2年落ちNA
3年落ちNA
4年落ち190.88 ~ 190.88
5年落ち
6年落ち171.6 ~ 201.4
7年落ち171 ~ 213.6
8年落ち113.7 ~ 115.6
9年落ち97 ~ 101.8
10年落ち94.8 ~ 119.52

BMW Z4の買取相場は国産車と違い、4年落ちの相場下落はありますが、それでも7年落ちまではそれほど大きな下落はありません。

そのため、当然3年落ちで売ることが出来れば高く売れるのですが、それ以降は7年落ちでも全然価値を維持していることが分かります。

それが変わってくるのが8年落ち以降で、BMW Z4を満足いく査定額で売りたい場合には8年落ちまでに考えることが重要になります。

なお、これはまとめられた相場なので、モデル違いによる部分を加味していないため、一定の傾向を知るために使ってください。

BMW Z4グレード別買取価格相場

BMW Z47年落ちグレード別買取相場
BMW Z47年落ち:買取価格比較できるグラフ

BMW Z4はスポーツ色が強いほど高いグレードになり、当然排気量が大きいことでその傾向を加速させています。

sDraive35iは最も高値で取引されるグレードであり、7年落ちなのに200万円を超えていますね。

また全体的に買取相場を見ても、一般的であるsDrive20iハイラインやsDrive23iであっても相場は低くないのがBMW Z4の特徴です。

ボディカラー別の買取価格比較

BMW Z47年落ちボディーカラー買取相場
BMW Z47年落ち:ボディカラー別買取相場の違いが分かるグラフ

BMW Z4の高く売れるボディカラーはシルバーが有利という結果でした。

ホワイト、ブラックと続くことを確認でき、いわゆる一般色がBMW Z4の価値を維持するうえで有利なボディカラーと言えます。

型式別の買取価格比較

BMW Z47年落ち型式買取相場
BMW Z47年落ち:型式別買取相場の違いが分かるグラフ

BMW Z4の型式については、「LL20<LM25<LM30」の順番で高く売れることが分かります。

一般的に数字が大きく、また文字が多いほうが上位型式であることが多く、BMW Z4においてもこの傾向は踏襲していますね。

7年落ちの買取価格相場

bmwz4の7年落ち別買取相場
平成25年式(2013年式)
sDrive20i
sDrive20i Mスポーツパッケージ
sDrive20i ハイライン168.4 ~ 168.4
sDrive35i206.4 ~ 206.4
sDrive35i Mスポーツ
BMW Z47年落ち買取相場の変動
BMW Z47年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

BMW Z4の7年落ち買取相場は150万円ほどで推移しています。

他の相場情報同様に、データ数が少ないので範囲が大きくなってしまっています。

BMW Z47年落ち中古車流通量
BMW Z47年落ち:流通量がわかるグラフ

BMW Z4の7年落ち流通数は少なく、さらに時期的な偏在もありません。

もう少し流通量が増えてくれればデータも取れるのですが、それは仕方ないことですね。

10年落ちの買取価格相場

bmwz4の10年落ち別買取相場
平成22年式(2010年式)
sDrive23i
sDrive23i スタイルエッセンス
sDrive23i ハイライン82.6 ~ 113.96
sDrive35i84.1 ~ 101.1
sDrive35is
BMW Z410年落ち買取相場の変動
BMW Z410年落ち:買取価格変動がわかるグラフ

BMW Z4の10年落ち買取相場を見てみると、さすがに10年落ちまでいくと100万円の相場を斬ってしまっています。

国産車に比べればやはり価値は維持していて、50万円付近の買取査定額は狙っていきたいところです。

BMW Z410年落ち中古車流通量
BMW Z410年落ち:流通量がわかるグラフ

BMW Z4の10年落ちについても相変わらず流通量は少ないです。

BMW Z4のリセールバリュー

BMW Z4年式別買取相場1
BMW Z4年式別買取相場10年分の買取価格が比較ができるグラフ

BMW Z4のリセールバリューを見てみると0年の相場がおかしいことに気が付きます。

さすがに事故車が多く流通したというわけでもなさそうですから、何かのエラーと判断していますし、まあ0年落ちで売る人も少ないので重要性の観点から、このエラーを根本的に直すということはしません。

BMW Z4年式別流通量比較1
BMW Z4が何年で売られているかわかるグラフ

BMW Z4は長く保有する方が多く、最も売られるのは13年落ちです。

その次では12年、そして11年と7年が目立ちますね。

新しい年式でいえば3年落ちから売られ始める事が分かります。

ここで補足しておくとすれば、3年落ちと7年落ちについては注目してください。

BMW Z4のリセールバリューは売っても買う先があるので大きく下がることは無く、また流通量自体も多くありませんので下落するわけではありません。

ただ、他の人が売れば当然価値は下がりますので、車の売値を気にするならば3年落ち前、もしくは7年落ち前に売り抜けたいところです。

事故車のBMW Z4買取価格相場差

BMW Z4走行距離買取価格1
BMW Z4を走行距離・買取価格を事故有り無しで比較出来るグラフ

BMW Z4の事故車買取相場差はかなり大きく、特に5万キロまでに事故車になってしまうと相場を下げる原因になります。

データの幅があることも影響していますが、50万円以上の差も確認できますので、車を売るときは覚悟しなければいけない下落になります。

BMW Z4の買取価格相場まとめ

BMW Z4の買取相場については、3年落ちと7年落ちに注目してほしいことと、国産車ほど大きく相場変動が無いことが特徴でした。

BMW Z4の明確な売り時というのが2年落ち以前ならまだしも、その先はなかなか見つけづらいです。

そのため、BMW Z4を売るときには基本的にどの時点で売ってもあまり不利になりませんが、一つの目安として3年落ちと7年落ち付近においては、流通量の観点から多少相場への影響があることを覚えておいてください。

また、この相場変動は即時というよりも1年遅れて起こるように見えていますので、その点でいえば国産車では一般的な車検前に売るのが得策!ということが、BMW Z4においては3年落ちや7年落ちの車検時でも多少影響が小さいと言えますね。

以上、BMW Z4を売るときに役立ててください。